新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

チワワ・ダックスの脊髄空洞症の治療法(外科手術)
 小型犬、とくにチワワのブームが続いています。
このブームはまだまだ、続くと思われます。

 ブームになった犬には、必ず、先天性、遺伝性疾患があります。
チワワには、水頭症、環軸亜脱臼、膝蓋骨脱臼などの
疾患が多く認めれます。
 
 本院では、ここ数年、中高齢からの脊髄空洞症のチワワが多く
来院されます。
 毎月のように、脊髄空洞症と診断されています。

 脊髄空洞症は初期の場合は、獣医師でも見つけることが難しく、
神経症状が出てきて、初めて、気づくことが多いとも言われています。

 では、診断がついた場合、どのような治療があるのでしょうか。
人の場合、外科手術で改善、治癒することが知られており、早期の外科手術で
治癒するといわれています。

 犬の場合は、外科手術で改善することはあっても、治癒とまではいきません。
本院でも神経症状が重篤な場合、また、飼主さんが強く希望される場合は
外科手術と行います。

 外科手術は、
1)後頭孔拡大術
2)硬膜切開術
3)人工硬膜パッチ縫着

 の3点を行うことが多いです。

 今回のチワワの子も術前にMRIで頭から頸椎、脊髄神経の
状態を確認し、併発疾患が無いことを確認してから手術となりました。

手術は、うつ伏せに寝かせ、後頭部の毛を刈り、
さらに消毒を行います。
 これが、手術前の状態です。

 脊髄空洞症 術前

 手術は、後頭部を約5cm位、皮膚を切開し、筋肉を傷付けずに
後頭骨周囲を露出します。
 癒着をはがし、後頭骨を拡大した状態です。

 空洞症 術中1

 さらに、再癒着を防ぐため、人工膜を使用します。
人工硬膜は犬用が無いので、人のものを使います。

 人工硬膜

 人用は、かなり大きいのでこの子にあったサイズにカットし
人工硬膜を逢着しました。

 人工硬膜 逢着

 
 手術は、2時間で終了しました。
飼主さんも、心配で手術に立ち会ってもらいました。
 手術から2日後には退院となり、手術後も調子が良く
快適に過ごされています。

 現在、脊髄空洞症の手術は、シャントを作る方法もあります。
どれを選択するかは、病態や年齢などによるもので、
これがベストというものは無いようです。

 飼主さんも、元気が一番とおしゃっていました。
 

 
スポンサーサイト
犬の脊髄空洞症の概要
 チワワには、水頭症のような奇形を持った
個体が産まれることが知られています。

 その中でも、脊髄空洞症を持ったワンちゃんの
来院が増えています。

 脊髄空洞症とは、先天的に脊髄の中に、水が溜まり
空洞を形成する疾患です。

 脊髄空洞症には、チワワ、ダックス、Wコーギーなどの犬種が
来院されています。
 
 チワワは飼われている方も多いのか、本院でも多く診察しています。

 現在、キアリ様奇形に伴う脊髄空洞症と癒着性くも膜炎に伴う脊髄空洞症があります。

 本院でも上記にどちらかに分類されています。
では、なぜ、脊髄空洞症になるかは未だ、人でもわかっていません。

 症状は、麻痺、歩行障害、発作、などの神経疾患が多く認めれます。
脊髄の周りにある髄液が空洞があることにより、流れが悪くなり
症状が出るといわれています。

 診断は、MRIでしか判断できません。
CTでは診断ができないことも多いと言われています。
本院の患者さんでもCTでは判断できず、MRIを使用し診断がでた子もいます。

 昔は、脊髄空洞症は生後、数か月から1年くらいで発症し、診断を付けることが
多かったですが、ここ数年は、5歳以降で発症し、来院、診断される子が増えています。

 治療法は、根治を目指すことは、動物医療では難しく、内科療法がほとんどでした。
今までステロイド、ビタミン剤、浸透圧利尿剤を使用していました。
本院でも多くの場合、内科療法でコントロールしていました。
しかし、内科療法だけではコントロールが難しい症例が出てきており、
外科手術も行うようになりました。
 
 外科手術では、症状の改善はあっても、治癒までは難しいとも言われています。

 本院でも、飼主さんと相談のうえ、内科療法、外科手術を選択しております。
北海道の場合、北海道大学、酪農学園大学でMRI検査が行え、診断をつけることが
可能となっております。

 ご希望の方は、まず、獣医師に相談ください。

 次回は、本院でおこなっている脊髄空洞症の外科手術にかんして
書きたいと思います。
 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.