新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ハスキーの皮脂腺上皮腫の外科手術
 皮膚に出来る腫瘍にはたくさんの種類があります。
とくに年をめしたワンちゃんは、皮膚に腫瘍が出来ている子が多くいます。

 この子も、当初、飼主さんは、口をかいて出来たカサブタだと思われていました。
実際の状態はこの写真のような状況です。

皮脂腺上皮腫 1

 このように、唇の脇に小さなかさぶた状のものが出来ています。
かさぶたを剥がすと、このように、小さな腫瘍が出来ています。

 皮脂腺上皮腫 2

 この時点で、飼主さんに引っ搔いたために出来た傷ではなく、
腫瘍であるとお伝えしました。
 飼主さんと協議の末、術前検査を行うことになりました。
術前検査とは、手術をする前に、腫瘍の悪性度、腫瘍の名前などを
確定するための病理検査です。
 さらに、麻酔の術前検査もあります。
これは、麻酔をかける前に、麻酔のリスクを知るために
血液検査、胸部レントゲン、心電図を行います。
 この子は、病理検査と、麻酔の術前検査を行いました。
結果は、血液検査、レントゲン、心電図に異常を認めず、麻酔は問題ありませんでした。

病理検査は、麻酔も要らず、メスで腫瘍の一部を切開し、止血し終了するか、
もしくは、バイオプシーガンで、腫瘍を取るか、針で吸引します。
この子の場合は、メスで腫瘍の一部を切り取り、病理検査を行いました。
結果は、『皮脂腺上皮腫』といって、悪性度は低いものの、悪性腫瘍でした。
この腫瘍は、付属リンパ節に転移すこともあるといわれている腫瘍です。
 病理検査の結果を飼主さんにお返しし、今後の治療方針を話し合いました。
飼主さんは手術すると決められており、立会いで手術になりました。

 手術は、皮膚、皮下組織、筋層まで切除します。
また、この子の腫瘍は悪性度が低いこと、また、飼主さんも、
術後の顔を気にされていることから、なるべく、切り取れて、可愛い顔が
変わらないようにといわれていました。

 手術中の写真です。
皮脂腺上皮腫 3

 可能な限り、出血も少なく、かつマージンも取るよう努力しました。
術後の縫合後です。

 皮脂腺上皮腫 4

 手術は麻酔が覚め、覚醒するまで約30分ほどでした。
術後は3時間、病院で点滴を行い、疼痛管理を行い、
夕方には飼主さんと一緒に帰宅されました。

 現在、半導体レーザーで、局所麻酔で腫瘍を焼きとる手術も行っております。
半導体レーザーは悪性の腫瘍の局所療法はできないので、やはり、この子のように、
術前の病理検査で手術の方法、マージン、術後の治療も考えておくのが良いと思います。

 現在は、手術の当日から食欲もあり、元気にされており、
飼主さんも、手術をして良かったとおっしゃっていました。 
スポンサーサイト
猫の心筋症から来る、動脈血管塞栓症の治療
 『心筋症』といわれて、心臓の筋肉が肥大した心臓の病気と
考え付く方は、かなりの猫好きか、もしくは、医学関係者でしょうか。

 この子は、以前から心筋症を患い、投薬治療を長年、行っていた子でした。
数年、問題なく、経過していましたが、急に、後肢が動かないと来院されました。
 飼主さんには、心筋症の合併症として塞栓症を起こすことも伝えていました。
さらに、本院では、血栓塞栓症を誘発しやすい疾患の場合、
必ず、血栓予防薬を併用しています。
この子も、以前から予防のために、血栓予防薬を飲ませて頂いていました。
しかし、動脈に血栓が詰まってしまいました。

 動脈血栓塞栓症の一番の症状は、後肢が動かない、冷たい、
肉球の色が悪い、触ると痛がるなどの症状があります。
 この子も、すべての症状が出ていました。

 これは、血栓溶解剤を入れる前です。

 猫の血栓症1

飼主さんに、血栓溶解作用のある薬が病院にあるので、
血栓を溶かす事を薦めました。
 それ以外の治療法は、無いとも言われています。
以前は、外科的に血栓が詰まった部分の血管を切り開いて、
血栓物質を取り除くこともされてきました。
しかし、現在は、予後が悪いことから、薦める獣医師は少なくなっています。

 飼主さんに、了解を得て、すぐに血管内に血栓溶解剤の点滴を始めました。
血管内点滴は1日かけてゆっくりと流しています。
痛みなどは伴いませんが、本人は、退屈でしょうね。
 点滴を始めて1日後の状態です。

 血栓症

 この子は、入院を始めて、翌日に退院となりました。
退院時には、ある程度、歩ける状態に戻りました。

 現在、心筋症から来る、血管塞栓症は、予後が悪く、
とくに、内科療法で改善しても、血流障害から肢が壊死したり、
死に至ることもあると言われています。
 本院でも、猫の心筋症の患者さんには、とくに、血栓溶解剤の服用を勧めていますが、
それでも、血栓ができることがあります。
 血栓塞栓症は、いち早い、治療で、改善することもあるので、
おかしいと思われたら、すぐに、検査、内科療法をお勧めしています。

 この子も、腎臓病、脊髄疾患、心筋症、甲状腺機能亢進症を患い、
飼主さんも、大変ですが、なんとか、1日でも長生きをさせようと
日々、努力されています。

 本院でも、いつでも、血栓溶解を可能にするために、
随時、溶解剤などの心臓関連薬を常備しています。

 まずは、疲れやすい、年をとったのに、異常に元気、
などの症状があれば、まずは、聴診からお勧めしています。
超小型犬の創外固定治療
 生後、6ヶ月のポメラニアンが急患で来院されました。
症状は、左前肢を痛がり、着かないということでした。

 診察すると、左前肢を挙げて3本足で歩いています。
また、痛がる足は腫れています。
骨折を疑い、レントゲンを撮影しました。
 
 その際の写真が、この写真です。

 骨折 術前検査

 前足の腕の部分が折れています。
この部位は、小型犬に多く見られる骨折です。
 治療は、手術が基本といわれており、ギブスなどの外固定では
治らない場合が多いように思えます。
ギブスなどの外固定で治らないと、転院されて来られる場合もあります。

 飼主さんと、手術の方法、金額、メリット、デメリットをお話し、
創外固定と手術法を選択されました。
 創外固定は、ここ数年、このような小型犬に多く行われるようになった手術です。
超小型犬は、ヨーキー、プードル、ポメラニアン、チワワと体重が1~3kgのワンちゃんです。
この子も2kgと小さく、飼主さんはかなり心配されていました。

 今までの手術は、ピン、プレートなどがありましたが、
ピンも、プレートも良い部分も多い反面、術後の固定力、また、
再発に問題が多いのも、実情でした。
 ピン固定は、安定力では、かなりの不安が残りますが、
手術代金が安いのも実情です。
 プレートは、固定力が強いことは良いのですが、プレートを外すために、
再手術が必要になります。
 上記の手術の良いところを入れて、さらに、マイナスであった部分を
少なくするのが、創外固定です。

 こちらは、術中写真です。
骨折部位を境に、合計6本の創外固定用のピンを入れています。

 骨折 術中1

 6本のピンを骨の真ん中に挿入し、そのピンをSKクランプで固定します。
このSKクランプは、かなり強力に固定できます。
 皮膚を縫合した状態です。

 骨折術中2

 創外固定は、約1~2ヶ月で骨折は治療し、その後、鎮静下で
ピンを抜くだけなので、プレートのように、皮膚を切ることもありません。

 本院では、現在、すべての手術法を選択できるようにしています。
手術代金、手術時間、治癒期間、その子の運動量などをお聞きし、
最終的に飼主さんと、ワンちゃんに適応した手術法を選んでいただきています。

 今後、この手術法が、前足の骨折、とくに、小型犬の手術法として
確立されていくと思われます。

 この子は、夜に手術を行い、翌日の夕方には退院となりました。
飼主さんも、かなり早い退院だったので、心配されていましたが、
自宅に帰宅してから、食欲も元気もあり、安心されたようでした。

 飼主さんは、手術という、痛い思いは1回のみで、また、再手術なども
かわいそうということで、創外固定を選ばれていました。
術後は、約3~7日後には折れた足を着く子が多いので、
元気すぎて、肢を着くことをを心配されていました。

 退院後のワンちゃんは、とても元気にしており、
痛み止めも必要ないと言われるくらいに改善していました。

 入院、手術から退院まで24時間も無く、ワンちゃんにとってもストレスも無く
痛みも少なく、帰宅され安心しました。

 ソファーからのジャンプは、ほどほどにしてくださいね。
果物の種
 異物といって、食べて欲しく無いものを食べるのが、犬・猫・フェレットです。
とくに、犬のなかでもダックスは異物大魔神とあだ名を付けるくらい、よく食べて来院されます。
この子も、今までに、竹串、電池、ヒモ、チョコレートとまさに、異物大魔神です。

 今回は、飼主さんが食べていたビワの種を食べた、吐いていると来院されました。
早速、腸閉塞になっていないかを確認のためレントゲンを撮るも、
腸閉塞になっておらず、胃の中にあることは確認できました。
 飼主さんと、相談になります。

1、お薬、注射などの催吐剤を使用し、吐かせる。
2、内視鏡を使って取り出す。
3、このまま様子を診ながら、自然と便になって出て来るのを待つ。

 この飼主さんのワンちゃんは、今まで上記の3つをすべて行っているので、
飼主さんも、即断されました。
「1でお願いしします」と。
 飼主さんの前で、催吐剤を投与し、吐かせますが、何度、吐いても食事と
胃液のみが出てくるだけで、種は出てきません。
 
 再度、飼主さんと相談し、種の大きさから、様子を見ることになりました。
ここで、問題があります。
 腸に詰まる、腸閉塞は異物の大きさに関係しているのか?
確かに、大きさは関係しますが、今まで、12kgのコーギーが、
リップクリームのキャップを詰まらせ、腸切開を行ったこともありますし、
5kgのヨーキーが、もっと大きい、種をウンチで出したこともあるので、
一概に、大きさと関連はあるとは言えないかもしれません。

 この子の食べたビワの種は、このくらいでした。

びわの種

 直径2cmくらいでしょうか。
このサイズでも腸に詰まることはあります。
 この子は、この後、1日に何度も吐き、食欲もないと来院されました。
超音波検査では腸閉塞を確認できないので、再度、飼主さんと相談し、
もう少し様子を見ることになりました。
 
 種を食べてから、10日後に無事、お尻から出ました。
異物は、結果、次第の部分もありますが、
やはり、その子の状態と飼主さんの心配度で決めるのが良いのでしょうね。

 まずは、飼主さんから安堵の声が聞かれて良かったです。
飼主さんは、10日間、とても、つらい日々だったと思います。
 無事に、出てきてくれてよかったですね。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.