新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ペキニーズの3椎間にまたがった椎間板ヘルニア
 ペキニーズ、Mダックス、Fブルドッグ、と骨の形が
少し変わった犬に椎間板ヘルニアは多く発生します。
 この子も、1歳の時から腰に痛みを感じ、来院されては、
内科療法を行い、痛み無く歩けるようになり、飼主さんも安心されていました。

 論文的には、ヘルニアを起こし、内科療法を受けた犬の約半数が再発することから、
飼主さんには、腰に負担のかかること、特に、ソファーの上り下り、階段の上り下り、
また、フローリングなどの滑りに気をつけてくださいと、お話していました。

 2歳になり、急に朝から元気がなく、動かないと来院されました。
神経学的検査で、胸から腰にかけて異常が認めれらることから、レントゲンを撮らせていただき、
すぐに飼主さんとレントゲンを確認しました。
 胸椎の13番目から腰椎の3番目までの骨と骨の間が狭く、ヘルニアを疑う所見でした。
神経学的検査、レントゲン、犬腫などから、椎間板ヘルニアを疑い、内科療法である、
エラスポールという、好中球エラスターゼ阻害薬を開始し、内科療法での改善を試みました。
 2日後には、かなり元気になり、、飼主さんと相談し、このまま内科療法を進めました。

 2週間後、「今日は座ることも出来ないくらい、痛そうにしている」と飼主さんが
心配そうな顔で来院されました。
 ワンちゃんを見ると、痛いのか、震えながら、こちらに訴えてきました。
神経学的検査では、やはり、前回の場所に問題があり、かなり痛そうにしています。
飼主さんのほうから、すぐに、手術をして欲しいとお話がありました。
実は、飼主さんも椎間板ヘルニアを患い、手術をしたとお話がありました。
 すぐに、CTでのヘルニアの確認を行い、画像専門医から、「先生、大変ですね」と。
何故、大変かというと、術中の写真から説明します。
 これは、術中の写真です。

 3椎間のヘルニア除去前
 
 普通、椎間板ヘルニアというのは、1箇所の椎間にヘルニアが出ることが多いのですが、
この子は、3箇所にまたがり、ヘルニア物質が出ていました。
 最近、この子のような多発性の椎間板ヘルニアが多く発生しています。
この子は、さらに、2歳と若く、通常、ヘルニアというのは、
 3~4歳以上に多く発生すると言われています。
 初発が1歳で、手術時の年齢が、2歳と若く、さらに、内服薬の効果が現れないことから
飼主さんのご希望で手術になりました。

 \3椎間のヘルニア 除去後


術後はこのように、圧迫していた椎間板物質がなくなり、
きれいな脊髄がのぞいています。

 現在、整形外科では、胸腰の椎間板ヘルニアの手術適応は、
G3以上、もしくは、G2で痛みが継続する子になっています。
 本院では、最近、G2の手術例が多くなっており、
飼主さんからの手術希望が増えています。

 この子は、手術中、飼主さんも立会い、ヘルニア物質が取り除かれる前と
除去した後の脊髄を確認していただき、1時間半の手術は無事、終了しました。
 手術後、翌日から歩くことができ、2日後には歩いて退院となりました。

 術後は、自宅でリハビリを行っていただきます。
リハビリ法は飼主さんにしっかりと、勉強していただき、
帰るや否や、リハビリが飼主さんとワンちゃんに待っています。

 現在、椎間板ヘルニアの手術は、手術の時期と、術後のリハビリが重要と言われています、
特に、術後のリハビリは人と同じように、その子の一生を左右するほど重要です。
昨年、世界的に有名なリハビリの権威が日本に来られました。
その際、セミナーでリハビリをしっかり出来た場合、出来なった場合で、
術後の改善の差はかなり違うと言われていました。

 この子の場合、術後から歩けるようになり、術後の状態はかなり良かったのですが、
それでも、しっかりとリハビリをするようにしています。
 G2でも早期に手術が出来ると、術後の歩き方、後遺症もなく、
飼主さんも喜ばれています。
手術の時期は、飼主さんの希望、CTなどの画像診断、臨床症状、
薬の効果などを踏まえ、決断するとよいでしょうね。

 現在、この子は病院に歩いてこられて、
元気に痛みもなく、過ごしています。
 3椎間にまたがるヘルニアで、手術も大きく皮膚を切ったので、
傷のほうは痛々しいでしょうね。
 でも、痛みのない生活が出来て飼主さんもワンちゃんも喜ばれています。


 
スポンサーサイト
猫の肛門腺 膿瘍の手術
 犬にニオイ袋があるのは、かなり知られています。
しかし、猫にあるのはあまり知られていません。
理由としては、トリミングに出すことが少ないことにより、
病気が見つかりにくいこと。
また、今まで猫での発生が少なく、雑誌などにも掲載されていないことで
飼主さんの耳や眼に情報が入ってこなかったこともあるかも知れません。

 最近、犬の肛門腺の病気より、猫の肛門腺の病気の子の診察が増えています。
また、再発率が高くなっているのも最近の傾向かも知れません。

 この子も、何度も肛門腺が自潰し、治癒を繰り返しています。
何度も繰り返すので、飼主さんのほうから手術をお願いされました。
 手術は、肛門腺と周囲の炎症組織を切除します。
術前はこのように、肛門の左側に膿が出てきて、毛にも付着する状況です。

   手術する前に、術前検査を行い、事前に点滴を流し、うつ伏せにして
肛門周囲の毛を刈り、しっかりと消毒します。
 毛を刈った状態がこの写真です。

  猫の肛門腺 膿瘍 術前 毛刈り後

このように、肛門腺の周囲が炎症を起こし、皮膚が潰瘍になっています。
肛門腺を除去し、さらに、潰瘍状になっている部分を切除し、縫合します。
縫合後の状態です。

猫の肛門腺 膿瘍 術後

 この子は両方の肛門腺を切除し、潰瘍状になっている部分が30分、
正常な肛門腺の切除が10分で合計40分で手術が終了し、当日の夕方に帰宅されました。
通常の肛門腺の切除であれば、両方で10分で終わる手術です。

 術前検査で腎不全が見つかり、さらに、12歳と高齢で、
飼主さんが心配されていましたが、術前から飲み薬をはじめ、術前にも
静脈点滴を行い、手術は終了しました。

 このように、犬・猫にかかわらず、肛門腺の異常を示す子は多くいます。
その中でも、手術までいく子は少ないのが現状です。
しかし、中には再発を繰り返し、飼主さんの希望で手術になる子もいます。
 手術が必要か、必要でないかは担当の獣医師と相談していただくと
良いかも知れません。

 飼主さんは、術後、ウンチも出るし、思ったほどお尻を気にしないので、
安心されていました。
 何回も、肛門腺が破裂し、痛い思いをしていたので、
これで、破裂もないし、痛みも無くなるので良かったですね。



 
ダニの季節到来
 日に日に暖かくなり、散歩の機会も増えてくると、
飼主さんから、ダニかも・・・。と来院、電話が増えます。

 早い子は4月17日にダニが散歩中に首に付いたと来院されました。
ダニは、昆虫のクモなどの仲間で、越冬し、春になると、雑草や、草木の中に暮らし、
散歩中のワンちゃんや、ネコ、人に熱を感じ取り、飛び移ります。
飛び移った先でセメント状の物質を皮膚に入れ、寄生動物から取れないようし、
吸血を始めます。
吸血は、2~3日行い、寄生動物から離れます。
その後、メスは、数千の卵を産みます。
 これは、先日、本院第一号のダニです。

ダニ

 ダニは無理に取ろうとすると、顎の部分からはずれ、体の一部が体に残ることが知られています。
無理に取らず、獣医さんに任せるか、予防が重要と思われます。

 また、最近の報告では、北海道でもダニが媒介する『バベシア』と呼ばれる原虫が
犬に寄生し、貧血を起こし、志望するケースもあります。
 本州では、ダニの寄生よりも、バベシアの寄生を気にする獣医が多いようです。
本州で勤務医を行っていた際も、ダニの寄生の後、血液検査を行い、
バベシアの寄生を確認していました。
 まだ、千歳での寄生例は報告されていませんが、苫小牧のほうでの
バベシアの寄生の報告があるようです。

 寄生して、治療するよりも、寄生しない予防が重要なので、
散歩の後のブラッシングが一番、重要であると思われます。

 まずは、散歩後のケアをお願いします。
事故による大腿骨の遠位端骨折の外科手術
 事故による骨折は猫より犬に多く発生します。
本院でも事故による骨折は犬のほうが多い傾向にあります。
 この子は、事故といっても交通事故ではなく、飼主さんが
しつけていて、その声にビックリしてソファーから落ちて骨折した子です。

 病院には、様子を診ていたけど、なかなか治らないので心配で来院されました。
診察室に入る前から、後足を上げて痛そうに入ってこられました。
診察をさせて頂くと、既に上げている肢は腫れてきており、かなり痛そうです。
飼主さんに、これだけ腫れていること、また、様子を見ていて悪化していることから
骨折の疑いが強いことをお伝えし、レントゲンを撮らせていただきました。
 レントゲンの結果、このように太股の骨(大腿骨)の骨折を認め、
飼主さんに、治す方法をお伝えしました。

 大腿骨 骨折 手術前

 骨折の位置が膝関節に近いこと、大腿骨であること、
関節の動きに制限がある場所であることから、手術法を何通りからお話いたしました。
 手術法は、
1.ピン固定法(髄内ピン)
2.クロスピン
3.プレート固定法
4.創外固定
などがありますが、現実的には1.2が有用と考えられます。

 飼主さんと相談の上、1の固定法は骨折の場所が関節に近いため、
十分な固定力が望めないことから、1と2を組み合わせた方法を選択しました。

 大腿骨 骨折 手術中

手術は無事、終了し、翌日に退院としました。

大腿骨 骨折 手術後

 このように、3本のピンをクロスに挿入し、骨の回転を抑制します。
この手術は関節の中からピンを挿入するため、術中の感染、術後の感染にも
最大の予防を行い、行われます。

 予定では、術後、2ヶ月でピンを抜き、リハビリを行う予定です。

 若い子なので、早く元気に走れるようになると良いですね。
若い猫の子宮蓄膿症
 子宮に膿が溜まる病気を子宮蓄膿症といいます。
イヌ、ネコ、ウサギなどに多い病気で、月に何度か手術を行っています。
 さらに、子宮蓄膿症は中高齢の犬猫に多く発症し、
平均7~8歳から多くなると言われています。
 しかし、たまに、この子のように1歳と若い子もいますが、
とても珍しく、変わったタイプです。

 この子は、飼主さんが、発情が続くので心配で来院されました。
猫の発情は2週間近く、続くので長いと感じる方もいますが、
ほとんどの子で2週間近く発情が認められます。

 飼主さんに、2週間以上続いているかとお聞きすると、
そうでもないとのことでした。
しかし、飼主さんが心配されているので、超音波検査を行いました。
犬や猫の子宮はかなり大きくならないと、レントゲンでは写らないので、
本院の超音波を使用し検査を行いました。
 超音波検査では、軽度に拡張した子宮が確認されました。
しかし、子宮蓄膿症と判断するには、発情中の子宮も拡張するので
確定診断にはいたりません。
 飼主さんと血液検査を行うか、それとも経過を観察するか相談しました。
経過観察を選択され、抗生剤の投与を行いました。
しかし、やはり心配で再診されたので、再度、超音波検査を行い、
子宮蓄膿症と診断し、その日の夜に緊急手術を行いました。
手術には飼主さんも立ち会われ、大きく拡張した子宮、腹水も軽度、溜まっていました。
 手術は、問題なく終了し、2日後に退院となりました。

ネコの子宮蓄膿症

立ち会われた飼主さんも、自分のネコのお腹の中を見て、さらに、
大きく腫れている子宮を確認されてびっくりされていました。

 術後はすぐに食欲もあり、元気になっています。
また、傷口もきれいに治っており、飼主さんも喜ばれていました。

 どれくらい大きな子宮かというと、同日、避妊手術をした子の
子宮・卵巣があったので、比較してみます。

ネコの子宮蓄膿症

 このように、正常と比べるとかなり大きくなっているのが分かると思います。
子宮蓄膿症は、ほとんどの場合、中高齢の子に発症するので、
若い子での発症は早期に見つけにくいといわれています。
 早期発見には、超音波検査が一番有用だと思われます。

 この子の飼主さんも、発情が続いているものと考えていたようで、
手術と聞いてかなりびっくりされていましたが、立ち会っていただき、
実際、見ていただき、手術が無事終わり、安心されて帰宅されました。

 今後は、太らないように気をつけるとおっしゃっていました。
無事、手術が終わり、良かったですね。

 


 
イヌの子宮粘液症の外科手術
 避妊をしていないイヌには子宮、卵巣に病気を持つことが知られています。
特に、中高齢を過ぎたイヌに発症することが多いと言われています。
この子も、子供を取る予定で、避妊をせずに来られたようです。
 でも、6歳を過ぎ、子供を取る機会が無くなり、飼主さんが
子宮・卵巣の疾患を気にされて、避妊をすることに決め来院されました。

 すぐに、健康診断を行い、レントゲン検査、血液検査などを行い、
特に異常は認められず、手術の日程を決め、当日になりました。

 手術前も、飼主さんから特に変わったことは無いと、お話を受け、
麻酔に入りました。
 お腹を開けると、子宮を探しますが、通常の部位に無く、心配していると、
腸管の様な形をした、子宮が認められ、子宮粘液症と診断し、飼主さんと
すぐに連絡を取りました。
 
 子宮粘液症

 飼主さんは、命に別状がないならすべて取って欲しいといわれました。
また、通常の避妊に比べ、切開が大きくなることも了承していただき、
手術を無事、終えました。

 子宮粘液症とはプロゲステロンというホルモンの生理作用により、
子宮内膜が過剰に増殖してしまうのが、子宮内膜過形成と呼ばれるものです。
この病気は、不妊の原因になったり、子宮粘液の増加をもたらします。
あまりに増加しすぎた子宮粘液が、子宮内に貯まってしまった状態を、子宮粘液症といいます。
 この状態に、細菌が混入すると、子宮蓄膿症になり、命を脅かす病気になります。

 この子も、タイミングが良かったのか、
元気食欲もある状態で、手術に望めたので飼主さんも喜んでいらっしゃいました。
 しかし、術前の検査で見つからず、獣医師としては考えさせられる疾患です。
 人のように、術前に超音波まですべきなのか、悩ましいです、
人の場合、生理があり、また自覚症状もあります。
また、卵巣子宮を摘出することは、滅多に無いので、人と比べると異なると思いますが、
動物医療も、人の医療に近づいている現状、術前検査は飼主さんと相談の上、
可能な限り、起こって行きたいと思われる子でした。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.