新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

鼠蹊ヘルニアから腸が飛び出したシュナウザー
 人でも鼠蹊(ソケイヘルニア)という病気はありますが、
犬でも、ソケイヘルニアを持っている子がたくさんいます。

 この子は、ブリード用に飼育されていて、里子に出された
Mシュナウザー女の子です。

 今の飼主さんは、かわいそうで引き取ったようです。
引き取った後は、特に何も問題もなく生活をしていたようですが、
急に、左の股関節の辺りが腫れて来て、びっくりして来院されました。

 診察する前に、待合室で自潰し、中から大量の膿が出てきました。
大きな腫れはソケイヘルニアの穴に、腸が飛び出し、化膿したようです。

 ソケイヘルニア 1

 本院でも、日ごろから、ソケイへルニアと診断することは多くあります。
その際、飼主さんには、このヘルニアの穴が大きくなること、また
穴から腸、脂肪、膀胱などが飛び出すこともあることをお伝えしています。

 
 この子の飼主さんは、ソケイヘルニアを持っているということは
病院に連れて行ったことが無かったので、知らなかったようでした。

 ソケイ部を洗浄し、壊死した部分を切除しました。
中の様子をのぞくと、明らかに、お腹の中から何かお腹の外に
飛び出してきていることが確認されました。

 ソケイへルニア 2

 飼主さんも立ち会いの元、開腹手術をおこないました。
お腹を開けて、ソケイ部を確認すると、小腸がソケイ部の穴から
飛び出していました。

 ソケイヘルニア 開腹後

 手術は、飛び出した部分を切除し、小腸を縫い合わせ、
手術は飼主さんも確認の後、お腹を閉じました。
 手術後は2日間入院させ、ガストログラフィンで造影後、
帰宅となりました。

 手術も立ち会っていただき、飼主さんも無事、終了し
大変喜ばれていました。
 一度は見捨てられた命だったので、何とか助かり良かったです。

 現在は、飼主さんのもとで、元気に老後を過ごしています。


 
スポンサーサイト
コーギーに発生した膀胱結石の外科手術
 コーギーという犬種は、独特の体型と
お尻を振り振りした歩き方がたまらなくカワイイということで
ブームが終わっても人気犬種でいます。

 しかし、コーギーにも遺伝的に病気が
結構、あることも有名です。

 例えば、椎間板ヘルニア、変形性脊髄症(DM)、
血が固まりにくいフォンウィルブランド(vWD)、
目が見えなくなる進行性網膜委縮症(PRA)などがあります。

 上記、以外にも自己免疫疾患も多いと言われています。

 今回、膀胱結石となった8歳のWコーギーも
自己免疫疾患から立ち直り、飲み薬もやめることができた
遺伝的に問題をもっているワンちゃんです。

 膀胱結石は血尿を認め、初診時に超音波検査で
結石が見つかりました。
 当初、食事療法を行いましたが、なかなか結石が解けず、
飼主さんも心配になり、手術となりました。

膀胱結石 術中


 手術は、膀胱に結石よりも小さな穴を開け、
結石を取り出し、術後は、フォーリーカテーテルを留置し
2日後には退院となりました。

膀胱結石 術中2

 結石は分析の結果、98%以上がリン酸アンモニウムカルシウムと
いう結石でした。
 この結石は、食事療法でも溶けるといわれていますが、
この子は、数か月、頑張ったのですが、溶けませんでした。
飼主さんも、とても残念がっていました。

フォーリーカテーテル

 膀胱、腹壁はPDSという、溶ける糸で縫合します。

 この子は、以前、自己免疫疾患で治療していたので
糸に反応して腫れないか不安でしたが、不安は的中し、
ポッコリと腫れてしまいました。

 ステロイドの投与を余儀なくされましたが、
肝臓などにも異常を認めず、元気になりました。

 現在は、痩せること、また再発防止のために
食事療法、飲み水療法、トイレ療法を取り入れて
頑張っています。
直腸に発生した平滑筋腫の外科手術
 犬の肛門の周囲にできる腫瘍は多くみられますが、
肛門の中、いわゆる、直腸にできる腫瘍は人に比べ
多くないといわれています。
 本院でも、人で多い、大腸がんは、2例しか見たことがありません。

 この子は、12歳のマルチーズで、排便時に何か出ていると
飼主さんが心配で来院されました。
 飼主さんは、「以前から出ていたが、ひどくなった」と
心配そうにお話をされていました。

普通に肛門を見ると、このように問題が無いように思えます。

 平滑筋腫 術前1

 しかし、飼主さんのいうように、肛門に指を入れてみると
結構、大きな腫瘍が触知でき、肛門の外に出してみました。

 平滑筋腫 術前2

 こんな感じで、かなり大きな腫瘍が肛門の奥の
直腸の壁にへばりついていました。
きっと、排便時に気にしていたのでしょうね。

 犬の直腸の腫瘍は、いわゆる人の直腸がんと違い、
良性のポリープや、炎症がほとんどだといわれています。

 大学病院でも、直腸がんは極めて稀と言われています。
飼主さんと、このようなことをお伝えし、術前の病理検査を
勧めましたが、鎮静をかけないと検査が難しいことから、
1回きりの麻酔での手術を望まれました。
 もともと、心臓疾患を持っているので、飼主さんも心配だったのでしょう。

 手術は、術前に酸素室で酸素化を図り、点滴を行い手術となりました。
飼主さんも、一緒に手術に臨みました。

 手術計画は、直腸引き出し術と言って、別名「プルスル」という手術を
計画しました。
この手術法は、大きく切らなくても、直腸にへばりついている
粘膜と腫瘍を一緒に肛門の外に取り出し、切り取れる方法で、
慣れれば、簡単な手術法です。

 平滑筋腫手術中

 平滑筋腫 術中1

 このように、粘膜面に糸をかけ、引っ張りだして、
腫瘍を切り取ります。
縫合はPDSという糸を使用し、手術時間は40分くらいで終了しました。
当日の夕方には、帰宅されました。

 腫瘍は、病理の結果、『平滑筋種』でいわゆる直腸がんではありませんでした。
マージンもしっかりと切り取れており、再発は無いと思われます。

 術後は、数日、お尻が気になり、うんちがしにくいこともありますが、
1週間くらいで改善します。
抜糸は行いませんので、お尻を痛くすることはありません。

 肛門、直腸の手術は、術後も痛いので、術前から
しっかりと痛みどめを使い、術後も抗生剤と痛みどめで
可能な限り、楽に過ごせるように心がけています。

 今は、自然に排便できるようになり、飼主さんも
排便のたびに、気になることもなくなったようです。

 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.