新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

若齢犬の椎間板ヘルニアから脊髄軟化症に移行した症例
 椎間板ヘルニアという言葉は、ダックス、Fブルドック、などの
骨異栄養症犬種を飼っている方なら聞いたことがあると思います。

 この子は、2歳のトイプードルで、元気に過ごしていました。
正月に急に、後ろ足がうまく動かなくなり、かかりつけの病院に行かれたようですが
お休みで、近くの別の病院に行かれたようです。
 そこでは、鎮痛剤を処方され経過を診ていたようですが、
日に日に悪化し、また違う病院に行かれました。
 その病院に行く際には、明らかに後ろ足が動かなくなっていました。
そのまま、入院・点滴を行っていたようですが、それでも悪化は続いていました。

 飼主さんは、心配になり本院に転院されてきました。
以前の病院で椎間板ヘルニアと仮診断されていましたが、内科療法で
改善しないので、外科療法を望まれていました。

 本院に来院された際には、前足にも麻痺が発生し、すでに脊髄軟化症に移行していました。
飼主さんには、現在の状態、一刻も早く、軟化症の進行を止めることをお勧めしました。
 まずは、外科手術が適応可能かと現状を把握するため、大学でMRIを実施しました。
結果は、頸椎にまで進行した脊髄軟化症でした。
原因は、椎間板ヘルニアでした。
 下記にMRIの画像を掲載しておきます。

 軟化症 1


軟化症2

 この状態では、手術適応ではなく、好中球を抑制する薬を血管の中に
点滴で投与し、軟化症の進行を止めようと頑張りました。
 しかし、毎日、軟化症は進行し首も動きにくくなり
飼主さんに、苦しくないので、自宅で1晩、ワンちゃんと過ごしてみては?と提案しました。
飼主さんも、苦しくないなら、自宅で一緒にいてあげたいとおっしゃってくださいました。

 その日の明け方に、苦しまず、天国に召されました。
飼主さんは、最後まで諦めず、治療をされました。
 まだ、2歳とあまりにも短い人生でしたが、飼主さんの
ワンちゃんへの気持ちや、助けてあげたいという気持ちは
しっかりとワンちゃんに伝わったと思います。

 痛みも無く、苦しみも無く、行ってくれたのが
良かったと飼主さんがおっしゃっていました。
 
 本院では、今まで1度も脊髄軟化症に移行された子がいなく、
今回が初めての症例でした。
 脊髄疾患の患者さんは多く来院されていますが、
初期治療に力を注いでいるため、死に至る子はいません。

 椎間板ヘルニアは、内科療法でほとんど改善する疾患です。
しかし、最初の判断、治療が重要であると痛感させられました。


 
スポンサーサイト
猫の舌にできた舌癌の外科手術
 この子は、以前から腎不全を患い通院されていました。
今回は飼主さんが舌に何かできていると心配され来院され、
さっそく、お口の中を見ると舌の右側に大きなしこりがあります。
 このように舌の根基に小指の爪くらいの腫瘤が確認できました。
飼主さんの同意を得て、病理検査を行いました。
 
 血液検査、胸部レントゲン、リンパ節に異常は認められませんでした。
腎不全を持っている子なので、点滴を行い、気管挿管を行いました。
 麻酔下では、このように下の根元にシコリがあることが分かると思います。

 病理検査は、組織を一部、切り取りホルマリンにつけて
検査センターにおくりました。

 舌癌 外科手術前1

 舌癌 手術前2

 4日後に病理検査が返ってきました。
結果は『悪性 腺癌』でした。
 治療法は、外科手術、さらに、術後の放射線療法で
化学療法は使用しませんでした。

 術中は下顎のリンパ節も切除しています。

舌癌 1

 手術は舌と腫瘍を剥離しながら
可能な限り、腫瘍を残さないよう切除します。

舌癌 2

舌癌 3

舌癌 4

舌癌 5

 外科手術は無事、終了し、術後は食事を口から取れないので
胃にチューブを入れて、飼主さんにチューブを使って、お食事を入れてもらいました。

 現在、術後2カ月ですが
チューブも抜き、自分の口と舌を使い、しっかりと美味しいご飯を食べています。
 
 舌の腫瘍は珍しいですが、
早期発見なら術後も元気に食事をとれます。
 
 ネコのお口を見ることは難しいと思いますが
たまにはお口の中も見ていただけると良いですね。
糸状異物による十二指腸吻合術
 秋から冬にかけて、なぜか異物を飲んだ、食べたと
毎日のように来院されています。
 例えば、竹串、プラスチック、消しゴム、飼主さんのお薬
などなど・・・。

 なぜか、この季節に多く来院されます。
食べたものの中には、体に悪影響を与える物もあります。

 少量のチョコレート、玉ねぎなどは良いとして、
竹串や、ビニールなど腸に詰まるものは怖いですよね。
 しかし、一番怖いのは糸状の異物です。
糸状の異物とは、ひもなどが付いたおもちゃ、長い糸などです。
 飼主さんにとって、ヒモは気になるものではないかと思います。
この糸やヒモが長いと困ったことになります。

 獣医さんの間では、糸状異物と言われ、
単なるおもちゃとか、プラスチックなどより数段、怖いと言われています。
 プラスチックなどの場合、腸に詰まるだけなので
その部分を切開し、取り出せばよいのです。
 ヒモなどの糸状異物は腸に詰まるというよりは
腸に穴を開けることが少なくありません。

 異物 紐状

 先日、来院したミニチュアピンシャーは、まだ1歳と若く
血気盛んなお年頃で、絨毯の端っこを、かじったりして遊んでいたようです。
飼主さんは、おもちゃなどを飲み込まないように、かなり注意されていました。
 そんなときに、嘔吐が続くと来院されました。
超音波の結果、腸に異物があることが判明し、緊急手術となりました。
 結果、胃から十二指腸、空腸まで糸が伸びており、
腸からは、胆液があふれ出ていました。

 紐状異物 2

 腸 紐状異物1

 手術に立ち会っていただいて飼主さんも、かなり心配されていました。
十二指腸にくっついている膵臓も膵炎を併発していました。
 胃を1か所切開、十二指腸、空腸を切開し縫合後、お腹の中を洗浄し
3日後に退院となりました。

 手術後は、順調で、現在は、自宅で元気に過ごされています。
 飼主さんが、気を付けていてもワンちゃんはネコちゃんは
悪いことは楽しいか、頑張ってしてくれるので、困りますね。。。
 嘔吐が何回も繰り返すことがあれば、病院にいらしてください。

 元気になり、手術の傷も目立たなり、本当に良かったですね。
 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.