新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ダックスの目の周囲にできた悪性メラノーマの外科手術
 7歳を過ぎた頃から犬の皮膚にイボができることが多くなります。
人と同じように、老化と共に、イボ(腫瘍)が出来てきます。
もちろん、1歳未満でも腫瘍が出来ることはありますが、
高齢の動物ほどではありません。

 この子は、眼頭にいぼがあり、出血をして来院されました。
初診時、飼主さまは、眼を擦って出血したと話をされていました。

 黒色種 術前


 診察をさせていただくと、明らかに腫瘍があり
その腫瘍が手で掻くか、床などに擦りつけて、
イボから出血したようでした。

 飼主さまは、腫瘍と思わず来院されたので、
飼主さまに、腫瘍の可能性があることをお伝えし、
検査、手術を勧めました。
飼主さまは、念のため、擦らないようにエリザベスカラーを
付けてもらい、経過を診ました。

 1週間後、やや腫瘍が大きくなり、来院されたため、
腫瘍の検査を行いました。
 検査結果は、『悪性黒色腫』と診断がでました。
飼主さまに、すぐにお伝えした、手術となりました。
手術は、マージンを大きめに切り取ることとなりました。

黒色種 術後


 手術後は、このように皮膚を縫合し、
その日の夕方に帰宅されました。

 悪性黒色腫は、皮膚にで出来た場合、
早期の手術でほとんど完治します。
皮膚の黒色腫は、黒色とあるので、
飼主さまは、黒色の腫瘍とイメージされていますが、
黒色腫は、白色のものもあり、形態はさまざまです。

 この子も、飼主さまは、腫瘍と思わず、擦った傷と思い
来院されていました。
 さらに、悪性腫瘍でした。

 腫瘍は見ただけでは、専門の獣医師でも診断できません。
腫瘍は、病理検査を行い、適切に治療法を決めた方が良いでしょう。


スポンサーサイト
胃から十二指腸にかけて閉塞した紐状異物
 『下記のページには、手術中の画像が掲載されています。』

 1月は、異物による腸閉塞と、膀胱結石、卵巣子宮疾患が
続けて来院されました。

 この子は、昨日から嘔吐を繰り返し、元気が無いと来院されました。
レントゲンを確認すると、異物らしき陰影はありませんが、
腸にガスが貯留し、お腹が動いていないようでした。
すぐに、超音波検査を実施すると、胃から十二指腸にかけて
糸が伸びており、腸がアコーディオン状になっていました。
検査中も立ち会っていただいていた飼主さまも、画像を見ていました。
検査中も、一緒に超音波画像を見ながら、お話を聞いていただきました。

 検査の結果、異物、特に糸状の物が腸を切りかけていることを
お伝えし、緊急の手術をお勧めしました。
 その日の夜に、飼主さま立会いの下、手術を行いました。

 お腹を開けると、このように腸の一部が穿孔をお越し、
出血もしていました。

 糸状異物 術前

 手術は飼主さまにも、立ち会っていただき、
状態を確認していただきました。
さらに、腸を一部切り取り、再度、つなげる手術が必要になるかもしれないと
お伝えしました。

 手術は、腸の一部を切開したものの、異物を
今で戻して、胃から異物を摘出しました。

 糸状異物 胃縫合

 腸を切開すると、術後の経過が長くなりますが、
この子は、腸の切開は、ごくわずかだったので、
2泊の入院で、帰宅できました。

 腸内異物 術後

 術後は、翌日からお水と、栄養剤を飲み、
2日目には、流動食を食べ、元気に退院されました。

 食べたものは、絨毯の端っこをかじっており、
その絨毯の糸が、おもちゃの一部に絡みつき
胃と腸に糸がまたがり、腸を穿孔させていました。

 異物の中では、糸が一番、危険で
猫も、犬も遊びで絨毯や敷物のほずれた、糸を咬んでいます。
それが、お腹の中に入り、おもちゃや、布切れと絡まり
糸が張った状態になり、腸を傷つけます。

 この子は、早期に異物を確認し、
糸状の異物であることも、分かっていたので
緊急手術で、無事、帰宅できました。
 
 動物が、敷物などの糸をかじっているのを見たら、
できれば、やめさせていただきたいと思います。

定期的に、異物で来院され、そのほとんどが、
飼主さまは気づいていないようです。



copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.