新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ウサギの大腿骨の複雑骨折の整復術
 ウサギさんの骨折は良く診る疾患の1つです。
この子も事故で太股の骨(大腿骨)を複雑骨折されてきました。

 すぐに、身体検査を行い、他の病気が無いことを確認し、
大腿骨のレントゲンを撮影しました。

ウサギの骨折 X-RAY1

 肢を横から撮影するとこのように、骨が複雑に骨折しているのが分かります。
また、縦の状態からレントゲンを撮影すると、

ウサギの骨折 X-RAY2

 このように、やはり、骨が砕かれているのが分かります。
飼主さんに大腿骨の骨折があること、また、その骨折は複雑骨折であることを伝えました。
大腿骨の単骨折は良く診ますが、複雑骨折は多くありません。
 この場合、いわゆる、外固定(ギブス)は骨折部位と、複雑骨折であることから難しく、
手術が必要と思われました。
 ウサギの骨は、鳥の骨と似ていて、外側は硬く、中は空洞になっているような骨です。
軽くて、壊れやすいの特徴です。

 飼主さんと手術法を相談しました。
1.プレート法
2.創外固定法
3.ピンニングとワイヤー法

 1.プレート法は複雑骨折の際、とくに、ウサギさんでは、かなり難しい手術になります。
  また、プレートを外す手術も必要になるため、2回の手術が必要になります。
 2.創外固定法は大腿骨という場所により、難易度が上がります。
 3.ピンニングとワイヤーはウサギさんの大腿骨には、アプローチしやすく
   再手術が必要ないのでこの方法を選択しました。

 手術前に、血液検査、レントゲンを行い、麻酔のリスクを確認しました。
また、飼主さんと術中、術後の注意点をお話を行い、承諾を得ました。
 手術は、血管確保を行い、前麻酔、吸入麻酔で導入し、骨の整復を行います。

 手術は、筋肉と筋肉の間、筋層を切開していき、骨折部位にアプローチします。
レントゲン写真の骨折部分と同じように、骨は粉々に砕けていました。
術中写真は掲載できないくらいの状態だったので、術後の写真を掲載します。

 ウサギの骨折術中

 このように、骨がかなりのパーツに分かれて折れていたので、
ピンで骨をまっすぐにし、さらに、割れた骨片をあわせて、可能な限り
元の状態に戻しました。

 術後の写真は、このように、ほぼ、元の状態に戻りました。
 ウサギの骨折術中 1

 ウサギの骨折 X-RAY3 術後

 術後はとても元気で、翌日には、外固定を行い退院されました。
術後の外固定は、ロバートジョーンズ包帯を行いました、しかし、
術後の元気のあまり、自分で包帯を解いて来院されました。

 現在は、食欲もあり、元気にされています。
飼主さんは、元気すぎて心配だと困惑されていました。
術後は、外固定を気にして、かじるくらい元気ですが、
元気すぎて、ハラハラしていますが、飼主さんも元気になられて良かったですね。

 ウサギの骨折は、とてもデリケートな手術が必要となり、
また、手術法、固定法なども難しいと言われています。
 飼主さんと、獣医師と連携して、取り組む必要のある疾患でしょうね。
スポンサーサイト
モルモットの膀胱結石の外科手術
 ウサギ、モルモット、フェレットを飼われている方の来院が増えています。
東京などでは、エキゾチック動物専門の病院もあり、また、ウサギ専門の動物病院もあるようです。
 北海道では、まだ専門の病院は、鳥、猫の病院があるだけで、エキゾチック専門の病院はありません。

 本院も専門の動物病院ではありませんが、ここ数年、診察希望の方がいらしています。
この子は、4歳のモルモットで、血尿と、食欲不振があり、来院されました。
 血尿の子は、おトイレに何度も行くので、初診時、尿検査が難しいのですが、
4歳のモルモットが血尿で、かつ食欲不振なので、レントゲンを行いました。

モルモットの膀胱結石 X-RAY

モルモットの膀胱結石 X-RAY2

 モルモットの膀胱結石には、
炭酸カルシウム
リン酸カルシウム
リン酸アンモニウムマグネシウム。
シュウ酸カルシウム
上記の4種類が報告されています。
 
 膀胱結石の手術は、術前に、血液検査を行い、
当日は、点滴を行い、吸入麻酔を行い、お腹を開けて、
膀胱を結石のサイズだけ、切り、結石を除去します。
 膀胱を切開した際の写真です。

モルモットの膀胱結石 術中

 指で挟んでいるのが、膀胱です。
モルモットの膀胱はとても小さいのがわかると思います。
 
 モルモットの膀胱結石 術中 2

このように、モルモットは体が小さいので、これくらいの結石でも痛みがあり、
血尿になるようです。
 膀胱から結石を摘出し、吸収糸で縫合し、翌日には退院となります。
皮膚は、これくらい切開しています。

モルモットの膀胱結石 術中 3

術後は元気にしており、午後には飼主さんが面会に訪れ
元気に、動き回り、食欲もあることにビックリされていました。

退院は、翌日になり、食欲もバリバリあり、
動き回るのを見て、安心され帰宅されました。

 膀胱結石の分析結果は『炭酸カルシウム』でした。
構成成分の98%以上が炭酸カルシウムだったので、
今後の治療は、食事療法のみになると思います。

 700gしかない、モルモットの開腹手術でしたので、
飼主さんもかなり心配されていましたが、術後から元気で、食欲もあったので
安心されていました。
 抜糸も、無事、終わり、すこぶる順調にすごされています。
半導体レーザーを利用した去勢手術
 現在、動物医療は日に日に進歩し、人の医療に近づいています。
本院でも、手術に関して、また治療に関しても新しい技術、医療を取り入れています。

 今回、半導体レーザーを利用した、手術法を紹介します。

 犬、猫の去勢手術は今まで、ほとんどの病院で行われている
縫合糸を使用した手術法を行っていました。
これまでの方法で、何か問題が生じているわけではなく、
今までの手術法より、早く、正確に、体に異物を残さない方法があるため、
本院でも取り入れてみました。

 その方法は、半導体レーザーといって、
レーザーを使用した手術法です。

 今までの手術法では、吸収性の縫合糸を使用し、精管、血管を結んでいました。
その部分を、レーザーを使用し、縫合糸を使用せず、シールディングといって
糸で結んだ状態を作り上げます。

 これは、今までの吸収糸を使用した手術法です。

 半導体 去勢 結

 このように、糸で結ぶ方法です。

 半導体レーザーを使用することにより、
糸で結ぶことと、止血することを1回で行うようになります。

半導体レーザー 去勢後

 レーザーを使用すると、手術による、糸で結ぶことをしなくなるので、手術の時間の短縮になります。
また、糸への体の反応もなくなります。
 今まで以上に、手術に対する、麻酔の時間の短縮も可能になり、
体への反応も少なくなります。

 現在、避妊、去勢などの手術も、本院では
半導体レーザーを使用し、手術時間の短縮、もしくは、
糸などの副反応を起こすものを使用しない手術を行っています。

 飼主さんも動物も、なるべく早く手術が終わり、
麻酔時間が短くなることは、みんなが幸せになれますね。


 


 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.