新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の強大な膀胱結石の外科手術
 犬が血尿が出たとか、トイレに何度も行くと来院される中で
膀胱結石と診断される場合は多く出会います。
 しかし、膀胱結石の中には無症状の子も少なくありません。
この子もその中の1頭でした。
元気が無く、食欲が無いと来院されました。
パピヨンにしては、痩せていて1.8kgしかありませんでした。
飼主さんと相談して、血液検査、レントゲンを行いました。
 本院では、CRというデジタルレントゲンシステムを導入しているので
撮影後、1分で画像が出ます。
レントゲンには、かなり大きな結石が4個写っていました。
飼主さんも、一目見て異常だとは感じたようです。

 手術自体、難易度の低い手術なので、すぐにでも可能でしたが、
貧血、肝臓疾患、腎臓疾患と、患っている臓器が多く、すぐに
手術できませんでした。
その間、膀胱結石の手術は延期となっていました。

 膀胱結石の手術前に、しっかりと内臓疾患を治療し
体調も整い、手術となりました。
 手術は、飼主さんも同席していただき手術を行いました。
手術は、下腹部を切開し膀胱を露出しました。
手術所見はこのようになっていました。

縮小 膀胱結石ペイント後

 膀胱結石が大きく、かつ4つもあったため、
膀胱に尿を溜めておくスペースが無くなっていました。
膀胱壁は肥厚し、かつ憩室という洞窟のようなスペースができていました。
 
膀胱結石 術中1

 膀胱を2cmほど切開し、膀胱結石を切除しました。
大きな結石が4個、取り出されました。

膀胱結石 術中2

 手術後、取り出した結石を横に置いてみると
膀胱結石の大きさが判断できるかと思います。
 取り出した結石は分析に検査センターに提出し、
検査に出していない結石は飼主さんにお返ししました。

 手術は40分で終了し、麻酔からの覚醒も早く
飼主さんの心配もすぐに安心に変わりました。
術後、すぐにわんちゃんと対面していただき、2日後に
退院されました。
 
 手術後、結石の分析結果が返ってきました。
結果は、リン酸アンモニウムマグネシウム(MAP:ストルバイト)でした。
ここ数年、ドッグフード、キャットフードが改善され、ストルバイト結石の
発症率は低下しています。
しかし、ストルバイト結石は結石自体、角が無い形状をしているせいか
飼主さんも、気づかれることが少ないように思われます。
 初期のストルバイト結石は、食事、サプリメントで治療します。
手術になることは、本院では稀なことです。

 膀胱結石は、犬の場合、膀胱炎を併発して
結石になることが多いので、トイレの回数が多い、
いつもと異なる場所でトイレをしたなどが、あった場合、
担当の獣医師に相談してみはいかがでしょうか?
 超音波検査にて、痛みもなく簡単に診断が可能です。

 現在は、抜糸も済んで、飼主さんも
「すごく元気にあり、食欲もあり、若くなった」と
かなり喜ばれています。
スポンサーサイト
猫の胃瘻チューブ
 病気により、お食事が取れなくなる子が多く来院されます。
その際、数日でお口から食事をとれるようになるなら、首から
食道にチューブを入れて、飼主さんに、お食事の時間に、ご飯を
液状にしていただき、与えてもらっています。
 食道チューブを設置することは、簡単で軽い鎮静をかけて行います。
所要時間も10分くらいで済みます。

 今回、行った胃瘻チューブは長期間、お食事を与えれない
犬や猫に設置します。
今までは、麻酔下にて内視鏡を使用し、さらに、オリンパスから発売されている
胃瘻チューブセットを使用していました。

 この子は、下に癌が出来ており、
根元から切除しないと食事が取れなくなり、痩せて来たので
長期間(一生)チューブから栄養と取ってもらうように
人用の胃瘻チューブを使用しています。

 胃瘻チューブ2

 人用と、動物用の違いは、人の場合、一生、チューブを入れたままに
しないといけないことがあり、定期的にチューブを入れ替えるように出来ています。
動物用は、1~2カ月で抜けるようになることが多く、入れ替える必要がありません。
 この子は、舌を切除するため、この先、お口からお食事をとることが難しいので
入れ替えれる必要があります。

 胃瘻チューブ1

 そこで、人用のポンスキーカテーテルを利用します。
こちらのチューブは、動物用と違い、1度設置すれば、
簡単に新しいものと取り換えが可能です。

 現在、こちらのチューブを使用している病院は少なく、
猫には有用です。
猫は、腸が小さいため、今までのチューブの場合、設置は簡単ですが
除去する際に、再度、内視鏡を使用することになります。
ポンスキーのチューブは取り外す場合も、鎮静・麻酔は必要ありません。

 設置後、このネコちゃんは、舌の手術を受けられ
翌日には、飼主さんが、チューブを使い、お食事を与えています。
 飼主さんも、簡単にお食事を与えることができるので
喜ばれています。

 胃瘻チューブは、開業医ではあまり使用されていないようですが、
設置も簡単ですし、設置後、飼主さんの苦労も少なく、喜ばれます。
どうしても、胃にチューブを入れることからほとんどの飼主さんが
心配、躊躇されます。
 チューブの設置後の飼主さんの意見は、すこぶる良いことが多いです。
お口のトラブル、摂食障害、などで中長期にお食事を口から取れない場合は
胃瘻チューブを使用することも視野に入れてみてはいかがでしょうか?
 

 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.