新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プラスチックスプーンの内視鏡による摘出
 ペットたちがフードやおやつ以外に
食べる物を異物と言います。
 子犬や、子猫が、家の中に落ちているものを
食べて来院されます。
 まれに、中高齢になってから、異物を食べて
来院される場合もあります。

 この子は、嘔吐を繰り返し
来院されたシェルティーです。
当初は、胃腸炎、膵炎を疑いましたが、
検査の結果、否定されました。
 レントゲンにも、異物などは写らず、
飼主さまからも、「そういった物は食べる子ではない」
とのお話もありました。
 念のため、ガストログラフィンを使用し、
造影検査を行いました。
 造影の結果、胃の中に異物と思われる
異物があり、超音波検査でも同様の異物が
疑われました。
 検査の結果を飼主さまにお伝えし、
内視鏡での摘出になりました。

 内視鏡は飼主さま、立会いの下、
行い、術前検査の通り、胃の中にスプーンが
見つかりました。

こちらが、内視鏡により取り出した
プラスチック製のスプーンです。

胃内 スプーン

 飼主さまも、内視鏡の処置立ち会っていただき
無事に摘出が出来て安心されていました。

 摘出後、胃の中の空気を抜去し
麻酔から覚醒するのを待って、帰宅となりました。

 内視鏡の場合、入院もなく
すぐに帰宅が可能なこと、また、痛みもないことから
犬や猫にとっても安全な治療法といえると思います。

 愛犬、愛猫が異物を飲んだら
早々に来院していただくこと、内視鏡の処置も
考えに入れた方が良いかと思います。
 

 
スポンサーサイト
犬の臍ヘルニアの陥頓状態の外科手術
 下記のブログには、外科手術の画像が入っております。

 臍帯、胎児のときに母親の胎盤と赤ちゃんをつなぐ
栄養血管があります。
 こちらの血管は出産時、母親が噛み切って
処理をしますが、子供側の血管があった場所は
自然と閉じるとされています。
 ごくたまに、この部分(臍部)が閉じない子がいます。
猫は極めて稀ですが、犬では、良く見かけます。

 閉じない場合、1~5mmの小さな穴
欠損部が開いています。
 多くの獣医師が、避妊時や去勢時に
同時に臍ヘルニアの手術を行います。

 この子は、今まで手術を行わず
経過を見ていた子でした。

 飼主様は、お腹に赤いイボが出来たと
心配されて来院されました。
 初診時に、臍ヘルニアの陥頓状態であることが診断されました。

 臍ヘルニア 術前

この子は、カントン状態になり本人も痛そうにしていました。
飼主様の意向で手術となりました。
手術は、皮膚を切開し、カントン状態を確認し、
元の状態に整復し、皮膚を縫合して終了となります。

 臍ヘルニア 術中

  臍ヘルニアは、臍部に出てきたものが
腹膜や脂肪なら心配ないのですが、
脾臓、腸管が出てきたり、カントン状態になっていれば
手術が必要になります。
 
 臍ヘルニアは、将来、カントン状態や、
お腹の中のものが飛び出してくる危険性があります。
 将来のことを考え、手術適応となる場合もあります。
手術に関しては、担当獣医師と良くご相談のうえ、
治療法を考慮していただきたいと思います。


1kg未満のトイプードルの骨折にIMEXX社製の
 1歳未満の小型犬、特にチワワ、プードル、ポメラニアンが前足を骨折して
来院されることがあります。
ほとんどが、落下した、もしくは落としたという理由です。

 症状は、落ちた時に大きな声で鳴いて、
その後から、明らかに、前足を着かず、手を挙げたままにしています。

 病院に来られた時には、骨折しているか
症状から判断できますが、どのような骨折なのかは
レントゲンを撮らないとわかりません。

 今回は、6か月齢の1kg未満のトイ・プードルでした。
骨折は前足の橈骨と尺骨の単骨折でした。
骨のサイズから、プレート固定もしくは、創外固定になります。

 飼主さまから、良く聞かれる質問が
「手術が必要ですか?」
「人のように、ギブスでは治らないですか?」と聞かれます。

 下記のような論文が発表されています。
小型、トイ種において外固定(スプリント、ギブスなど)で固定した場合、
約75%で骨癒合不全などの合併症が認められる。
 こられの事から、一般的に、おすすめできない治療法であると言われています。

今回は骨折の骨の直径が2.5mmと細く
スクリューを中心に入れれば問題ないレベルです。
とても元気な子なのと、プレート固定だと、プレート固定、
骨折治癒後のプレート除去の最低でも2回の麻酔が必要なため
創外固定になりました。

 当院では創外固定は、良く行われている手術です。
創外固定は、今まで、固定具が重く、小型犬にとっては
少しつらい治療期間になっていました。
 下記の医療機器が販売されてから
かなり計量になり、固定力も維持されています。

 http://www.imexvet.com/products/external-skeletal-fixation/acrylx-esf-acrylic

 今回、このIMEX社製のACRYLXを使用し
良い結果が出ました。

 外科手術は今までと、全く同じですが、
固定に使用していた、クランプや、レジンを使わず
IMEXX社製 ACRYLXを使用しました。

 骨折 手術 IMEXX 創外固定
 
 このように、今までの創外固定とは異なり
シンプルになっています。
 何より軽いです。
現在、トイ種や超小型犬が多くなり、
本院でも、1kg弱のワンちゃんが多くなりました。
今までのように、プレートのみでの固定が難しい症例も
出て来ています。
 
 本院では、可能な限り、飼主さまに外科手術の際、
選択肢を多く提案できるようにしています。

 もちろん、今までのように、プレート固定も可能です。
また、種々の問題により、外科手術の選択ができない方も
外固定、多血小板処置なども行っております。

 術後は、痛みが無く、軽いので
とても元気になり、飼主さまも心配するくらいです。

 
 


アクリルクス

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.