新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

再発したモルモットの膀胱結石
 モルモットの膀胱結石は、モルモットの飼主さんの中では
有名な疾患で、本院でも手術になることが少なくありません。

 この子は、昨年に膀胱結石を患い、本院で手術を行い、
再発もなく、手術の後も全く分からないくらいに治っていました。

 しかし、飼主さんが血尿で来院する前に、
ほかの病気を疑い、レントゲンを撮った際に見つかりました。
またしても、膀胱結石です。
 
 以前の結石は『炭酸カルシウム』で、
カルシウムの食事制限をするため、ペレットの主原料を
確認して、購入し、与えていただいていました。

 飼主さんに、結石の手術をうかがうと、
症状が出ていないので、まだ行わないということで、経過を見ていました。
 しかし、血尿の症状が出始め、飼主さんのほうから手術をと来院されました。

 手術は、日帰りで、お腹を開けて、膀胱を切開し
膀胱結石を取り出し、膀胱の中を洗浄確認し、終了です。

 モルモットの膀胱結石

 この小さな、茶色のものが結石です。
小さいように思えますが、モルモットが700g位の大きさなので
モルモットにしたら、かなり大きく思えます。

 手術時間は30分で終了しました。
モルモットの手術は、麻酔の時間との勝負なので、
いかに早く、出血を起こさないかです。
この子の出血量は、ほとんどなく、手術用の手袋に血がつかないくらいです。
 手術中は飼主さんも、待っていただき、無事、夕方には帰宅となりました。

 今までは、1泊してから退院としていましたが、
この子は、以前にも手術を行い、手術後の状態が良いので、
飼主さんと相談し、その日に帰宅していただきました。

 再発予防のため、カルシウムの含有量の少ないご飯を探していますが、
海外でもなかなか無く、現在、フードのメーカーに探していただいています。

 出血は2~3日で収まり、1週間後には抜糸となりました。

 6才と高齢になってきており、
再発がないように、定期検診を行っていきます。

 飼主さんも、現状、ネットなどを使ってお食事を探していただいています。

 無事、手術が終わり、良かったですね。
スポンサーサイト
竹串が胃を突き破り、外科手術になったシーズー
 若いワンちゃんは、飼主さんの思いを知ってか知らずか、
机の上のものを、ついつい食べてしまいます。

 この子も、飼主さんがいない間に竹串を食べてしまい、
一部は吐き出し、心配で近くの病院に行かれてレントゲンを
撮ったそうです。
 竹串は、レントゲンには写らず、経過を見ていたようです。
しかし、その後、毎日、朝になると嘔吐を繰り返し、
心配になり、本院に来院されました。

 飼主さんは、勉強をされているようで、
本院で内視鏡にて異物の除去、検査をしていることを調べて来られていました。
 飼主さんと再度、相談し、異物がないことを望まれ
内視鏡検査を行うこととなりました。
 内視鏡検査の結果、胃の中に、竹串がありました。
しかし残念なことに、竹串が胃に刺さっており、内視鏡で抜くと、
胃の穴から胃液がお腹の中に漏れて、腹膜炎を起こす心配があり、
開腹手術が選択されました。

 飼主さんには、内視鏡の結果をビデオで確認していただき、
手術の必要性を納得していただきました。
 すぐに手術の準備をはじめ、開腹手術を行いました。
飼主さんは立ち会えないということで、別室で待っていらっしゃいました。
お腹を開けると、腹膜炎を起こし、さらに、腹膜、横隔膜などに
癒着をお越し、さらに、化膿までしていました。

 竹串 開腹時

 癒着を慎重に剥離し、化膿している部分を切除し、
さらに、胃を切開し、竹串を取り出し、縫合をおこないました。
手術の最後は、お腹の中の炎症性物質や化膿していたものを
生理食塩水で洗浄し、お腹を閉じて終了しました。

竹串 腹膜炎


 当初の予定時間より、1時間近くオーバーしました。
その後、飼主さんと面会し、2日間の入院となりました。

 竹串 摘出

 術後は日に日に、元気になり、当初の心配事の嘔吐もなく
回復しています。

 飼主さんは、もっと早く連れて来ていればとお話をされていましたが、
病院に来られただけでも、また、心配で内視鏡で検査されただけでも
良い結果につながったとお伝えしました。

 
 この子は、症状もほとんどなく、元々、行かれていた病院でも
レントゲン検査を行い、異常が見つかりませんでした。
さらに、本院に来られた際も、大きな異常はなく、飼主さんが
内視鏡検査を希望されなければ、見つかるのが遅くなり、
腹膜炎が重症化し命も危なかったかも知れませんでした。

 冬休みなどで、子供たちのお休みになると、
異物を食べて来院される子が多くなります。
 
 お子さんも、ワンちゃんも、さらに猫ちゃんも
落ちているものには福は無さそうなので、お気を付けください。

結果、すべて、うまくいったので、遅いとか、
あの時にとか、まったく考えなくて良いのです。

 結果、オーライですね。
逆さまつ毛の半導体レーザーでの永久脱毛
 涙が多く出るワンちゃんが来院することが多くあります。
さまざまな原因で涙がたくさん出たり、涙が抜ける鼻涙管が
塞がったり、細くなり出ていることもあります。
 治療法は、その原因により、鼻涙管の洗浄、食事の変更、
点眼薬、手術など色々と変わってきます。

 この子は、眼のふちが内側に入り込み
まつ毛が角膜に当たり、炎症を起こし、その刺激で
涙がたくさん出ていました。
 まつ毛を抜くという行為に関しては
獣医師によって、見解が異なるところですが、
抜くことにより、悪化することも多いという専門医もいます。

 本院では、可能な限り、根治を願い、
抜くことよりは、手術、レーザーなどを使用した治療法を取り入れています。

 この子も、両目ともに涙が多いと来院されました。
両目ともに、まぶたが内反しており、その刺激で涙がでるようです。

内反症

手術前に、飼主さんにも、まつ毛が目に入り込んでいることを
確認していただき、半導体レーザーでまつ毛の毛根をレーザーを
1秒くらい当て、何か所かレーザーを当てました。

 このように、今までは、毎週のようにまつ毛を抜いたり、
目薬を入れたりしていただいた子も、軽い鎮静で改善するようになりました。

 レーザーの問題点は、まつ毛が2度と生えないかというと
一生、必ず生えないというものではないようなのと、
眼の周囲の手術なので、鎮静が必要なることです。

 レーザの治療は痛みもほとんどなく、
簡単に処置できるので、治療としての選択は増えていると思われます。

 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.