新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の瞬膜に発症した腺癌の外科手術
 イヌやネコの目には瞬膜という組織があります。
瞬膜を御存知の無い方もいらっしゃるかと思います。

 瞬膜とは、第3眼瞼ともいい、まぶたの内側、角膜の外側にある
半透明の組織です。
 役割は、眼球の保護とくに、角膜の保護を担っています。

 この瞬膜が裏返るとチェリーアイと言われる疾患で
良く見かける疾患です。

 飼主さんから涙が多くなり、眼が腫れているという
症状で来院された、高齢のビーグルです。

 診察をすると、目頭の部分が腫れており、
涙も出ていました。
 おとなしい子なので、検査を実施しました。
検査の結果、涙の量、角膜の傷などはなく、瞬膜にイボがあり、
飼主さんと協議のうえ、病理検査となりました。

 病理の結果、異常所見は認められず、念のため
手術となりました。
 手術の際、飼主さまも立ち会っていただくことになりました。

 手術の際、再検査を行い、悪性の細胞も散見されたため、
飼主さまも拡大切除を行うこととなりました。

 こちらは、手術前の画像になります。

 瞬膜 腺癌術前

 瞬膜の中心にポッコリとできものが出来ています。
飼主さまも良く気づいたなと感心しました。

 手術は、半導体レーザーとバイポーラを使用し
可能な限り、瞬膜の切除を行いました。
瞬膜の欠如により、涙の分泌量が減ることが
予想されましたが、シルマーティアーテストにより
涙の分泌量に大きな変化は認められませんでした。

 瞬膜に発生する腺癌は極めて珍しく、
悪性の腫瘍であるため、早期の手術が良いとされています。
予後も、マージンのある外科切除により良好です。

 瞬膜の腫瘍の新しい所見はありませんでしたが、
術前検査でも、腺癌と診断が可能であり、
手術も、瞬膜の全摘で予後も良いようです。
犬種では、ビーグルが多いとありますが、今回の症例も
ビーグル犬でした。
 高齢のワンちゃんの瞬膜にできた腫瘍は
腺癌の可能性があるため、早々に検査をされた方が良いと思います。

 このワンちゃんは、心臓病も持ちながら、手術に耐えてくれました。
手術後、夕方には無事、帰宅となりました。
当分は、エリザベスカラーの生活ですが、
しばらくの辛抱です。
 ちょっと我慢してくださいね。

2007年のニューヨークのアニマルメディカルセンターの発表では、

 Management of Eyelid Neoplasms in the Dog and Cat

Eyelid neoplasms are common in the older dog and typically benign. Eyelid neoplasms in the cat are less common and more often malignant. Resection of eyelid masses may be curative; however, restoration of the eyelid structure after mass excision is essential for maintaining long-term ocular surface health. Surgical techniques and instrumentation for eyelid surgery are reviewed. Indications, benefits, and limitations of sharp excision, cryotherapy, and laser excision and ablation are discussed. Neoplasia of the third eyelid is also discussed.


 

 

 
スポンサーサイト
カーペットのヒモを飲んだMダックスの外科手術
 下記には手術中の画像が含まれます。
画像が苦手な方はご遠慮ください。

 2日前から嘔吐が続き、食べる量も減ったと
10歳のダックスが来院されました。

10歳にくらいになると、異物といって
食べてはいけないものを食べる子は少なくなります。

 当初、飼主さまも、10歳なので
変なものは食べませんと、おっしゃっていました。

 念のため、超音波検査を行い
胃から盲腸にかけて糸状の異物を確認しました。
当院では、多くの場合、超音波検査も立ち会いで行うため、
飼主さまも、確認していただきました。

 血液検査、心電図などに、異常がないことから
当日、緊急手術となりました。

 飼主様も、待合室で待ちいただきました。

 手術は、通常通り、腹部正中切開を行いました。

 開腹時、このように、腸が変色し、アコーディオン状になっていました。

糸状異物 開腹後

 糸は胃から盲腸までつながっており、
腸を3か所切開し、胃も1か所切開し糸状の異物を除去しました。

 糸状異物 手術中

 手術は、胃と腸の縫合を行い
お腹の中を洗浄し、閉腹しました。

 紐 異物

 糸状の異物はこんなに長く、
良く飲んだと、飼主さまも、ビックリされていました。

 手術時間は1時間半と、異物の手術の中では
手術時間が長くなりました。
 退院は2日後になりました。
既に食欲もあり、元気になり退院となりました。
 
 高齢になっても、異物を食べる癖のある子は
要注意という症例でした。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.