新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プードルの膀胱結石の外科手術と手術の切開
 冬になると、イヌもネコも膀胱結石で来院される方が多くなります。
きっと、水を飲む回数、量が減ることにより、おしっこが濃くなることが
一つの要因になるのかと思います。

 本院でも、冬になってから膀胱炎もしくは膀胱結石での
来院数が増加しています。

 プードルは、シュウ酸カルシウム結石が多く、
シュナウザーなども多く発症しています。

 この子は、以前からシュウ酸カルシウムの膀胱結石があり、
飼主さんがどうしても手術は・・・ということで手術を行わいで
来ていました。
食事療法を行っていても超音波検査で徐々に大きくなっていました。
飼主さんに、超音波画像を見ていただき、徐々に大きくなっていることを
理解していただき、飼主さんのほうから手術をお願いされました。

 手術は術前検査として、心電図、胸部レントゲン、血液検査を行い
麻酔のリスク、手術法、金額をお話し、納得していただきました。

 手術は、おちんちんの先端の尿道口に傷がかからないように
最小限の傷で行うようにしています。
男の子の膀胱へのアプローチの際、おちんちんの先端より前で
切ることが一般的ではありますが、手術の切開部に術後、
おしっこがかかることが懸念され、炎症を起こすので、
本院では可能な限り小さな傷で、おしっこがかからない場所を切開しています。

 このように、おちんちんの先端には届かない
切開創にしてあります。

 膀胱結石 皮膚縫合

 手術は、皮膚を切開し、膀胱にアプローチします。
手術の一番の問題点は皮膚の切開位置と大きさでしょうか。
本院では、男の子の場合、これくらいしか切開しません。
 また、術後は、動物用の長いフォーリーカテーテルを使用し
2日間、このカテーテルを使用し排尿させます。
骨盤骨折などの場合も、良く使用します。

 膀胱結石 フォーリー

 このカテーテルは、先端に生理食塩水を入れて、膨らませ
抜け落ちないようにしていますので、今までのカテーテルのように
皮膚に縫い合わせなくて良いので、動物にとっても良いことでしょうね。
抜く際も、お水を抜けば痛みもなく、取れますよ。

 この子は、手術した翌日に来院され、1週間後に抜糸となりました。
飼主さんも、痛みがほとんどなく、元気だったのでびっくりされていました。

 今後は、再発予防に努めるようにしてもらっています。
でも、定期検診による尿検査はしていきましょうね。
スポンサーサイト
犬の眼窩下膿瘍
 中高齢のワンちゃんが目の下から血が出ている、
もしくは、腫れていると来院されることが多くなっています。
 
 その正体は『眼窩下膿瘍(がんかかのうよう)』です。
これは、歯周病菌が歯の付け根(根尖部)に入り込み
眼の下に膿瘍(膿)を溜めて、腫れて、破裂する病気です。

 ほとんどの方が、皮膚病や、ぶつけた、もしくは傷と思い来院されます。


眼窩下膿瘍 術前1

このように、眼の下から出血し、血膿が出ています。

眼窩下膿瘍 2

 さらに、毛を刈ると、このように、膿が出てきた場所が
皮膚炎を起こしています。

 現在、ペットショップ、動物病院などで
歯に付着した歯石を無麻酔で爪や、器具で取るところがあります。
見た目は、きれいになっていて、良いようにおもえますが
肝心の歯周ポケットの汚れは全く取れていません。
 
 イヌも人と同じように歯周病予防に、歯周ポケットの掃除が必要です。
となると、歯磨きが一番有用と思われます。
もちろん、歯磨きガムも有用かとも考えられます。
 しかし、自分の犬猫に歯磨きが出来ている患者さんが
どれだけいるかというと、ほとんどの飼主さんが出来ていないのが現実です。

 歯石は歯周ポケットから溜まっていくといわれています。
さらに、その歯周ポケットから歯石がついていきます。
 歯石を手で取ったり、器具で剥がすことは問題ないのですが、
歯周病予防にはあまりなっていないかもしれません。。。

 犬は虫歯になりにくいのですが、歯周病からこのような
眼窩下膿瘍になることが少なくないので、歯石の除去よりも
歯周ポケットと歯周病予防を心がけたいですね。

 お時間があれば、少しづつでも
カワイイペットとのコミュニケーションを兼ねて
歯ブラシにチャレンジ、もしくは再チャレンジをしてみては
いかがでしょうか?
 動物病院では、犬用の歯磨き、歯ブラシも用意しております。
また、歯磨きの方法なども、相談にのっています。

 詳しくは、スタッフまでお声をかけてくださいね。
ハムスターの膿瘍の外科手術
 ハムスターを飼育されている方が多くなっています。
特に、若い方に人気のようです。

 飼われる方が、お子さんから大人になり、
早期に病気に気づくことが多くなっているように思えます。

 この子は、本院でも多い疾患の皮下膿瘍になっていました。

 ハムスター膿瘍 術前

皮下膿瘍は、原因は不明なこともありますが、皮膚の下に細菌が入り込み
化膿を誘発し、大きく袋状になり破裂することもあるようです。

 飼主さんに、細菌が入り込み化膿し大きな腫瘤になっていることをお伝えし
手術で治す方法、また、抗生剤で治療する方法をお話しました。

 飼主さんは、手術は怖いので、藻に薬で治してみたいということで、
飲み薬を選択し、1週間近く自宅で飲み薬を続けていただきました。
 1週間後に来院された際、膿瘍は小さくなっておらず、
脱毛も大きくなり、また、本人もきにしているようで
飼主さんは、手術を決めて来院されました。

 手術は全身麻酔(吸入麻酔)を行い、
半導体レーザーで切開し、膿を除去し、洗浄を行い
縫合するか、半導体レーザーなどを使用した場合は
開放といって、縫合せずに済む場合もあります。

 ハムスター 膿瘍術中

 また、小動物の手術は麻酔管理が難しいことも
飼主さんにお伝えし、手術を行いました。

 手術は、数分で終了し、当日にはお返ししました。
この子は、現在、再発もなく経過しています。

 現在、ハムスターの手術症例が増加し、
麻酔のリスクもお話する機会が増えています。
 麻酔を行う上で、飼主さんとしっかりと相談し
現在、手術を行っています。

 ハムスターの飼主さんは、来院する際は
かなり心配されており、手術を当日に決めれる方は少なく
また、手術法も日に日に、良くなっています。
手術時間を短縮し、麻酔のリスクを軽減できるように
手術機器を導入したり、また、獣医師も最新の医療を
勉強したりと努力しております。
 
 可能な限り、飼主さんの心配を取り除くように
病院スタッフ全員で努力しております。

 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.