新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の基底細胞腫の外科手術
 猫の皮膚にもイボ、いわゆる腫瘍ができます。
犬に比べ、猫の皮膚にできる腫瘍は悪性のものが多いと言われています。

 この子も、9歳になるAショートヘアーの男の子で
とても元気です。
しかし、背中に大きなイボができています。
これは、半年以上前からあったようで、徐々に大きくなってきたと
心配になり飼主さんが手術を希望されました。
 術前に、腫瘍に針を刺す検査(FNA)を行いました。
結果は、液体が取れました。さらに、顕微鏡下での検査にて
悪性のものではないと事前に診断されました。

 手術前は、このように背中に大きな腫瘤が認められます。

 猫 基底細胞腫 オペ前

 アップにすると、このように盛り上がっています。

 基底細胞腫 術前 腫瘤

 基底細胞腫には悪性の基底細胞癌もありますが、
今回は良性の腫瘍でした。
 病理の結果、マージンもしっかりと切り取れており
再発も無いようです。

 基底細胞腫は猫の皮膚腫瘍の中でもっとも多い腫瘍です。
皮膚腫瘍の中の25~30%を占めています。
 病理の結果として、基底有棘細胞腫、基底細胞上皮腫と診断されることも
あります。
これは、この腫瘍が色素性腫瘍であるからです。
以前は雄猫に多いとされていましたが、現在は雄雌の発生率に
変わりはないようです。

 基底細胞腫 術後

 手術から5時間くらいで、帰宅となりました。
手術後は、覚醒も良く、その日の夜からお食事も食べて
とても元気だったと飼主さんも安心されていました。
スポンサーサイト
猫の耳血腫の外科手術 2
 犬の耳が腫れたと来院されることは多くありますが、
猫の耳が腫れたと来院されることは多くありません。

 この子は、以前から耳ダニが寄生し
ダニを殺す薬と、耳の掃除をおこなっていました。

 犬の場合、耳血腫の原因は自己免疫性と言われています。
猫の場合は、現在、明らかな自己免疫性という論文は見当たりませんでした。
 ただ、猫の場合、外耳炎が犬に比べ少ないことから
いまだ、分からないことが多いのかもしれません。

 この子も耳ダニがいたので、以前に比べ
耳を掻いていることが多かったようです。
 耳ダニが減ってきて、掻く回数も減ってきていましたが、
ある日突然、耳が腫れて来院されました。

 耳血腫の治療には、
1、内科的治療:インターフェロン、止血材、免疫抑制剤などを使用する。
2、外科的治療 (1)手術で耳を切開し、縫合する
        (2)カテーテルなどを利用し、排液を促す。
        (3)持続吸引を行う。

 飼主さんと相談し、内科的に治療を行いました。
しかし、1週間後も耳が腫れて、飼主さんが気になるようになり
手術となりました。

 手術法も飼主さんと相談し、(1)の方法を選択しました。
手術は耳の毛を刈り、消毒しました。同時に、耳ダニの検査を行っています。

 耳の毛を刈るとこのように、耳がパンパンに腫れています。

 耳血腫 1

 耳血腫 2

 耳を切開すると、中には炎症を伴うフィブリンが大量に溜まっていました。

 耳血腫 3

これらを鋭匙という、先のとがったスプーン上の器具を使用し
きれいに書き出します。
 さらに、耳を反転しないよう、垂れ無いように元の状態に近づけて
縫合していきます。

 耳血腫 4

 本院では、耳血腫の縫合糸は特別なことが無い限り、吸収糸を使用しています。
この方法以外にもボタンを使用する方法、カテーテルのチューブを使用する方法など
病院によって、縫合法、縫合糸は変わってきます。

 手術の4時間後には、耳を掻かないようにするカラーを着けてもらい
帰宅されました。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.