新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

シェルティーの粘液のう腫の外科手術(胆のう摘出術)
 
『胆石』という言葉はどこかで聞いたことがあると思います。
 胆のうは肝臓で作られた『胆液』を貯蔵している臓器です。
食べ物を食べると、胆液という消化液を十二指腸に送り出しています。

 犬や猫にも胆のうがあり、食事の度に
胆液を出しています。
 『胆のう粘液嚢腫』はこの胆液が粘調度を増して
胆のう内で固くなってきます。
 医学的には、胆嚢内に糖タンパクを主成分とする
粘液様物質(ムチン)が貯留して胆嚢拡張を認める疾患です。

 現在、この状態になる前に、利胆剤、強肝剤、抗生剤、
さらに、サプリメントなどで胆泥(たんでい)の状態で
治療しています。
 しかし、この治療にもかかわらず、胆泥が貯留していく子もいます。

 最近の肝臓病の専門家の意見としては
胆のう内に胆泥が貯留し、肝数値が上昇していく場合は
手術にて胆のうを摘出したほうが良いと言われています。
 手術の時期、タイミングは各病院、各先生の方針によります。
本院では、肝臓の数値が上昇している場合、特に、ビリルビンと
アルブミンの数値を指標にしています。

 この子は、肝臓の数値は正常でしたが
成長期から胆のう内に胆泥が貯留していました。
肝臓のお薬、サプリメントを飲んではいるものの、
胆のう内の胆泥は増加しつづけていました。
 お薬のおかげで、肝数値は正常でした。

 飼主さんの希望で、若くて体調の良い時に手術をしたいと
申し出があり、手術となりました。
 術前に、肝数値、アンモニア、胆汁酸、凝固系の検査も行い
全て問題なく手術となりました。

 手術は約60~90分で終了します。
お腹を開けるとこのように、大きくなっている胆のうが見えます。

 胆嚢 摘出術 術前

 この子の胆嚢は術前の超音波検査で既に、粘液嚢腫になっており、
胆のう内に多量の胆泥が溜まっていました。

 胆嚢摘出術 術中 1

 胆のうに小さな穴を開け、そこから吸引器を使用し、
胆泥を吸い取ります。

 胆嚢摘出術 術中 2

 胆のうを肝臓から剥離する際、今までは綿棒を使用し
出血を抑制しながら行っていました。
最近では、ソノサージという、超音波メスを使用することにより
出血もほとんど無く、手術が終わる様になりました。
 
 胆嚢摘出術 術中 後

 胆嚢 胆泥


 出血が少なくなったので、術野もきれいで、
お腹の中にもほとんど血が落ちないようになっています。
癒着の心配もなく、さらに、術後、ドレインからの漿液もありません。
また、肝臓の数値も術前と変わらないので、退院も、術後1~2日後に
なっています。

 この子は、術後の病理検査で、慢性肝炎と診断さました。

 早期に手術を行うことにより、予後にも大きな影響があると
考えられています。

 肝臓は沈黙の臓器と言われており、飼主さんも
症状のない病気を手術で治すと言われても・・・と
思うでしょうね。

 手術自体は、難しくない手術ですが
手術の際は、担当獣医師とよく話し合って
納得の上、手術に臨んでくださいね。
スポンサーサイト
若齢のモルモットの乳腺ガンの外科手術
 モルモットのオスに乳腺腫瘍が発症することは
モルモットを飼っている方ならご存知だと思います。

モルモット 乳がん 術前


 今回は、2歳になったばかりで乳腺癌になり
外科手術を受けたモルモットを紹介します。

 本院では、紹介でモルモットが多く来院されます。
その中で、乳腺腫瘍になっている子は少なくありません。
外見上は、乳腺炎か乳腺腫瘍かの判別は難しいと言われています。
犬の場合、血液検査を利用し、遺伝子診断で悪性か良性かの判別が
可能になっています。
モルモットの乳腺腫瘍の良性と悪性の比率は7:3と言われています。
しかし、本院での手術をされた乳腺腫瘍の9割は
悪性の腺管癌でした。
 このあたりは、論文と本院での発生率は異なるようです。

 モルモットの乳腺腫瘍の場合、飼主さんと協議し
抗生剤の投与から始める場合と状況により、手術もしくは
病理検査から始める場合があります。

モルモット 乳がん 術中1


 手術自体は、慣れた獣医師であれば、20~30分ですべて終了します。
出血もほとんど無く、術部もきれいです。
吸入麻酔を使用し、痛み止めを併用するため、
麻酔からの覚醒も良く、手術後5~10分で面会も可能です。

モルモット 乳がん 病理


モルモット 術後 縫合


 この子も、手術時間は、約20分、手術後、覚醒まで約10分でした。
手術後は、当日に帰宅が可能です。


 
ラブラドールの脾臓の血管腫の緊急外科手術
 脾臓の腫瘍には、リンパ腫、肥満細胞腫、血管肉腫といった
悪性の腫瘍が発生します。
 もちろん、良性の血管腫なども発生します。
悪性か良性かは、病理検査以外で診断することは難しいと
言われています。

 この子は、12歳のラブラドールで、急に元気がなく
食欲も落ち、心配され来院されました。
 粘膜を診て貧血であることは確認できました。
飼主さんに、貧血の原因をお話し、すぐにレントゲン、
血液検査、超音波検査を行いました。
 検査の結果、脾臓の腫瘍が破裂し、血腹になっていました。
超音波の画像から脾臓の破裂は確認できましたが、
悪性か良性かはわかりませんでした。
 
 飼主さんの希望もあり、輸血と同時に手術となりました。
輸血は、約300ml行い、輸血をしながら開腹手術を行いました。
お腹を開けると、お腹の中は血の海になっており、脾臓から出血していました。
脾臓の出血部位を抑えながら、脾臓摘出術を実施しました。

 血管腫 術前


 脾臓の摘出には『ソノサージ』という、超音波メスと電気メスを
使用し、出血を最低限に抑えながら行いました。

 血管腫 術後2

 手術は約1時間で終了し、麻酔からの覚醒も早く、
翌日には、無事、退院となりました。

 血管腫 術後1
文字色

 病理の結果は、『血管腫』と良性の腫瘍であること、
もちろん、転移などはないことが診断されていました。
飼主さんは、手術が無事、終わったこと、良性の腫瘍であること
など、すべて良い結果になり、とても喜ばれていました。
 さらに、今までに以上に元気になったともおっしゃっていました。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.