新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

コーギーの尿道結石の外科手術
 尿道結石とは、尿道に結石が引っかかり
おしっこが出ない、もしくは、出にくい状態になる病気です。

 尿道に結石ができることは、極めて稀で、
ほとんどが、膀胱結石が膀胱から尿道に流れ出て
尿道の細い部分に引っかかることで発症します。

 この子は、以前にも膀胱結石があり、さらに、
肝臓にも癌があり、摘出術を受けている子です。
 
 定期検診で、尿道に結石があることは
飼主さんもご存じでしたが、年齢のこともあり、
手術は。。。と考えられていました。

 しかし、朝から急におしっこが出にくくなり、
心配され来院されました。

 レントゲンで確認すると、尿道に直径0.6cm大の
結石がありました。
尿道カテーテルで膀胱に戻そうとしても、全く動きません。
飼主さんにも立ち会って、見ていただいていましたが、
やはり、動かないので飼主さんの同意を得て、緊急手術を行いました。
 手術は、診察から約2時間後に行われました。

 尿道へのアプローチは、皮膚を切開し、尿道を切開します。

 尿道結石 術中1

 尿道は海綿体でくるまれているので、出血は激しいですが
結構、早期に出血は止まるものです。
でも、飼主さんにとっては心配な出血ですので、術前に
しっかりと出血の話をしておきます。

 手術でこのような結石が尿道にひっかかっていました。

 尿道結石 結石

 手術は30分で終了し、当日に帰宅となりました。
尿道の手術で一番、飼主さんが心配されるのは、出血です。
出血は、ほとんどの場合、数日で止まるのと日を追うごとに
出血量も少なくなるので、安心されます。

 手術自体は、簡単で、かつ手術時間も短時間で終わるので、
飼主さんも、手術して良かったとおっしゃる方が多い手術です。

 年齢も、また、基礎疾患もある子でしたが、
無事、手術も終わり、おしっこもいっぱい出ているので
飼主さんも、かなり喜ばれています。

 
スポンサーサイト
犬の内径の異なる腸吻合術(腸閉塞)
 秋から冬になると、食べものを探して熊も町に出て来ています。
犬も秋から冬にかけて、異物を食べて内視鏡での除去、吐かせて出すなどの
処置を行う日々が続いています。
 
 この子は、小腸が癒着をお越し、腸閉塞になったMシュナウザーです。
お年も召しており、飼主さんもかなり心配されていました。

 腸閉塞は、完全閉塞であれば、手術適応となります。
この子も、造影検査と超音波検査を行い、完全閉塞と診断しました。

 飼主さんに、完全閉塞なので手術をお薦めしました。
飼主さんも、手術をご希望されたので、緊急手術となりました。
 
 手術は、緊急だったことなどから、飼主さんの立会いの下
手術を行いました。
 手術は閉塞部位を確認しました。
明らかに、閉塞部と正常部で腸の大きさが異なりました。

 腸 閉塞
 

 手術は、閉塞した腸を切り取り、直径の異なる腸を
合わせます。
 
 手術は、腸の直径を合わせることは難しいので
可能な限り、直径を合わせるように縫合します。

 腸 吻合部

 手術は1時間位で終了し、立ち会われていた飼主さんも
安心され帰宅されました。

術後は2日間の入院後、造影剤で腸の動きと
流れを確認後、帰宅されました。
 退院の日から食欲も戻り、嘔吐もなく、とても
元気になり、抜糸の時には体重もかなり戻っていました。

 腸を切り取り、縫合することは
ワンちゃんにとっても、大変なことですが、
退院後、かなり早期に元気になり、良い結果が出ています。

 この子の場合、腸の直径が異なる吻合術でしたが
術後の経過も良く、飼主さんも立ち会い手術で安心されていました。

 
 

 
うさぎの乳腺腫瘍の外科手術
 うさぎにも乳腺があり、そこに乳腺腫瘍ができます。
また、うさぎの乳腺炎も多く発症すること良く知られています。
うさぎの乳腺炎は偽妊娠などで誘発されます。

 うさぎの乳腺に出来る腫瘍の多くは
乳腺癌という悪性の腫瘍で、転移率も高いことが知られています。
 3歳以上のうさぎの乳頭、乳腺のしこりは要注意です。
乳腺炎が乳腺癌に移行することも知られているので
乳腺炎を、放置することも危険といわれています。

 この子は、以前から乳腺からおっぱいがでたりしていたようです。
でも、治ったり、再発したりするので、様子を見ていると
徐々に大きくなり、心配で来院された5歳のうさぎさんです。

ウサギ 乳がん 術前

 初診時は、このように、すでに大きくなっており
明らかに腫瘍であることは理解できました。
腫瘍の場所と、履歴から乳癌を疑いますが、
うさぎの乳癌も犬や猫と同様に外科手術が根治療法となります。
飼主さんに、手術のリスク、麻酔のリスク、年齢の問題などを
お話し、術前検査を行いました。

 術前検査は血液検査、胸部レントゲンを行いました。
検査の結果、特に異常はなかったので、手術の概要と
術後のお話をし、手術当日になりました。

 手術当日は、飼主さん立ち会いの元、手術となりました。
本院では、エキゾッチク動物の外科手術は可能な限り、
立ち会いか、もしくは、別室で手術が終わり、覚醒するまで
お待ちいただきます。

 今回も、立ち会いで手術を行いました。
手術は、癒着と出血で1時間くらい、かかりましたが
無事、手術も終わり、麻酔からも覚醒しました。

 ウサギ 乳がん 病理

 このように、かなり大きく切除したため、
皮膚形成による縫合も変形しています。

 ウサギ 乳がん 術後

 術後は、3時間くらい、病院に入院していただき、
手術当日の夕方には帰宅されました。

 病理検査は『乳腺 腺管癌』いわゆる乳癌でした。
腫瘍は完全に切り取れており、脈管侵襲もなく、転移も
ありませんでした。

 術後は、出血もなく、当日の夜から食欲もあり、
飼主さんも安心されていました。
 
 うさぎの飼主さんは、優しい方が多く、
心配もされていますので、術前のお話が重要です。
 この子の飼主さんも、手術をご覧になり
安心されていました。
 病理検査も良い結果だったので、安心されたようです。
 抜糸は10日後くらいになると思います。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.