新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

子宮蓄膿症の内科療法:手術が出来ない症例へのアリジンの投与
 不妊手術を行っていない中高齢の犬に子宮蓄膿症という
子宮内に大腸菌が入り込み炎症と、化膿を起こす病気があります。

 以前に比べ、発生率は減っていますが、
未だに、食欲がない、下痢をしている、お水をたくさん飲むと
来院されるワンちゃんがいます。

 ほとんどの場合、超音波検査で診断がつき、血液検査で問題が無い場合、
緊急手術ですぐに治癒します。
 しかし、この疾患は、発症年齢が中高齢の場合が多く、
心臓病、腎臓疾患、さらに、発見が遅れた場合、すでに
DICや貧血といった状態になっており、手術が難しいことがあります。

 今までは、輸血や輸液、抗生剤などを使い、一般状態を改善させてから
手術まで待つことがほとんどでした。
 手術までの間に、状態が悪化したり、経過を見ていることがあります。
今回、アメリカで犬の堕胎薬として『アリジン』という注射薬が発売されました。
日本では、未発売ですが、子宮蓄膿症に有効な治療法として知られてきました。


 アリジン バイアル

 本院では、緊急手術が出来ない状態の場合、この『アリジン』を使用し
一般状態の改善とともに、子宮蓄膿症の治療の両方を同時に行えるようになりました。

 この子は、高齢で飼主さんも、手術は避けたいという思いが強く、
子宮蓄膿症という診断、治療法は外科手術と聞いて落胆されていました。
 現在、犬の子宮蓄膿症の治療に、アリジンという注射薬で
内科療法で改善しますという話をした後、安堵されていました。
すぐに、飼主さんはアリジンを使用した内科療法を開始して欲しいとおっしゃいました。
血管を確保し、点滴と抗生剤、ビタミン剤などを併用し、
皮下注射で第1日目、2日目に皮下に注射を行い、3日目には退院となりました。
 注射後、膣から膿が大量に出てきました。

 アリジン 子宮蓄膿症

 排膿してから、早々に食欲、元気も改善し、
さらに、3日目には、膿もほとんどでなくなりました。
血液検査にて白血球も正常になり、超音波検査でも子宮に溜まった
膿が確認できなくなりました。

 今まで、子宮蓄膿症の治療法は限られていましたが、
また、診断時に既に治療を諦めないといけない場合も、
この薬の登場により、大幅に治療法が広がりました。
手術を希望されない方、手術に危機感を持たれている方に
時間と、治療の選択肢が増えたことは、飼い主さんにとって良いことです。


 今のところ、犬での使用に制限されています。
猫への投与は、行われていませんが、投与の報告はされ始めています。

 今後、更なる使用と研究で、負担の少ない治療、
飼い主さんが、いろいろ選べる治療を勧めていきいたいと思います。
スポンサーサイト
犬の眼球メラノーマ(悪性黒色腫)の外科的治療
 人の場合、心臓以外、ほとんどの臓器に癌が発生します。
犬の場合は、心臓にも癌が出来ます。
この子は。2年前から目に黒いものがありました。
眼科の専門医に診察をしていただき、良性のメラノーマと診断されました。
しかし、2年後、徐々に大きくなり、このような状態になっていました。

 眼球メラノーマ 外観1

 横から見ると腫瘍が大きくなり、乾いています。

 眼球メラノーマ 外観2

 写真では分かりにくいと思いますが、腫瘍が大きくなりすぎて
眼球が下の方に向いています。
目の方向は真下を向いているので、辛かったと思います。

 飼い主さんも、目が開いたままで乾燥しており
気にはなっていたようですが、お忙しく来院が難しかったようです。
手術は、常法通り、眼球的手術を行い、眼瞼縫合を行いました。
手術は、30分で終了しました。

眼球メラノーマ 手術中

 手術のあと、麻酔は10分ほどで覚めて、
当日の夕方に退院となりました。
自宅では、念のためエリザベスカラーを着けていただき、
痛み止めと抗生剤で経過をみます。
 抜糸は約10〜14日後に行います。
目の周囲の毛が生えてくれば、傷は全く分かりません。
でも、一度失った眼球は。。。
この子の場合、原因が腫瘍であったことから
飼い主さんも、後悔は少ないのですが、角膜潰瘍や、
猫のヘルペスウイルスからの角膜潰瘍での
眼球摘出術は心苦しいものがあります。

 可能な限り、眼球を摘出しない方法を考えています。
しかし、摘出しか選択が無い場合もあります。

 目の疾患では、失明に至ることが多くあります。
特に、眼球が少し飛び出ている、パグ、Fブルドック、
ペキニーズ、シーズーなどの犬種の飼い主さんは、
目やに、目の痛み、眩しそうにしているなどの
症状があった場合、獣医師にご相談ください。

 現在、日本では悪性メラノーマに対するDNAワクチンの治験が開始されており
今後の治療効果に期待が持てそうです。
ご希望の方は本院の獣医師にご相談ください。
 アメリカでは、既に認可がとれており、日本でも一般動物病院での
使用が待たれています。

 この子は、手術の後、帰宅直後から食欲もあり
飼い主さんも一安心したようです。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.