新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

高齢のダックスの皮脂腺上皮腫の外科手術
 皮膚の腫瘍は、日ごろから来院される
腫瘍の中で一番多いもののひとつです。

 さらに、7歳を超えるころから腫瘍の発症率も
多くなっています。

 この子は、以前にも乳腺腫瘍、皮膚腫瘍と
数回、手術を受けて来た14歳のMダックスの女の子です。

 今回は、以前から頬に腫瘤があり
気にはなっていたようですが、年なので
手術もしたくなく、様子を見ていたとおっしゃっていました。
 しかし、最近、腫瘍を気にして床などに擦り付けたり
また、後ろ足でひっかいて、出血するようになり来院されました。

術前検査で胸部に腫瘤があり、肝数値も高くなり
飼主さんと手術に対して麻酔のリスクを話あいました。
結果、超音波での更なる精査を行い、麻酔のリスクが低いことが
分かり、手術となりました。

 術前は、このように、カリフラワー状になり
血もすぐにでるような状態です。

 ダックスの平滑筋腫 術前

 手術は、肝数値も高いこと、さらに、胸に腫瘤があることなどから
導入薬、前投与薬などを考慮し、手術に臨む前から
自宅での投薬も行い、麻酔となりました。

 手術は30分程度で終了し、3時間後に帰宅されました。
帰宅後から食欲もあり、元気にしており、飼主さんも気にされていた
手術部位もかかず、食欲もモリモリでした。

 ダックスの平滑筋腫 術後

 病理の結果は、『皮脂腺上皮腫』でした。
これは、低侵襲度のある、悪性と良性の間のような
腫瘍でした。
今回の摘出で、完全に切り取れており、再発の可能性は無いようです。

 飼主さんも、手術に踏み切って良かったと
喜ばれていました。
 15歳近くの犬や猫の腫瘍の手術が増えています。
飼主さんは、手術を行うか、年なので止めようか悩んでいるうちに
徐々に大きくなり、心配になり来院んされます。

 手術が可能か、出来ないかは難しい判断だと思います。
特に、年齢が年齢だと。
 手術が出来なくても、レーザー治療、放射線療法、
など様々な治療法があるので、心配なら獣医師に相談することも
良いかもしれません。
 現在、胸の腫瘤に関して、大学と協議して
CTでの精査を行うか、検討中です。
スポンサーサイト
若齢に発生したモルモットの乳腺癌の外科手術
 乳腺癌は人でも、犬や猫でも発生の多い腫瘍と言われています。

 エキゾチックの場合、特にモルモットの乳腺の腫瘍の発生率が上昇しています。
とくに、男の子の乳腺癌の発症が増えています。

 犬や猫でもオスの乳腺腫瘍の発症はたまにありますが、
モルモットの場合、オスの発症が多く来院されます。

 症状はおっぱいが腫れてきたと来院されることが多いです。
この子も、おっぱいが腫れていると来院されました。

 この子の場合、本人も気にしていることもあり、
乳腺もすこし腫れています。

 モルモット 乳腺癌 術前


 乳腺炎の可能性もあるので、抗生剤、止血剤の投与を行い
経過を診ていましたが、飼主さんの希望もあり手術となりました。

 術前に、飼主さんと手術に関する説明を受けていただき
麻酔のこと、手術のこと、手術の良いことなどをお話させいていただきました。

 麻酔管理のため、術前検査として血液検査とレントゲンを撮影しました。
結果は大きな問題もなく、飼主さんも安心されていました。

 手術の際、飼主さんに待合室でお待ちいただき、
手術の経過、手術後の面会などをしていただきます。

 モルモット 乳腺癌 術後


 手術は、30分で終了し、麻酔からも早々の覚めて
飼主さんと面会していただき、数時間、病院でお預かりしました。

 手術後の病理検査結果は『悪性 乳腺癌』と診断されました。
しかし、手術のマージンは切り取れており、転移もないと
返ってきました。

 モルモット 乳腺癌 病理



 モルモットの乳腺癌は、男の子に多く、
さらに、若齢の1歳未満でも起こることから、
最近、モルモットの飼主さんからの問い合わせが増加しています。

 モルモットの乳腺腫瘍の手術は難しくなく、
日帰りで行える手術です。
 手術のリスクより、麻酔のリスクのほうが高いので
手術を受けられるモルモットの飼主さんとは、麻酔に関して
しっかりとお話し、相談のうえ、決めないといけません。

 
ハムスターのアポクリン腺腫の外科手術
 ハムスターのイボで来院される場合、
ほとんどが、皮膚にできた腫瘍か、もしくは、
皮膚の下にできた腫瘍で来院されます。

 イボと腫瘍は呼び名が変わるだけで、
内容はほぼ同じといっていいと思います。

 この子は、以前から左脇にイボが出来て
少しずつ大きくなり、心配になり来院されました。

 初めて見せていただいた時には、
かなりの大きさになっており、飼主さんも
かなり心配されていました。

 腫瘍自体は、皮膚と、皮下にまたがり、
腫瘍を大きく見せている原因は、腫瘍に一部に
液体が溜まっているからです。

 ハムスター アポ 腺腫 術前

 腫瘍に針を刺すことを了解していただき、
飼主さんの前で、小さな針を腫瘍に刺しました。
中から赤い半透明の液体が出てきました。
液体の正体はアポクリン腺液と言って人でいう、
汗の腺でした。

 汗腺は水分を出す腺(エクリン腺)と
匂いなどを出す腺(アポクリン腺)があります。
ハムスターの場合、エクリン腺は、ほとんどなく、
体臭を形成する、アポクリン腺ばかりです。

 その、アポクリン腺が腫瘍化し、大きくなったのが
今回の腫瘍です。

 手術は飼主さんに待合室で待っていただき、
全身麻酔をかけて行われました。

 手術自体は、約30分で終了しました。

ハムスター 腫瘍

かなり大きな腫瘍であったこと、経過が長かったので
血管が豊富で止血に手間をかけたので、ハムスターの
手術では長い時間となりました。
 飼主さんも、待っている間、かなり心配されたと思います。

 ハムスター 術後

 術後、すぐに覚醒し、歩いている姿を見て
飼主さんも安心されていました。

 ハムスター アポクリン腺腫 術後


 術後は、3時間くらい、病院で経過を診て
夜には帰宅されました。
 
 術後は、抗生剤、抗炎症剤を自宅で飲ませていただきました。
抜糸は、吸収糸で埋没縫合を行うので、ありません。

 元気に、手術が終わり、ハムスターを見つめる飼主さんは
動物の大きさに関係なく、変わらないので、心温まる瞬間です。

 病理の結果、再発はなく、完全に切り取れていると返ってきました。
良かったですね。
ウサギの臼歯の不正咬合の外科手術
 うさぎさんなどのエキゾチック動物である
齧歯類の多くが、奥歯も、前歯も一生伸び続けています。
毎日、歯を擦り合わせて歯が伸びすぎ無いようにしています。

 しかし、何かの要因(外傷、事故、病気などで)
歯をうまく歯を擦れない、また、擦ることができなくなると
いわゆる、不正咬合という病気になります。

 この子は、歯の症状などがなく、
食欲がなくなり、来院されました。

 お腹のレントゲンでは、腸と胃が動いていませんでした。
また、血液検査でも特に異常は認められませんでした。

 お口の中を特別な器具で見ると、
左の上顎の臼歯が伸びており、お口の中を切っていました。

 ウサギ 不正咬合


 飼主さんと、麻酔の必要性があること、また、麻酔のリスクがあること
などを相談し、飼主さんのほうで、すべて納得され麻酔をかけました。

 処置は数分で終了し、すぐに麻酔を切って
酸素のみ吸ってもらい、覚醒後は、1~2時間、病院で
お預かりしておきます。

 早い子は、その日の夕方から食事を食べるようになります。

 ウサギさんの不正咬合の処置法は
ウサギ専用に作られたハサミで歯を切る方法。
 高速回転バーを使用し、切り落とす方法。

 上記の2点になります。

 この子の飼主さんも麻酔を心配されていましたが、
現在、鎮静、麻酔なしでの奥歯の処置は難しいといわれています。

 もちろん、前歯である切歯はとても簡単に処置でき、
麻酔をかけずとも行えることが多いです。

 再発が無ければよいですね。

 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.