新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

皮膚型肥満細胞腫の断指
 腫瘍の中には大きくなったり、小さくなったり
赤くなったり、治ったりする腫瘍があります。
飼主さんは、きっと治ったのかな?と思いながら、経過を診ている
方が多くいらっしゃいます。

 この子も、本院に来られた際、イボがあり、経過を診ていましたが、
徐々に大きくなり、病理検査を行いました。

 病理検査は、イボの一部を切り取り、
ホルマリンに漬けて検査センターで検査をしていただきます。
もちろん、病院内でも染色し、顕微鏡で仮診断を付けます。

 この子のイボも病院で検査を行い、悪性の腫瘍である
肥満細胞腫が疑われ、病理検査を検査センターにおねがいしました。
 結果は、5日後に『肥満細胞腫 中等度分化型 patneik Ⅱ』と診断されました。

 肥満細胞腫の組織型グレード分類には数種類あり、本院では
Bostock,Patnaikなどの分類を使用しています。
そちらの分類をもとに、手術、薬物療法、放射線療法、分子標的療法などを
選択しています。
 この子の腫瘍は中等度分化型、PATNAIK Ⅱでしたので、
手術で2cmのマージンを取り、完全切除を考えました。

 飼主さんに、マージン2cmのことをお話し、マージンをしっかりと取るとなると
指の一部を切り取る必要があることをお話し、飼主さんと、話し合いを行いました。

 話し合いの結果、指の一部を切り取り、完全切除を狙いました。

 手術前の状態がこのような小さな傷のようです。

皮膚肥満細胞腫 術前

 手術後は、このように、指が1本、完全に切除しています。

 皮膚肥満細胞腫 術後 1

 手術中は、出血を止めるため、血管を縫合し、
さらに、神経を麻痺させ、切ります。
皮膚の下を吸収糸で縫合し、皮膚を縫い合わせ、麻酔を覚ませます。

 皮膚肥満細胞腫 術後 2

 手術後は、5分で覚醒し、手術が終わるのを待たれていた
飼主さんとワンちゃんと会っていただきました。
 飼主さんと面会が終わり次第、痛み止めで可能な限り痛みを取ってあげます。

 帰宅は翌日の朝になり、1泊は病院で泊まっていただきました。
術後から元気で、食欲もあり、飼主さんも、元気すぎて困っていました。

 早く、傷が治り、元気になると良いですね。
切除した組織は、完全に切除されており、術後の放射線療法や
分子標的治療も行っておりません。
 術後の治療も、病理検査の結果と今までの論文などから
治療方針を決めております。

 傷を舐めないか不安です。。。が。
スポンサーサイト
21歳の老猫の乳腺腫瘍の手術
 犬より猫のほうが長生きしている傾向がありますが、
たまに、20歳を超えるネコちゃんが来院されます。
 
 この子も21歳のご長寿ネコで、おっぱいにしこりがあり
気にしてかじっていると来院されました。

 お腹を上にして、毛を分けると
明らかに赤くなっているしこりがありました。

 21歳の女の子、また乳腺の上にあることから
乳腺腫瘍と仮診断し、飼主さんに乳腺腫瘍とお伝えしました。
 ネコの乳腺腫瘍は70~90%が悪性の癌と言われているため
飼主さんに、癌の可能性があることお話しました。

 飼主さんは、手術をして欲しいのですが、
21歳なので、手術は難しいですよねと、諦め気味にお話をされていました。

 本院では麻酔の管理には、年齢も重要なことですが、
麻酔をかける上で、癌の場合、転移がしていないこと、
また、心臓、肝臓、腎臓、また血液が止まることが重要だと考えています。

老猫の乳腺腫瘍 術前
 
このように、お腹に自潰した腫瘍が見えます。
発生は乳腺なので、乳腺腫瘍という診断になります。

 飼主さんの希望で手術が可能かの検査をおこないました。
検査は、血液検査、生化学検査、レントゲン検査、心電図を行い
腎不全と高血圧が見つかりました。
 飼主さんと検査結果を踏まえ、手術の話を行いました。
飼主さんは、麻酔のリスクを理解され、手術を決断されました。

 本院でも高齢のネコ、イヌの手術が増えていますが、
21歳となるとなかなか、行うことはありません。
 手術は、術前から治療が始まります。
術前から腎不全の治療をはじめ、手術当日までなんとか
腎機能を改善してもらいました。

 手術当日は、朝早くから点滴をはじめ、可能な限り
麻酔のリスクを少なくしておきます。
手術は、麻酔の時間を少なくすること、また、麻酔前投与の薬も
熟慮し、投与を行いました。
 手術は、30分で終了し、手術を待っていた飼主さんも
安心されていました。

老猫 乳腺腫瘍 術前2

 手術後は、当日の夜にお返しし、翌日にはすでに食欲もあり
飼主さんも心配になるくらい元気でした。

 21歳まで生きてくれて、それだけでビックリ!!ですが、
さらに、手術までこなすとは、恐るべしスーパーおばあちゃんネコでした。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.