新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アイリッシュセッターの胃拡張捻転症候群のベルトループ胃腹壁固定術
 アイリッシュセッターのような胸の深い犬種の飼主さんには
『胃拡張捻転症候群』(GDV)の危険性があることをお伝えしています。
 しかし、飼主さんが気を付けていても発症することがあります。
この子も、食後に散歩に行かない、食事を数回に分けるなどの予防処置を
されていたようですが、発症されました。

 飼主さんに、お聞きすると2年前くらいにも同じ病気を発症し、近くの病院で
治したそうです。
その後、再発に気をつけていたようですが、前日の夜から吐きたそうで、
苦しい呼吸をしていたと、朝一番に紹介で来院されました。

 救急で診察させていただきました。
パンティングといって、呼吸が苦しそうで、下の色も悪く、すぐに
血液検査、レントゲン、静脈確保、輸液、ショックを抑える薬などを投与しました。
 検査の結果、やはり胃拡張捻転症候群(GDV)でした。

 沈静をかけ、横にするとこのようにお腹の部分が腫れているのが分かります。

 GDV 術前 横

 腹部レントゲンではこのように、お腹の中に大きなガスが溜まっています。

 GDV X-RAY

飼主さんに、病名を伝え、治療に関して、お話をしました。
ショックを起こさないようにすること、すぐに胃の拡張と捻転を改善すること、
脾臓などの他の臓器に障害が無いことを確認することをお伝えし、治療に入りました。

 治療は、来院後、すぐに沈静をかけ、食道チューブを挿入し、吸引機を使い、
胃の中のガスを抜いて、苦しいのを取ります。
このガス吸引で、胃の捻転が治る子が結構、います。
 なので、胃チューブを挿入し、呼吸が楽になり、一時的は治ったように
獣医師も飼主さんも思えますが、ほとんどの場合、一時的に治ったとしても
再発するのが胃拡張捻転症候群です。
再発率は80%以上という報告があります。

 例外なく、この子も再発され来院されました。
手術は可能な限り、早々にさせていただきました。
飼主さんにも手術に立ち会って頂き、手術を始めました。

 手術法は、何通りかあり、
1.チューブ胃造設術
2.切開胃腹壁固定術
3.ベルト・ループ胃腹壁固定術
4.肋骨周囲胃腹壁固定術
5.腹側正中胃腹壁固定術
6.これは本院で多く行われる 胃固定術の変法

 上記の手術法には一長一短があります。
本院でも、すべての手術法を行える状態にしていますが、
その子の状態、病態、年齢、発症からの時間など、色々と状況が変わる毎に
手術法を変えています。
 この子は、診断、手術時間まですぐだったので、飼主さんに立ち会っていただき、
開腹し、胃の状態、脾臓の状態を確認し、手術法を決めました。
手術法は、状態から3.ベルト・ループ胃腹壁固定術の変法を行いました。

 術中の写真はこのように、胃の一部を肋骨に巻きつける手術で
ベルト・ループ法よりもしっかりと固定できる変法を行いました。

 GDV 術中 1

 これは、胃の一部を肋骨を巻き込み、固定する変法です。
GDV  術中 2

 この子は手術後、2日で退院となりました。
手術は、本院でも上記の6通りある中で、その子にあった
もしくは、状況にあった手術法を行います。
 GDVは同じ病気でも、重症度、犬種、経過時間などにより
大きく異なります。
また、症例によっては脾臓摘出、胃の部分切除も同時に行うことが少なくありません。
 重症な子は、手術前に亡くなることも少なくないと報告されています。

 予防法は、早食いを抑制すること、食事回数を増やすこと、運動前のお食事を無くすこと、
などなど、胃が腫れた状態で運動など、胃が回転しそうな行動を抑制することが重要だといわれています。
 また、GDVは大型犬に多く発生するので、20kg以上のワンちゃんを飼っている方は
特に注意が必要でしょうね。

 この子も、再発だったので、飼主さんは気をつけていたようですが、再発しました。
初発のときに、手術までするのか、しないのか、また、手術法はどうするのか
獣医師と飼主さんと良く話をしないといけない疾患です。

 この子は、避妊もされていなかったので、将来、開腹手術をすることも考え、
手術方法も飼主さんと相談し、手術しました。
また、当初、話あっていた手術法とかわることもあるので、立会いになりました。

 抜糸後は、また暴れても捻転することはないので、飼主さんの心配は無くなったと思います。
元気に、遊んで、散歩もしてくださいね。
スポンサーサイト
シーズーの血管外膜細胞腫の外科手術
 腫瘍のなかで、飼主さんが初めに気づくものは皮膚腫瘍です。
皮膚腫瘍で一番多いのは、脂肪腫(lipoma)で、2番目に多いのが
血管外膜細胞腫です。
 血管外膜細胞腫(Hemangiopericytoma)とは、血管周皮腫とも血管周皮細胞腫とも言われています。
現状では、悪性とも良性とも、どちらともつかない腫瘍ですが、
再発を繰り返すたびに、悪性度が高くなると報告されています。

 この子は、5歳のシーズーで、右後肢の外側にイボができています。
飼主さんは、急に大きくなったイボを心配し来院されました。
 イボはこのような状態でした。

 血管外膜細胞腫 術前1

 毛を刈るとこのように、はっきりと分かるとおもいます。


 血管外膜細胞腫 術前2

 すぐに、診察を始め、付属リンパ節が腫れていないことを確認し、
直接、イボを触り、脂肪腫でないことを確認し、飼主さんと手術するか、
様子を見るかで相談しました。

 相談の結果、もう少し様子を見るこことなりました。
しかし、来院の数日後、やはり、心配なので、手術を考えると連絡があり、
レントゲン、血液検査などを行い、手術に関して、お話をしました。
飼主さんは心配なので、手術には立ち会うことを決められました。
 
 手術は、血管を確保し、点滴を行い、麻酔導入を行い、
吸入麻酔、挿管し、飼主さんに手術室に入っていただき、始めました。

 麻酔も安定し、マージンを取りながら、手術を進めていくと、
後足の外側伏在静脈を巻き込むように、腫瘍が浸潤していました。
立ち会っている飼主さんに、静脈を切り取り、さらに、筋肉も切り取っても
根を張るように伸びている腫瘍なので、切り取ることは難しいことを伝え、
切り取れる範囲で切除しました。

 血管外膜細胞腫 術中

 手術が終わり、麻酔から10分で覚醒し、飼主さんと一緒に入院室に移り、
半日、入院で退院となりました。
 腫瘍の病理結果は『血管外膜細胞腫』でした。
この腫瘍は、根を張るように伸びており、腫瘍辺縁から3cm切り取れれば
再発は無いと言われています。
しかし、取り残しがあると、以前よりも取るのが困難になり、悪性度も増します。
 なので、この腫瘍の場合は、可能な限りマージンを取りますが、
この子のように、足の先端部分に出来るとマージン3cmは、かなり困難と言われています。
欧米では、断脚も視野に入れた腫瘍とも言われています。
また、抗がん剤は効果なく、唯一、放射線療法が効果があると言われています。
 現状、放射線療法は、酪農学園大学、釧路の釧路動物病院にあるだけで、
札幌の開業の病院で導入を考えている病院が1軒あるくらいです。

 飼主さんと、飼主さんの家族にその旨をお伝えし、
放射線療法をお勧めしましたが、もう少し、考える時間が欲しいということで
抜糸までは様子を見ることとなりました。
 術後は傷の治りも早く、術後10日で抜糸になりそうです。

 この腫瘍は日本でも発症例が多く、また、切り取るにはマージンが必要なこと、
また、抗がん剤なども効果ない事などから、飼主さんと良く話しあう必要のある
腫瘍の1つです。

 この腫瘍に悩んでいる方は、腫瘍の専門知識を持った獣医師と良く話し合い
治療方針を決められたほうが良いと思います。
良い答えが返ってくることを信じて。
チワワの椎間板ヘルニアの外科手術(ヘミラミネクトミー)
 椎間板ヘルニアという病気はダックスを飼っている方なら
ほとんどの方が知っていると思います。
 中には、自分の犬がなったり、知り合いの犬がなったという方も
少なくないのではないでしょうか。

 本院でも毎月のように、ヘルニアを発症し、来院されています。
その中で手術までしないといけない症例は多くはありません。
 手術適応になる犬種は、やはり、ダックスが一番、多いです。
しかし、チワワや、パピヨンといった犬種も手術まで行うことがあります。
 
 この子は、チワワの8歳の男の子で、昨日から後足が動かなくなったと
来院されました。
 来院時には、このように後足が前に伸びている状態でした。

チワワのヘルニア 術前

 足先を摘まむと少し、痛いぐらいで歩くことは難しい状態でした。
椎間板ヘルニアのグレード分類では、グレード4で、5段階の中の4でした。

 飼主さんと相談し、内科療法を様子を見ても、改善しないと思われること、
また、椎間板ヘルニアのグレード4では早々に手術を受けないと歩けるようになることは
難しいこと、などを伝え、CTでの精密検査を行いました。
 
 CTの結果、腰椎の1番目と2番目の間に椎間板が飛び出し、
それが、脊髄を圧迫していることが分かり、飼主さんと、再度、相談し
ヘルニアの手術となりました。
 この子の場合、ヘルニア物質が片側からのみ飛び出していたので、
ヘミラミネクトミーという骨を片側から切除する手術法を選択し、
検査、当日に緊急手術となりました。

 チワワのヘルニア 術後

 手術は、このように椎間板物質を取り除き、脊髄自体に損傷が無いことを確認し
手術を終えました。
 所要時間は1時間半くらいでした。

 術後は、すぐにリハビリを行うため、2日後には退院となりました。
今までは、術後、1週間くらい入院し、退院後も安静といわれていました。
しかし、最近では、術後のリハビリが重要視され、退院も早くなってきています。
 
 札幌には、動物専門のリハビリを行える施設もありますが、
千歳には、無いので、自宅でのリハビリ法を飼主さんにお伝えし、
飼主さんにがんばって頂いています。
 
 この子も、飼主さんも日々、リハビリをがんばっているので、
早く歩けるようになると良いですね。
老齢のゴールデンの頭部の皮膚腫瘍の外科手術
 老齢のワンちゃんが来院することが多くなりました。
その中でも腫瘍の症例が多く来院されます。
 この子は、お年を召しているということで、頭にできた腫瘍を
取らずに、徐々に大きくなり、このような状態になり来院されました。

 頭部腫瘍 術前1

 頭部腫瘍 術前2

元々は、小さな皮膚腫瘍だったと思われます。
しかし、年齢のこともあり、また、小さな皮膚腫瘍ということこもあり、
飼主さんも手術に踏み切れなかったと思います。

 しかし、ここまで大きくなると、目が見えなくなる、悪臭がする、
家の中も、汚れるなどの弊害が出てきました。
飼主さんも、さすがに困り、手術を希望されました。
手術には、麻酔のリスクの話、また、精密検査を行い、
この高齢のワンちゃんでも麻酔に耐えれることを確認し、手術となりました。
手術は、かなり大きく切り取る必要があり、また、皮膚を元の状態に戻すためには
皮弁という、形成外科の手術法を用い、欠損した皮膚を他の場所からの皮膚で覆い、
可能な限り、元のお顔に戻しました。
 手術は、切除、形成外科を行い、合計3時間近くになりました。
長時間の麻酔は、高齢のワンちゃんにとっては大変なことでしたが、
麻酔の醒めも良く、当日にお返しできました。

頭部腫瘍 術後


 手術後は、このように顔の変貌も少なく、飼主さんも喜ばれていました。
この写真は抜糸後、間もないので、まだ、落ち着いていませんが、
1ヶ月もすると、皮膚の状態が落ち着き、毛も生えてくれると、
ほとんど、分からない位になると思います。

腫瘍は『皮脂腺上皮腫』という悪性腫瘍と診断されました。
ただし、この腫瘍は悪性度が高くないので、肺などの臓器への転移も認められませんでした。

 今後は、自宅での体調管理をして頂くことになり、
投薬も現在、行っておりません。

 14歳の高齢で手術に踏み切られ、無事、手術も終了し
ワンちゃんも目の上のたんこぶが無くなり、においも無くなり、
みんなが幸せになる、手術でした。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.