新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

コーギーの肝臓ガンの外科手術
 肝臓ガンと聞くと、良いイメージは無いとと思います。
犬の場合も、抗がん剤に効果が無かったり、取り難いガンもありますが、
小さいな内に、それも早期に切除できれば、予後は良いと言われています。
 この子は、以前から肝臓の値が悪く、飼主さんに検査を薦めていたコーギーです。
 
 先日、体調が思わしくないと来院されました。
念のため、血液検査を行うと、以前の結果より悪化していました。
飼主さんに、肝臓の数値が高い理由を見たいので、超音波検査と
レントゲンを薦め、承諾いただき、検査を行いました。

 レントゲンでは、特に以上を認めず、超音波検査では異常が認められました。
その際の超音波画像です。
 
 肝臓がん 超音波

 このように、肝臓がんは、
レントゲンで、特に異常が認められなくても、
超音波検査では異常が認められます。
 超音波検査と同時に、針生検という、病理検査を行い、
診断をつけます。
診断の結果は『肝臓がん』でした。
 飼主さんに結果をお返しし、手術を行うか、内科療法で経過を観察するか相談しました。
飼主さんも、かなり悩まれ、手術を希望されました。
手術に当たり、術前検査を行います。
 特に重要なのが、凝固系検査です。
肝臓に異常を認める子は、多くの場合、血液が止まらなくなる、
『凝固障害』が少なくありません。
 この凝固障害はガン・外傷・肝臓病・子宮疾患などで多く認められます。
この子は、検査の結果、障害はなく、手術となりました。
 手術後のお腹の中です。

肝臓がん 腹内

 肝臓の半分を切除したため、このように、大きな空洞になっています。
取り出した腫瘍は、外側左葉です。

 肝臓がん 病理

 術後は、2日間入院します。
手術の翌日から食欲があり、排便排尿も問題ないくらい元気にしていました。
術後、面会にいらした飼主さんも、寝られない位、心配だったようですが、
術後、元気に飼主さんを出迎え、さらに、すぐい食欲に喜ばれていました。
 肝臓がんは高齢で発症すること、また、無症状なことが多いこと、
さらに、手術に技術が必要なことから、何もしない事も少なくありません。
肝臓がんはガンの中でも進行が遅いことから、手術をしない方もいらっしゃいます。
 手術がベストではないのですが、治療の選択肢に手術を入れても
良いのでは?と考えさせられた子でした。

  現在は、とても元気で肝臓の数値も改善し、
飼主さんも喜ばれています。

 
スポンサーサイト
半導体レーザーを使用した避妊手術
 4月から半導体レーザーという、新しい手術器具を導入しました。
この器具は、今までの手術で使用していた器具とは別に、シールディングという
止血しながら、切り離すことが可能になりました。
 今までの手術では、糸で結び、切り離し、止血を行うのが、
半導体レーザーを使用すると、上記の3つの作業が1回で終了します。
その分、手術時間の大幅な短縮が出来ます。
 また、このシールディングは糸を使用しないということが
注目されています。
 ダックスに多発するといわれている、縫合糸反応性肉芽腫という
病気があります。
この病気は、以前のブログにも掲載しておりますが、
避妊手術のとき、子宮や卵巣を切り離す際に、糸を使用しています。
この糸はどうしても必要な糸です。
この糸には、吸収糸(単層、編糸)、非吸収糸(ナイロン、ワイヤー)などがあり、
使用する糸は各病院により異なります。
 この糸に、体の免疫が反応し、肉芽が形成され腫瘤となります。

肉芽腫 開腹 1

 この子は、数年前に他の病院で、避妊手術を受け、その際に使用した糸に
反応し子宮頚部で腫瘤になったダックスです。
 膀胱にも癒着し、糸と同時に膀胱の一部も切り取らざるを得ない子でした。

 本院でも、4月までは、PDSという、単層の吸収糸を使用し
子宮などを結んでいましたが、この症例を見て以来、心配になり
半導体レーザーを導入しました。

 手術のときは、このように、子宮の根元を半導体レーザーで挟みながら
シールディングを行い、止血と同時に切り離します。
 
 半導体レーザー 避妊

 このシールディングにより、今まで使用していた糸での縫合が無くなり、
体への負担も軽減し、肉芽腫になることを減らすことが出来ます。
また、手術時間の短縮にもつながるので、動物への負担、麻酔のリスクも軽減できます。

 今後、皮膚のイボの切除、緑内障の治療なども可能になります。
また、椎間板ヘルニアの術前、術後の理学療法にも使用できます。

 現在、動物医療では手術のリスクより、麻酔のリスクのほうが高いことが多く、
麻酔の時間、量の短縮になるので、動物、飼主さんにも喜ばれています。
また、縫合糸による、異物反応や、肉芽腫といった症例が軽減が出来ればと考えています。
猫の腎不全から緑内障を併発し眼球摘出
 猫の腎不全は7歳以上の猫の30~40%が罹患していると言われています。
腎不全になると、高血圧になることも知られています。
 この子も、以前から腎不全と診断し、治療を薦めていました。
しかし、腎不全の初期は飼主さんも症状が無いので、
気づいてあげることが出来ず、進行していることが少なくありません。
 ある日、飼主さんが、右目が赤いと来院されました。
超音波検査で、網膜剥離が確認されました。
猫の高血圧から網膜剥離が起こることは良くあります。
 この子も、高血圧からの網膜はく離で、飼主さんには
治ることは難しいとお伝えし、今後の方針をお話しました。
 治療の結果、眼の赤いのは治り、飼主さんも喜ばれ、治療は終了しました。

 また、飼主さんが、ビックリされて来院されました。
眼が閉じなくなり、涙が止まらないと、早速、診察すると
続発性の緑内障で、眼圧が51mmHgとかなり高眼圧になっていました。
正常の眼圧は10~20mmHgで、この子は眼圧が上がり、眼が閉じれなくなっていました。

猫の眼球摘出前

高眼圧の治療は、眼圧があがることにより、網膜や視神経に障害を誘発し
視覚がなくなることを予防するために行われます。
 点眼薬、内科療法、角膜穿刺などがあります。
この子は、内科療法、点眼薬を行いましたが、眼圧は戻らなく、
さらに、眼が閉じれないので、角膜にも障害が出てきました。
 網膜はく離で、視覚が障害されていること、角膜も障害があることから
レーザー治療、シリコンボール、薬液注入も選択に入りません。
 飼主さんには苦渋の選択をお願いいたしました。
それは、眼球摘出です。
本院では、現在、緑内障の治療にはシリコンボール、レーザー治療、薬液注入法で
問題なく、治癒していますが、この子の場合、視覚が傷害されていること、
角膜にも障害がることから、選択の余地はありませんでした。

手術は、高血圧の子なので、術前から点滴、静脈内注射などで、
心臓、腎臓の様子を見ながら、麻酔を始めます。
 手術中も血圧には気をつけながら、細心の注意を払いながら手術を行います。
手術自体は、難しい手術では無いので、可能な限り、出血に気をつけて
麻酔時間を少なくする努力を行い、無事、予想時間より早く、手術は終了しました。
 術後は、眼瞼縫合を行い、このようになります。

 猫の眼球摘出後

 術後は痛みをコントロールすること、また、血圧のコントロールのため
1泊入院となります。
 翌日の朝、手術を病院内でお待ちいただいた、飼主さんが来院され
無事、一緒に帰宅されました。

 手術後は、可能限り、自宅での治療を行い、1週間後に抜糸を行い、
今後は、もう片方の眼の緑内障の予防と、腎不全、高血圧の治療に専念していただきます。
 この子のように、高齢で、腎不全、心不全、高血圧のある子でも、
飼主さんと相談のうえ、手術も可能であることが少なくありません。

 しかし、麻酔・手術は完璧なものが無いのも事実です。
獣医師と飼主さんと納得の行くまでお話をし、決められることが大事なのでしょうね。
 
 まだまだ長生きしていただき、飼主さんが安心されて生活できるとよいですね。
ゴールデンの脳腫瘍
 発作、てんかん、ケイレンなど、日々、神経障害に苦しむ患者さんを診察しています。
今までの動物医療では、そのような神経症状の診断を付けることは容易ではありませんでした。
しかし、ここ数年、画像診断が進歩し、格段に診断、治療まで行える状況になっています。
 この子も、その恩恵にあずかり、よくなった1例です。

 12歳のゴールデンレトリバー、以前から皮膚に腫瘍が出来ては手術を行い、
病院にはよく来院されていた子です。
 今回は、発作のような症状が続き来院されました。
ラブラドール、ゴールデンは脳疾患が多く、特に高齢でのテンカンや発作、神経症状は
脳の腫瘍なども多く見られるようになっています。
 以前は、犬猫の脳腫瘍は治らない病気とされてきました、
しかし、ここ数年、動物の脳神経外科は進歩し、手術もかなり行われています。
この子も、MRIを行い、脳腫瘍と診断され、開頭手術を受けました。
 術後、2ヵ月後の様子です。

 脳腫瘍

 このように、術後はきれいに顔も戻り、元気にしています。
現在は、抗がん剤を併用し、まだまだ元気に過ごしています。

 脳腫瘍を、見つけるためには、MRIなどの検査が必要になります。
MRIは約7万くらい、かかる検査なので、おいそれと行けないと思いますが、
可能であれば、早期発見、早期治療が望ましいので、神経学的検査を行い、
身体検査、血液検査、レントゲンなどで、脳以外の病気を除外してから
検査をするほうが良いでしょうね。
 MRI検査は約1~2時間かかることもあるので、事前の検査は重要になります。

 本院では、月に何例もCT,MRI検査を行っていただくので、
事前の検査がとても重要です。
 CT,MRIは犬猫に大きな影響を及ぼさないのですが、
麻酔をかけないと、検査が出来ないので、麻酔に耐えれるかの検査が必要不可欠です。

 脳腫瘍、鼻腔内腫瘍の症例が増加しています。
犬猫も人と変わらない医療に入って来たのかもしれません。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.