新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

子犬の手術を行わない骨折治療
 4ヶ月令の子犬が後肢を着かないと来院されました。
車に一緒に乗っていて、座席から飛び降りたというのです。
その後から、肢を挙げて着かないと心配になり来院されました。

 診察室でも、肢を上げたまま、着こうとしません。
触診をすると、痛いのを我慢しているようです。
でも、膝の辺りを触ると明らかに痛がります。
 飼主さんに、骨折の可能性があるので、レントゲンを撮らせて頂きました。
その前に、関節の痛み、骨折、脱臼などで肢を痛がる子のレントゲンは
かなりの確立で大きく鳴くので、レントゲン室の前で待っていただく
飼主さんにはかなりの苦痛と精神的ダメージがあることをお伝えし、
すぐに、レントゲンを撮影しました。

 レントゲンの結果は、想像通り、骨折でした。
小型犬の子犬に多い場所での骨折でした。

 子犬の骨折 X-RAY1

 
 骨折 X-RAY2

 骨折の場所は、膝のしたの部分で、
径骨、ヒ骨という骨です。
 
 飼主さんに、落ちた衝撃で肢が折れています。
治す方法は、
1.外固定といって、手術を行わず、スプリントや、包帯で巻いて
  治す方法。
2.手術を行い、ピンなどを入れて治す方法
 の2点を説明しました。
飼主さんは、骨のつき方はどうあれ、歩ければよいと話があったので、
1.の外固定という方法を選択されました。
 
 この場合、様々な固定法があり、どれを選択するかは
折れた場所、折れた方向、年齢などを考えます。
 この子は、まだ生後4ヶ月であり、さらに、元気も暴れるくらい元気なので、
包帯で折れた肢をグルグル巻きにする包帯法ではなく、
スプリントという、硬い副木を添えて、伸縮包帯で巻く方法を行いました。
 この固定をする良い点は、全身麻酔をしなくて良いこと、
痛い思いもしないこと、手術をしないこと、お金も手術費用より安いことなどが
挙げられます。
 マイナスポイントは、手術に比べ、骨が元の状態ではなく
若干、曲がって治ること、暑い時期は折れた肢が痒くなることなどでしょうか。
 どれくらい、曲がって治るかは、レントゲンを見て頂き、
予想を飼主さんにお伝えし、理解して頂きます。

 この子は、半日、預かり、外固定を行い、
折れた足を着いて帰宅されました。
心配事は、気にして外固定を噛み千切らないか・・・。
 年に1~2回、あ~というくらい粉々にして
外固定を外して来院されます。

 大人しくしてくださいとは言うものの・・・。
お手柔らかに。。。




 
スポンサーサイト
小型犬の指の骨折の外科手術
 人でも指の骨折があるように、
犬にも指の骨折があります。

 この子は、猫に驚き、ソファーから飛び降りた際に
手の指を骨折し、肢を着かないと来院されたチワワです。

 病院に来られると、手を挙げて、痛そうに歩いていました。
触診させていただくと、痛がり、手を引っ込めようとします。
少し我慢して頂き、指を触ると、骨が折れているようなので
レントゲンを撮らせていただきました。

中手骨 レントゲン 術前

レントゲン写真では、指の骨、中手骨が3本折れていました。
中手骨の骨折は、珍しくない骨折で、ほとんどの場合、外固定といって
ギブスや、スプリントという、副木を使用し治すこと多い骨折です。
 手術する子と、手術しない子との違いはどこでしょうか?

中手骨に関しては、どの指の骨が折れているかで判断します。
この子のように、手を支える指が折れている場合は、手術を薦めています。
しかし、手を支えるような指で無い場合は、副木を当てて、手術を行わず治します。

 この子の場合は、5本の指の中の3本が折れています。
また、手を支える指2本のうちの1本が折れています。
この場合は飼主さんと相談し、手術、副木の両方を考えました。
飼主さんは、痛いのを1日でも早く取ってあげたいということで、
手術を選択されました。
 手術は、ピンニングといって、折れた骨にピンを入れ、
固定する手術法です。
 折れた指の骨、3本すべてにピンを入れるのではなく、
一番、体重がかかる骨のみ、ピンを入れ、それを副木代わりにして
他の折れた骨を固定する方法です。

中手骨 術中1


 このように、骨の真ん中で折れているのが分かるかと思います。
手術は、体重の一番かかる骨をIMEXXの髄内ピンを使用し固定します。

 中手骨 術中 2

 小型犬の指の骨は細く、弱いので、整形外科用のピンドリルで
髄内に固定し、ピンを切断し、関節の中に入らないように折り曲げて
レントゲンを撮り終了です。

 中手骨 レントゲン 術後

 手術は約1時間で終了で、早ければ、半日、遅くても1日の入院で帰宅できます。
この子も翌日の朝には退院し、その日から食欲もあり、元気だと飼主さんは
手術のあとにもかかわらず、喜ばれていました。

 1~2ヶ月後に髄内ピンを抜く予定です。
3本折れていた指の骨は、1本のみ整復して他の2本の指の骨折は
治るのかと聞かれます。
 骨折の治療は、一番重要な骨を整復すると、他の整復していない
骨も元の状態に戻り、骨がくっつきます。
 この子の場合も、すべての骨にピンを入れるよりは、
重要な1本を整復し、骨を元の状態に戻すことにより、
他の折れていた骨にメスを入れず、治す事が一番です。

 飼主さんも当初は心配されていましたが、
元気に帰宅でき、さらに、肢も着けるようになり、
喜んでいらっしゃいました。

 次回は、猫にビックリしても
骨を折らないようにしてくださいね。
半導体レーザーを使用した悪性黒色腫(メラノーマ)の治療
 黒色腫(メラノーマ)は皮膚や眼、爪などに発症する悪性腫瘍の1種です。
人では、皮膚に黒い斑点が出ると皮膚ガンといわれる腫瘍と同じです。
 この腫瘍は、発生部位により、悪性度が異なります。
とくに、爪や爪の周囲でできる腫瘍は転移も早いといわれています。
この子は、お年をめしたゴールデンで、以前から腫瘍があり、
術前検査で、肺に転移が認められた口腔内メラノーマです。

 飼主さんには、すでに肺にガンが転移し、残りの人生がそう長くないことを
お伝えしていました。
飼主さんも、お年なので、切り取る手術や、麻酔をかけての手術、
さらに抗癌剤治療を望まれていませんでした。
しかし、腫瘍が大きくなり、食事中も出血するようなり、飼主さんも
このままにしておけないと再度、来院されました。
 
 そのときの写真がこちらになります。
メラノーマ 術前

 このように、直径4cm大の腫瘍が認められます。
病理検査で、悪性メラノーマと診断されており、今後のことを考えると、
大きく切り取ったほうが良いのですが、なるべく、負担をかけずにと
飼主さんからの要望があり、出血をさせずに切り取れる半導体レーザーを使用し
切り取りました。

 術後の同じ部位の写真です。
メラノーマ 術後

 レーザーで腫瘍を止血しながら切り取り、
このように、犬歯が見えるくらいまで小さくなりました。
 現在、腫瘍を持った犬・猫・フェレット・ハムスターが来院されています。
今までのように、すべての症例が、手術をし、切り取ること以外にも
放射線療法、化学療法、減量術、光線力学的療法などが選べる時代になりました。
 
 どの腫瘍に、効果があり、効果がないのか、
それは、腫瘍の特性によりますが、可能な限り、飼主さんに治療の幅をもち
説明、治療をさせていただくように心がけています。

 この子の飼主さんも、痛くないよう、入院が半日で、
さらに、費用も多くならないようにということから、
半導体レーザーでの治療になりました。
 現在は、出血も無く、痛みもなく、元気にご飯を食べれるようなっています。
お話ができない動物なので、ペットのことを一番理解している飼主さんと、
説明、理解、納得をいただき、治療を薦めています。

 
頚椎のヘルニアに半導体レーザーを利用した治療
 犬のヘルニアには、多種ありますが、
最近、本院で頚椎のヘルニアと診断されることが増えています。
 頚椎というのは、首の骨のことで、人と同じ7個あります。
この首の骨と骨の間にある椎間板物質という、緩衝材が
色々な原因で脊髄神経側に飛び出し、神経を圧迫することにより
痛みが生じたり、重症であれば、歩けなくなり麻痺したりもします。

 診断は、通常のレントゲンでは椎間板物質は写らないので、
造影するか、もしくは、CTなどの画像診断を行います。

 この子は、先ほどまで元気に食事もして、遊んでいたのに
急に、動けなくなり、心配されて来院されました。

 すぐに、診せていただくと、前足、後足の両方が動かなくなり、
立てなくなっていました。
 意識などは正常で、脳にダメージがあるようには考えにくいので、
脊髄疾患を疑い、レントゲンを頚椎から骨盤まで撮らせていただきました。
結果は、頚椎の5番と6番の間に問題がありそうと飼主さんにお伝えしました。
 年齢も12歳なので、神経の腫瘍、もしくは、ヘルニアと仮診断し、
痛み止め、ビタミン剤、脊髄の炎症を抑える、好中球エラスターゼ阻害薬を投与し、
さらに、MPSSというステロイドを静脈点滴しました。
 入院1日目に点滴を確保し、立てないときの写真です。

頚椎ヘルニア 処置前.

 2日目に改善の兆しが無いので、飼主さんとCTでの精査をするかどうかの話をしました。
飼主さんは、今後の治療方針、経過、予後が知りたいので、CTでの精査を希望されました。

 CTの結果、頚椎の5~6番の間の椎間板物質が脊髄神経の中央部まで圧迫し、
手術が必要であると思われました。
 飼主さんに手術の必要性の話をおこないましたが、年のこと、
麻酔のこと、持病のことなどから家族会議を開いていただき、
家族全員で手術を行わないということになりました。

手術を行わないと判断される飼主さんは少なくありません。
ヘルニアの手術は必ず、歩けるようになるということも言えない手術ですし、
胸椎・腰椎のヘルニアと比べ、頚椎のヘルニアは難易度も高く、
また、入院期間も長い傾向にあります。
 この子のようにお年をめしてからの、病気の場合、
色々な点で、手術をしないと決断される方もいらっしゃいます。

 飼主さんと、内科療法、理学療法に力を入れることになりました。
内科療法は、MPSSという、ステロイドを利用した治療法と、
好中球エラスターゼ阻害薬という炎症を抑える薬を併用します。
さらに、理学療法では、半導体レーザーを使用した治療法も行います。

 治療後、5日目の状態です。

頚椎 処置跡

 このように、頭を上げれるようになり、自力でご飯も食べ、
排尿も排便も自力で行えるようになりました。
CT画像を見ると、寝たきりになると思われましたが、
何とか、ここまで改善しています。
 現在は、まだ、改善傾向にあるので、理学療法も嫌がらず
させえてくれるので、飼主さんもがんばり、毎日、通院して頂いています。

 現在は、自宅でのリハビリを飼主さんにしていただきながら、
さらに、理学療法で立てるように、病院と飼主さんと一緒に
日々、改善に努めています。

 ヘルニアの手術に踏み切るのは、飼主さんにとっても
大変な決断ですが、手術をしないといけないということではないので
獣医師とよく相談の上、決めて頂くように努力しています。
 
 早く、飼主さんの料理中に、おこぼれをもらえる様に
台所まで歩ける様になると良いですね。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.