新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

(老齢のコーギー)膣ポリープの外科手術
 老齢の犬の飼主さんから電話があり
「脱腸がある」と来院されました。

 脱腸と?診察をさせていただくと
脱腸ではなく、膣からポリープが出ていました。

膣ポリープ


 飼主さんは以前、膣から同じようなものが出て、
近くの病院で診察を受け、膣内に戻してもらったようです。
その際、担当の先生から説明があったようです。

 膣ポリープ(膣過形成)
病理的には、膣内の良性腫瘍で平滑筋種線維腫と言われています。
 悪性のものは少なく、徐々に大きくなることが知られています。
未避妊の犬に多く、避妊済の犬にはほとんど発生しません。
発情とも関連性があり、発情期に大きくなることもあります。

 膣ポリープは、悪性ではないので、手術をすぐにする必要はありませんが、
徐々に大きくなります。
 大きくなると、膣外に飛び出て、出血したり、舐めたりします。
この子も、「腸が飛び出て、舐めて、血が出ている」と来院されました。

 治療は、洗浄した後、膣内に戻すか、外科的に切除します。
飼主さんの希望を優先します。

 外科的にて、
1、全身麻酔
2、鎮静
3、局所麻酔
 上記の中で、動物の状態に合わせて行います。
治療自体は、数分で終了します。
 おとなしい子で、出て間もない場合は
治療は1分で終了します。

 この子は、再発しており、尿道の位置が分かりずらかったので、
麻酔を行い、治療させていただきました。

 入院も半日と、ワンちゃんにとっても楽な治療になりました。
再発は少ないと言われていますが、避妊していない場合は
再発例もいますので、注意が必要です。

ポリープは、良性の腫瘍ですが、
大きくなることは十分に考えられます。

 手術といっても鎮静、局所麻酔などのように
全身の麻酔が必要ない場合も多くあります。

 麻酔が心配という方は、一度、担当獣医師と
ご相談ください。
 
 きっと、良い方法が見つかると思います。
この子も、入院せずに帰宅されました。
術後も、出血などなく、飼主さんも安心されていました。
 


 
スポンサーサイト
犬のソケイヘルニアから飛び出た子宮と腸管の外科手術(嵌頓状態)
 (注意)
(下記のページには、手術中の画像も含まれております。)

ペットにもヘルニアが多く発症します。
股の付け根の鼠蹊という小さな穴から、脂肪などが
飛び出していることがあります。

 これは、先天的なことが多く、
生後数か月で小さくなっていく孔(穴)が
狭くならず、広がったままになる疾患です。

 めずらしい病気ではなく、日頃の診察でも
目にすることが多くあります。

 この子も、かかりつけの病院で、ソケイヘルニアと
診断はされていたものの、特に手術を受けていませんでした。
ソケイヘルニアは、一生、重症化することなく、経過することもあります。
しかし、中にはこの子のように急に悪化することもあります。

ソケイヘルニア術前1

この子は、11歳のWコーギーで、かかりつけの病院で
ソケイヘルニアと診断されていました。
手術などの話は行われていませんでした。

 今回、急に吐き気、下痢、食欲不振、おしっこをしないと
紹介で来院されました。

 診察中は元気にしていましたが、レントゲン、超音波検査にて
大きな異常を認めました。
 
 診断結果は、鼠蹊ヘルニア孔からの腸管、腸管膜、子宮が
全てヘルニア孔から脱出し、カントン状態になっていました。
 カントンとは、ヘルニア孔などから飛び出した、内容物が元の状態に
戻らなくなった状態を示します。

ソケイヘルニア 鼠蹊部 術中

 この子も、今までは、興奮したり吠えたりした際、
ヘルニア孔からお腹の中の脂肪が出たり入ったりしていたと思われます。
 今回は、いつもと異なり、脂肪などではなく、重要な臓器である
子宮、小腸が、飛び出し、戻らなくってしまいました。

 この状態を放置すると、ショックなどをお越し、急変します。
飼主さんに、写真、本などを使用し、詳しく、お話をしました。
飼主さんも急を要する状況だと理解していただきました。
  
 緊急入院と、更なる精密検査、手術の準備となりました。
検査は、凝固系を中心に検査を行いました。
凝固系に異常が認められなかったので、すぐに手術をおこないました。

 手術は、ソケイ部を切開し、さらに、お腹を開けて
お腹の外と中から状況を確認しました。
ソケイ部から小腸と子宮、脂肪が飛び出しており、
外から中に戻そうとしても、巾着状態になっていました。

ソケイヘルニア 術中 腹側観

ソケイ部を切り広げ、飛び出した臓器をお腹の中に戻しました。

ソケイヘルニア 術中 開創後


子宮は、卵巣子宮全摘出術をおこない、飛び出した小腸は、
壊死していたため、切除しました。

ソケイヘルニア 腸管

 さらに、切除した部分を吻合しました。

ソケイヘルニア 術後


ヘルニア孔を塞ぎ、再発を抑制しました。

 手術中は飼主さんにも、お待ちいただき、
麻酔から覚醒した状態で面会し、安心して帰宅されました。
 
 術後、翌日から水分を飲み、2日後に無事、退院となりました。
入院が長くなることは、飼主さんにとっても、動物にとっても
良いことではないので、当院では可能な限り、早い退院に努めています。

 手術は、手術計画を立て、飼主さん立会いの下、
緊急で行われました。

 手術の内容は、ヘルニア孔から突出している臓器を確認し
元の状態に戻せるか、壊死などの状態になっていれば、
切除することも視野に入れて行われました。
 飼主さんにも、立会っていただきました。

ソケイヘルニアは、日常、良く見られる疾患です。
ほとんどの場合、避妊手術や、去勢手術の際、ヘルニア孔を
閉じる手術を同時に行います。
 しかし、この子の様に、手術を行うことが無かった場合、
ヘルニア孔からカントン状態になり、ショックを起こして
来院されることがあります。

 ヘルニアは、椎間板ヘルニアが有名ですが、
中には、内臓が飛び出すこともありますので
ご注意ください。
 
 すべてのヘルニアが手術を実施しないといけない訳では
ありません。
 担当医と手術の必要性を話合ってください。

 無事に、手術が終わり、良かったですね。


 
猫のPEGチューブ(胃チューブ)
 ご案内:本ブログには、医学的な説明をするため、
      画像に加工をしておりません。


 ペットの食欲が無い時、どのようにして
栄養を与えるのでしょうか?

 お口から高カロリーの食事を与える、
血管を確保し、高カロリー輸液、鼻から経鼻カテーテルを使うなどが
あります。

 どれも、麻酔を必要としません。
しかし、ネコにも飼主さんにも煩雑な処置が必要になります。

 最近は、食道チューブ、胃チューブといった
消化器に直接、栄養を入れる方法が多くあります。

 今回は、猫の食欲廃絶している口腔内腫瘍の子に
胃チューブを挿入しました。

PEGチューブ 設置後1


 胃チューブとは、胃に小さな口を作ることです。
PEG(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy)
経皮内視鏡的胃瘻造設術と言います。

 食欲のないネコ、食べるときにむせたりして誤嚥を起こすネコ、
食べたいけど食べれないネコなどに使用しています。

 経鼻(鼻チューブ)よりもストレスがなく、苦痛も少ないので
ネコにとっても楽な治療で、飼主さんからも楽で良いと言われます。

PEGチューブ設置後2

PEGチューブ 説明書


 本院では開業当初から食道チューブ、経鼻チューブを使用していましたが、
長期チューブを入れて置くことができるのと、ネコ自身のストレスが少ないことから
胃チューブを使用しています。

 今回のPEGチューブはAVSという会社から発売されている
動物用のチューブになります。
 内視鏡さえあれば、とても簡単にチューブが設置できます。
慣れれば、10分くらいで設置が可能です。

 PEGチューブ 

 設置後は飼主さんが、自宅で簡単にお食事を与えることができます。
さらに、自由にお口から食事も水も飲んで結構です。
 今までの生活のリズムを変えずに、生活ができるので
飼主さんも、仕事などに影響がないので、喜ばれています。
 
 このネコちゃんの飼主さんも、ご高齢で「自分で出来るか不安」と
おっしゃっていました。
でも、すんなり出来るようになっていました。

 PEGチューブは、簡単で飼主さんにとっても
楽な治療法ですが、内視鏡を使用するため、
麻酔が必要になります。

 チューブを入れた後は、飼主さんも「ご飯を食べない」
「薬を飲ませれない」とかいう不安がなくなります。
また、口からご飯も、お水も飲めるので
飼主さんも自由にお出かけができます。

 ちょっと、痛々しい治療法ですが、
今まで、飼主さんから入れない方が良かったという感想はありません。

 でも、PEGチューブを入れる前には、担当獣医師と
よく相談してください。
凍結療法により退縮した皮膚腫瘤(外科手術を行わない方法)
 人の皮膚科にて行われている凍結療法
(Cryosurgery)は動物の医療でも使用されています。

 凍結療法専門の機器が、新しく、簡便に使用できることから
飼主さんも、安心して治療を受けていただけます。

 凍結療法の医療機器は、下記のHPでご覧ください。

 クリヨペン
 クリヨペンX

 この治療の良い点は、麻酔の必要性がないこと、もちろん、入院も必要ありません。
治療時間も、照射回数により異なりますが、ほとんど、5分くらいで治療が終了します。

 凍結療法は、良性の腫瘤に効果があります。
残念ながら、悪性の腫瘍と血管の乏しい腫瘤には効果がありません。

クリオペン イボ処置前

クリオペン イボ 処置後


 自壊した感染巣に効果があり、緑膿菌の感染で抗生剤の効果が
効きにくい創傷部に効果があります。

 心臓病や腎臓病など、麻酔リスクが高い子には
効果的です。
 また、飼主さんの立会いの下、治療を行うので
麻酔の心配な飼主さんからも好評を得ています。

 現在、週に1回の通院で3~4回で治癒しています。

 手術や麻酔は・・・という方は
一度、担当獣医師に御相談ください。

  
 
子猫の里親さん、大募集


 無事、里親さんが見つかりました!!

 ありがとうございました!!


7月31日に当院の飼主さまが
子猫を保護されました。

子猫

 子猫は、生後約1か月のオス猫です。
カワイく、お茶目です。

 今、保護された方のお家で
飼われています。

 里親になっても良いと思われる方は
本院まで、お電話ください。
ペットのオゾン療法(皮膚疾患などに)
 ペットのオゾン療法を行っております。
 
 治療費:¥500…週に1~2回(3~4週間)
      その後、継続治療の場合は¥1500~¥2000
 治療時間:1~60分
      治療法により変わります。
 
 オゾンは化学式でO3と書き、酸素のO2と同じガス体です。
南極のオゾン層が減っていると、ニュースなどで聞いたことがあると思います。
 オゾンには人間に有害な紫外線を吸収する性質があるので、
皮膚ガンや悪性腫瘍などの発生から私たちを日常的に守っています。
 空気よりも重い性質があります。

 オゾンには、腫瘍壊死因子(TNF-α)の増加、抗炎症・抗酸化作用、
活性酸素除去因子(SOD)の増加、循環状態の改善、免疫および酵素の活性化作用などが知られています。

 日本ではまだ認知度の低い治療法ですが、約90年前に日本とドイツで開発されました。
ドイツでは健康保険が適応され、この治療法を行う医師が1万人以上存在する、
安全性と治療効果が認められた療法です。

1)殺菌作用

 オゾンの酸化力はフッ素に次ぐ強いものです。
細菌からウイルスに至るまでの病原性微生物を殺す作用があります。
 この抗菌スペクトルに他の殺菌剤や抗生物質は及びません。
この強力な殺菌作用は主に飲料水の浄化や、食物、空気の殺菌、脱臭など
環境衛生の立場から世界中で利用されております。

2)生体への作用

 オゾンの治療への用い方は次項で述べますが、
治療に用いたオゾンは生体成分と直ちに反応して無くなり、
ある種の反応生成物(オゾン誘導化学種)ができます。

イ)鎮痛消炎作用

 炎症細胞に働きかけ、酵素シクロオキシゲナーゼ2の産生を阻害し、
炎症のもとであるプロスタグランジンの生成を抑えます。

ロ)免疫作用

 免疫細胞に働きかけ、様々のサイトカイン(例えばインターフェロン γ など)を
産生させて免疫効果などをもたらし、病気の予防に有効です。

ハ)抗ガン作用

 インターフェロンやその他のサイトカインなどの抗ガン物質を誘導させることができます。
オゾン療法との併用により抗ガン剤の量を減すことができます。
また、患者のQOLを向上させることができます。


ガンなどの難病や、アトピー性皮膚炎などの疾患から、慢性疲労や皮膚状態の改善など、
アンチエイジング効果も期待できる治療です。
また、抗がん剤や放射線治療による副作用の軽減、
手術前後の体力の維持・回復などにも効果が期待できます。

 動物(特にペット)では、まだ、多く利用されていませんが、
最近では、学会誌などでも発表されています。

 オゾン療法


 治療法

 全身療法
1.大量自家血液療法(Major autohemotherapy)
2.直腸注入法
3.少量自家血液療法

 局所療法
1.皮下注射
2.局所療法としての直腸注入
3.関節注射、椎間板内注射
4.経皮ガス浴
5.オゾン水、オゾン化オリーブ油など

 オゾン療法は、獣医雑誌などでも報告例は少なく、
情報量も少ないのが現状です。
 本院では、飼主さんと相談のうえ、治療法、治療費などを
決定しております。

 ご質問、ご相談の ある方は、一度、獣医師、スタッフまでご相談ください。

 参考文献:日本オゾン療法研究所
        MVM 148:2014

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.