新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

小型犬の子宮粘液症の外科手術
 メス犬、メス猫には、子宮という臓器があります。
子宮とは、胎児を出産まで育てる場所です。

 妊娠していない場合は、子宮の中には
何も溜まっていないのですが、ホルモンの分泌の変化や
細菌の混入などで液体などが貯留したりします。
 この状態を『子宮粘液症』といいます。
子宮粘液症の原因は不明といわれています。
 治療法は、ホルモン剤の投与にて改善することもあると
言われていますが、根治は難しいでしょうね。
 子宮蓄膿症の治療薬として注目されている
アリジンという薬は、子宮粘液症には効果がないようです。
 
 本院では、子宮粘液症を超音波検査にて発見することが
ほとんどで、血液検査やレントゲンで見つけることは少ないです。
また、症状も特にないことから、飼主さんも心配されていません。

 治療は、経過を診ていく方、外科的に子宮、卵巣を切除する方の
2者に分かれます。
 どちらが良いということは言えませんので、
飼主さんと相談のうえ、治療法を決めています。

 寒くなってから、急に子宮粘液症の症例が増えています。
猫の子宮粘液症も来られています。
季節に関連しているかは不明ですが、毎年、寒くなると来院数が増えています。

子宮粘液症 術中1

 手術自体は、難しくなく、約30分から1時間で終了します。
入院も、1~2泊で退院となります。

 こちらは、子宮蓄膿症の子宮です。

子宮蓄膿症 術中1

 子宮粘液症は未だ、分からないことが多い疾患です。
現在、子宮粘液症の治療に関しても、手術優先、内科治療優先と
病院、獣医師により見解は異なります。

 海外では、不妊手術を生後、数か月で行うことが多いため、
子宮粘液疾患に関しては、担当獣医師とよく相談のうえ、治療法を
決められることをお勧めします。

 今回、子宮粘液症を患ったワンちゃんの飼主さんは
当初、内科療法を試されましたが、将来、子供を取らないこと
避妊手術も以前から考えていたことから、外科治療を選択されました。

 手術後は退院後から食欲、元気もよく
飼主さんも喜ばれていました。
 ただ、もともとポッチャリ体型だったので、
更なるポッチャリにならないように心がけてください。
スポンサーサイト
シーズーの頸椎椎間板ヘルニアの外科手術
 愛犬がある日突然、首から下が動かなくなるとビックリします。
そんなことが現実にあります。

 本院では年に数件、動けなくなったワンちゃんが来院されます。
もちろん、ほとんどの方が「抱くとキャンと泣いた」、
「じっとして動かない」「ソファーに上がらない」と来院される方が
ほとんどです。

 この子は、以前、腰の椎間板ヘルニアをお越し、本院で
外科手術を行っています。
 その際、頸椎のMRIも実施しており、頸椎にもヘルニアがありました。
しかし、頸椎のヘルニアは経度であること、また、臨床症状に出ていないこと、
神経学的検査でも頸椎の異常が無いことから、頸椎は手術しませんでした。

 手術から1年経って、前足の動きが悪くなり、食事を残すようになりました。
飼主さんも心配で来院され、再度、MRIを撮影しました。

 結果は、頸椎の椎案版ヘルニアで、2か所認められました。

頸椎ヘルニア 画像 MRI

 頸椎の2か所が下から、押し上げられています。
今回の前足が動かなくなった原因の場所は、頸椎の2番目と3番目の間になります。
手術はVENTRAL SLOT DECOMPRSSION(ヴェントラルスロット;頸部腹側減圧術)を
行うことになります。

 この手術は、喉側から皮膚を切開し、気管を避けて、
頸椎をドリルもしくは、超音波骨破砕機を使用し穴を開けます。
穴の先には、椎間板物質があり、その椎間板物質を除去します。
 
頸椎ヘルニア 術前

頸椎ヘルニア 術中

 手術は、どの頸椎間に椎間板物質があるかで難易度が変わります。
手術後は、重症度によりますが手術時間は1~3時間といわれています。

 この子は、手術後、2日で退院となりました。
自宅に帰宅後は元気で食欲もあり飼主さんも喜ばれていました。
 術後は、可能な限り、術部に負担をかけないようにし、
10日後に抜糸となりました。

 現在は、とても元気にされています。
この子は、16歳と高齢だったので、飼主さんも心配されていましたが、
術後の元気な姿を見て、手術して良かったとおっしゃっています。




copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.