新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ダックスの頸椎ヘルニアの外科手術(ベントラルスロット法)
 椎間板ヘルニアというと、胸腰椎のヘルニアを想像しますが、
最近、頸椎に起こるヘルニアが増加しています。

 頸椎のヘルニアと胸腰椎ヘルニアは違うのでしょうか?
もちろん、椎間板が飛び出るということは、同じですが、
外科治療は全く異なります。

 本院でも、内科療法や、理学療法で改善している子もいますが、
手術が必要になるケースも増加しています。

 この子は、以前に腰のヘルニアを発症し、
内科療法で改善していたMダックスの男の子です。

 飼主さんは、ドッグフード以外のおやつを食べて、
食道か胃にひっかったのでは?と来院されました。
 触診で特に詰まったり、引っかかったりはしていないようでした。
飼主さんも心配されたので、念のため、レントゲンを撮らせていただきました。
結果は、椎間板ヘルニア疑いでした。
しかし、現在も元気に動いていることから、飼主さんには
安静にしていただくようお伝えし、帰宅されました。

 翌日には、今朝から立てなくなって、横になったままで来院されました。
検査を進めると、頸椎の第4~5番の間の椎間板ヘルニアと仮診断し、
CTでの精密検査を行いました。
 CTの結果、やはり、かなり重度の頸椎ヘルニアでした。
今回だけではなく、以前にも頸椎のヘルニアを起こしているようでした。

 頸椎ヘルニア 書き込み済 2


 頸椎ヘルニア 書き込み済

このように、CTでは、頸椎の椎間板物質が脊髄を圧迫しており
これが原因で、動けなくなっていました。
もちろん、念のため、腰のCTも撮影し、異常がないことを確認しています。

 この子は、飼主さんと相談のうえ、
2日ほど、内科療法を行いましたが、改善せず
手術となりました。

 手術は、ノド側からアプローチし、食道、気管を避けて
さらに、血管と神経を避けて、頸椎にアプローチします。
頸椎に2か所、穴をあけ、椎間板物質を取り除く、
ベントラルスロットという、外科手術を行いました。

 術後は、2日で退院され、
自宅から理学療法に通院されています。

 頸椎のヘルニアはダックスをはじめ、ビーグル、などの
骨異栄養症犬種が多く来院されます。

 腰のヘルニアは多く来院され、
内科療法で改善することがほとんどですが、
頸椎のヘルニアも、内科療法で改善することも多いヘルニアです。

 しかし、中にはこの子のように
手術が必要な子もいます。
 現在、頸椎のヘルニア手術が可能な病院は少ないのが現状です。
 
 理由は、手術がかなり難しいことが一番の理由でしょうか。
また、確定診断には画像診断として、脊髄造影、もしくは
CTやMRIが必要なのも一因でしょう。

 現在、本院では、頸椎のヘルニア手術も行っております。
前足の動きが悪い、首を触ると痛がる、散歩中、引っ張りぐせのある
ワンちゃんが急に引っ張らなくなったときは、頸椎のヘルニアがあるのかも。。。
 腰のヘルニアに比べ、発生率が高くないですが、
ビーグル、ダックス、ペキニーズ、Fブルドッグなどの
飼主さんは、腰のヘルニア以外にも頸椎のヘルニアもにも
気を付けてくださいね。 
スポンサーサイト
CT画像からの椎間板ヘルニア手術
 動物医療の進歩は目覚ましく、犬や猫の検査も
人と同じように超音波検査、内視鏡検査、CT、MRIも可能になりました。
 
 この子は、3歳のMダックスの女の子で、以前にもヘルニアになり、
本院で内科治療を受け、治癒した子でした。
 初めてのヘルニアから、数か月後、前と同じように
腰を痛がり来院されました。
 飼主さんの意向で、前回と同様に内科治療を行い
改善しましたが、再発なので心配ということで、CTでの精密検査を行いました。

 CTの結果は、

 腰椎ヘルニア 3D 3

 わかりやすく3Dにすると

 こちらが前から腰骨をみた状態です。 
 
 腰椎ヘルニア 3D

 こちらは、腰骨を横から見た状態です。

 腰椎ヘルニア 3D 4

 このように、術前に椎間板ヘルニアがどれくらい出ているか、
また、どの位置に出ているか、また、固くなっているかなど、
CT以外では、わからない情報も得られています。
 
 では、CTが無いと手術はできないのでしょうか?
いえ、CTがあまり動物医療で普及されていない時代は、
どこの先生も脊髄造影を行い、手術を行っていました。
 本院でも、脊髄造影を行いヘルニアの手術に移行することもありますが、
CTでの画像診断のほうが、脊髄造影に比べ、優れている点が多くあります。
 
 ・画像を立体的に見れる。
 ・椎間板物質の固さなどがわかる。
 ・侵襲度が低い(脊髄に針などを刺さない)。

 もちろん、CTにも欠点があります。
 ・検査費用が高い(3万~5万)
 ・麻酔時間が、造影に比べ少し長い。
 ・設置している病院が限られている。

 上記から、本院では可能な限りCTを撮影し
手術部位、手術法、手術の難易度、術後の予測を飼主さんにお伝えしています。

 飼主さんも、CTの画像をご覧になり、手術の必要性、
難易度、など鮮明に理解いただけるようです。

 この子は、手術後、翌日には帰宅しました。
帰宅後、1週間で、術前とほぼ変わらなく歩けるようになっています。

 また、この子の場合、CTで現在、圧迫している場所以外にも
将来、ヘルニアになりそうな部位も判定でき、今回の手術の際、
一緒に、予防的開窓術を行いました。

 CTの前は、ヘルニアが治ったと思っていた飼主さんも
CTの画像をご覧になり、手術を決断されました。
 この子は、椎間板ヘルニアでヘルニア物質が脊髄を
半分まで押していても、歩いています。
 痛みは、飼主さんも気づけないくらいです。
このように、再発する子は、痛みにかかわらず、椎間板物質が
飛び出していることが少なくありません。
 
 飼主さんは、手術をして良かった言われていますが、
今回のようなことが、ヘルニアのワンちゃんに起きるとは言えないので、
担当獣医師と相談のうえ、内科療法、画像診断、手術、理学療法と
決めていただくと良いですね。


 
ハムスターの悪性線維性組織球腫の外科手術
 ハムスターも、ハムスターフードが良くなり、
さらに、飼い方も変わり、飼主さんの意識も変わり、
年々、寿命が伸びているように思えます。
といって、やはり、2~3年くらいです。

 この子も、年を召してきて
おなかに腫瘍ができて心配で来院されました。

 このように、ハムスターにとっては大きな腫瘤が
おへその左側にあります。

 ハムスター 皮下腫瘍 術前


 飼主さんにこの皮膚の下にあるものは腫瘍であること、
また、手術以外では治癒しないことをお伝えし、1週間
手術を行うか、行わないか、考えてきてくださいとお話をしました。

 1週間後、手術をしてほしいと連絡がありました。
ハムスターは術前検査ができないこと、また、麻酔のリスクがあることをお伝えし、
手術の当日は、立ち会うよう、おすすめしましたが、
飼主さんが別室で待つことになりました。

 手術は、吸入麻酔を行い、皮膚を切開し
半導体レーザーと電気メスを使用し、最小限の出血に抑えながら
腫瘍と切除しました。

 ハムスター 皮下腫瘍 術中

 手術時間は約15分くらいで終了し、
術後、3時間くらい、麻酔からの覚醒状態などを確認し
その日のうちに帰宅していただきました。

 術後の皮膚の状態はこのように数針、皮膚を縫合します。
ほとんどのハムスターが糸を取ってしまいます。
 この場合も、糸を取るのを見越して、
特別な方法で縫合します。

 ハムスター 皮下腫瘍 術後

 腫瘍は、飼主さんと相談しますが、
可能な限り、病理検査をさせていただいています。
 病理検査の結果により、再発の有無、転移の有無が分かることにより、
予後といって、将来的なことが飼主さんとお話ができます。

 この子は、病理の結果、悪性線維性組織球腫という
悪性の腫瘍と診断されました。
 転移は認められず、経過をみることになりました。
再発の可能性があるものの、経過を見ていくことが可能な腫瘍だったので
再発がなければ、再診もありません。

 ハムスター 皮下腫瘍 病理

 ハムスターの皮膚腫瘍は悪性も多く、
さらに、徐々に大きくなり、自潰してから来院される方も多くいます。
自潰してからの手術だと、腫瘍自体もかなり大きくなり、
切除するのも、麻酔の時間も長くなり、ハムスター自体も大変です。

 可能であれば、大きくなったかなと?感じたら来院していただくと
手術以外の方法もあるので、相談も可能になります。
今までハムスターの手術なんて・・・と考えられていた飼主さんは
一度、手術もあることを考えてみてはいかがでしょうか?

 このハムちゃんの飼主さんも、やれるだけのことはしてやりたいと
いう気持ちから手術に踏み切られました。

 結果、飼主さんは、良かったと言っていただけました。
ハムちゃんの寿命は短いですが、短いながら有意義なものになればよいですね。
飼主さんの「気持ち」を知って長生きしてほしいです。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.