新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

創外固定:小型犬の新しい骨折整復手術
 散歩中も、今までは、ゴールデン、ラブラドール、バーニーズなどの
大型犬を良く見かけましたが、見る機会が減ってきました。
 その代わり、チワワ、プードル、などの小型犬を多く見かけます。
そのほとんどが元気に飛び回っています。
 
 この子はイタリアングレーハウンドで、元気に走り回る犬の中の1頭でしたが、
前肢の骨折を機に走れなくなりました。
 この子は前肢を骨折し、外固定で治るのを待っていましたが、やはり治らず、
手術をするということで本院を紹介されて来院されました。

 骨の細い小型犬の前腕の骨折は、外固定(ギブス)での固定では治りにくく、
治癒しないリスクが生じる治療法です。
本院でも、飼主さんとよく話を行い、外固定を選択することもありますが、
小型犬はうまく付かないこともあるので、その際は手術になりますよとお伝えしています。
この子を診ていた病院の先生も説明はされていたようでした。

 手術法は、
1.ピンニング(骨の中にピンを挿入し、固定する方法)
2.ワイヤー(細いワイヤーで骨折部を固定する方)
3.プレート(骨折部分にプレート状の金属をスクリューで固定する方法)
4.創外固定(骨に数本、ピンを挿入し、そのピンを固定する方法)

 紹介された先生も3.のプレート法を行うと考えていたようですが、
手術までの期間が長かったこと、また、術後の経過を見れないことから、
4.の創外固定を選択されました。

 創外固定は、整形外科用の電動ドリルを使用し、折れている場所の両側に
合計6本以上のピンを打ち込み、皮膚から離れた部分でクランプという固定器具を使用し
骨の外側から固定するものです。

\創外固定 1

 この子は、イタリアングレーハウンドドッグで骨折の代表的な犬種です。
このように、細い骨に6本、ピンを打ち込み、その端をSKクランプで固定します。
 術後は、このクランプや、ピンに物が当たらないよう、ガーゼや、包帯で守り、
保護しておきます。
 この子の場合、骨折してから1ヶ月以上経過していたので、
骨折部分に骨移植を行い、さらに、骨折の治療を早めています。
 骨移植は必要ない場合もありますが、創外固定の場合、
2時診療で行う手術が多いので、骨折してから手術までの期間が長いことが多く、
骨移植をする機会が多くあります。

 術後は、このように、6本のピンが入り、骨にはピン以外、触れていません。
創外手術後 X-RAY1

創外手術後 X-RAY2

 術後の痛みも、プレートの挿入より少なく、
異物を体の中に入れておかなくて良いということから、
超小型犬、また、ハウンドドッグのような犬種には向いている手術です。

 イタグレやウィペットの飼主さんで、骨折の経験のある方は多いと思います。
その際、プレートでの固定が多いのが現状です。
しかし、イタグレのような元気な犬種は痛みが無くなると、激しく動くので
プレートが折れたとか、破綻したとか言うことを良く聞きます。
 犬におとなしくしろと言っても、おとなしくはしません。
この手術法だと、術後、2日から1週間くらいで歩くようになります。
術後はほとんどの場合、2ヶ月位でピンを抜きます。
 プレートの場合、2回に分けてスクリューを抜き、プレートを外しますが、
創外固定の場合は、1回でピンを抜ける場合が多いです。

 イタグレ、ウィペット、ポメラニアン、プードルのような
元気で、骨折の多い犬種は骨折の治療の選択肢に創外固定を入れても良いと思われます。
 このイタグレの飼主さんも、骨がついていくのを確認し、喜んでいらっしゃいました。
スポンサーサイト
チェリーアイの外科手術
 チェリーアイと聞いてすぐに分かる方はきっと、
コッカースパニエル、ペキニーズ、シーズー、ビーグルなどを飼っている方と思います。
もちろん、プードル、パグなどほかの犬種でも起こる売る病気です。
 チェリーアイの正式名称は第3眼瞼腺突出です。
これは、先天的に起こる犬種や、眼をこすった、外傷などでも起こります。
本院では、この状態になり、すぐに来院していただくと、点眼だけで治ることが
少なくないですが、この子のように、発症後、1週間も経過すると
点眼液だけでは、治りません。

 この子は、犬同士の喧嘩のあと、この状態になったようですが、
飼主さんは、いつか治ると思い、様子を見ていたようです。

 チェリーアイ 術前

 このように、目尻のところに、赤く充血したものが出ています。
これは、瞬膜とも、第3眼瞼ともいいますが、これが反転し飛び出しています。
ワンちゃん自体、とても痛そうに見えますが、何故か、痛みも痒みもないので、
飼主さんは様子を見ることが多いようです。
 
 このままの状態で放置しておいて良いかというと、
数年、手術をせずにそのままにしていらっしゃる飼主さんもいます。
しかし、この子の飼主さんは、周囲の方から手術したほうが良いと言われ、
手術を希望されました。

 手術は、何種類かあり、飼主さんと相談し、手術法を決めています。
1.ポケット法・・・元の位置に少し石灰を加え、戻し、縫い合わせる方法。
2.アンカー法・・・ある方法で糸を突出した部分を中に入れ込む方法。

 どちらが良いかという話になりますが、現在、その子に会った方法を選択するのがベストです。
1.2も良い点があり、すべての子に当てはまる手術法は無いので、軟骨の状況、時間経過、
充血の状態などを確認し、手術法を決定しています。
 
 この子の場合、1の方法の変法を行い、無事に手術は終了しました。
術後の写真がこの状態です。

 チェリーアイ 術後


このように、術後はほとんど気にせず、点眼だけしていただき、
手術は30分くらいで終了し、当日にお返しできます。
また、抜糸も吸収糸を使用するため必要なく、数日の点眼治療で終了です。
再発に関しては、その子の病態を把握し、その子にあった、手術法を選択すれば
ほとんど再発はありません。
 しかし、中には、手術したほうと反対の眼に起こることもあるので、
要注意ですね。

 この病気は、この子のように、まったく、気にしない子が多いので、
飼主さんもいつか治ると思っている方が多くいらっしゃいます。
チェリーアイになった場合、早々に点眼を行うと、きれいに治ることが多いですが、
日にちが経つと、なかなか点眼などでは、治りにくいので、手術になってしまいます。
 手術法も1つではないので、その子にあった手術法を選択されると
きれいに治るので、あれ?と思えば、病院にお電話ください。

 まだ、子犬なので、見た目も重要です。
無事、手術が終わり、また、再発も無いので、飼主さんも安心されたと思います。
10歳(高齢)のウサギの精巣腫瘍の外科手術
 ウサギさんの平均寿命は6歳とも13歳とも言われています。
長い、短い、飼主さんによって、考え方は色々あると思います。

 この子は10歳のウサギさんで、かなりの高齢です。
本院ではウサギに麻酔をかける際、6歳上は要注意と言っています。
人もウサギも年を取る毎に麻酔のリスクは上がります。
 特に、ウサギのようなエキゾチックの場合、術前検査を必ず行いますが、
呼吸器などの問題が見つかりにくいと言われています。

 この子の飼主さんは、とても愛情深い方で、
体を撫でているうちに、精巣(陰のう)が大きいことに気づかれ来院されました。
初診時には、このように、片方の陰のう(玉袋)が大きくなり、明らかに
おかしいことに気付きます。

ウサギの精巣腫瘍 術前

 飼主さんには、精巣の腫瘍の疑いが大きいこと、精巣の腫瘍には悪性の腫瘍があること、
悪性でも良性の腫瘍でも徐々に大きくなることなどをお伝えし、手術をするリスク、
しないリスクを相談しました。
 相談の結果、手術を前向きに検討したいとのことで、麻酔をかけれるかの術前検査を行いました。
術前検査には、レントゲン、血液検査、超音波検査などが含まれます。
検査の結果、10歳とは思えないくらいの良い結果がでました。
結果を飼主さんとお伝えし、再度、麻酔のリスクをお話し、手術は立ち会いで行うことになりました。

 手術は、血管を確保し、抗生剤、痛み止めなどを行い、吸入麻酔を使用し、
飼主さん立ち会いのもと、手術を始めました。
手術自体は難しくないので、時間は20分くらいで終了し、麻酔も安定していました。
術後は4時間ほど、入院点滴を行い、その日の夕方には退院となりました。
飼主さんによっては、1泊の入院を希望される方もいらっしゃいますが、
ウサギはストレスに弱い動物なので、術後、安定していれば、早々の退院をお勧めしています。
 この子の、飼主さんも手術をご覧になり、安心され、当日の退院を希望されました。
手術の翌日には食欲も戻り、下痢などのストレスなども無く、元気で飼主さんも喜ばれていました。

 切り取った、精巣は病理検査に出し、結果は『精細胞腫』(seminoma)と診断されました。
精細胞腫はいわゆる、悪性腫瘍の一種です。
悪性腫瘍は転移する怖い腫瘍です。
 結果として、手術して良かったということになりました。

 これが、正常な精巣と悪性腫瘍である精巣です。

ウサギの精巣腫瘍 術後

 このように、悪性腫瘍は、正常な精巣と比べ、大きくなっています。
病理の結果、今回の手術で完全に切り取れており、再発の可能性、転移の可能性も無いということでした。

 10歳のウサギに麻酔をかけるということは、かなりリスクを伴い、
事前に飼主さんと何度も相談し、出た結論でした。
 飼主さんも、かなり喜ばれており、もっと長生きして欲しいとおしゃっていました。

 犬や猫と同じように、ウサギも長生きになり、このような悪性腫瘍も診察する機会が多くなりました。
しかし、腫瘍は老齢の動物に多く発症することから、麻酔のリスクなどに関しても飼主さんと
お話、相談する機会が多くなると思います。
 
 腫瘍外科は、結果が全てですが、結果に到達するまでに、飼主さんと事前の検査を含め
しっかりとした、お話が必要と思われます。

 この子の飼主さんが、この子に関する、すべての結果、なども集めており、
今回の病理検査の切片も欲しいということで、病理センターにお願いし、
パラフィンという状態での腫瘍の一部を持って帰られました。

 これも愛情の一つなのでしょうね。
20歳くらいまで長生きして欲しいですね。
猫の膀胱結石の外科手術
 寒い時期は人も犬も猫も水を飲む量が減ります。
特に、猫はもともと水を飲む量が少ない動物なので、
冬になり、活動が低下するとさらに水を飲まなくなります。

 この子も、冬になり、水を飲む機会が減り、
おしっこの回数が減り、おしっこが濃くなり、病気になってしまいました。

 病名は『膀胱結石』です。
膀胱の中に結石(石)が出来、血尿とトイレの回数が増え、来院されました。
 初診時には、トイレの回数が多いため、膀胱におしっこは溜まってせんでしたが、
超音波検査で、膀胱内に石のような映像が映り,立ち会っていた飼主さんも
結石の確認していただきました。

 膀胱結石の成分から、お食事で溶けるものでしたが、溶けるまでの日数が長くかかること、
また、その間、飼主さんが血尿、トイレの回数が多いのが可哀そうということで、
手術を選ばれました。

 手術は、術前検査を行い、麻酔を受けれるか判断し、
当日、血管を点滴で確保し、膀胱を一部、切開し、結石を取り出します。
 その様子がこの写真です。

猫の膀胱結石

 このように、膀胱を糸で少しだけ釣り上げて、メスで切開し、結石の直径分だけ切ります。
結石の直径は、事前の超音波検査で把握できているので、何も問題はありません。

膀胱結石 結石

 その後、膀胱を溶ける糸で縫い合わせ、膀胱を生理食塩水で膨らませ、
縫った所からの漏れが無いかを確認し、腹膜、皮下組織、皮膚を縫い合わせ、手術は終了です。
手術時間は1時間とかかりません。
 どれくらい、皮膚を切るかというと、このような大きさになります。

膀胱結石 術後 皮膚縫合

 だいたい、指2本分くらいで済みます。
以前は、術前の検査で結石の数、大きさなどが分かりづらく、
手術の際、大きく皮膚を切開していましたが、
現在は、術前検査で細かく分かるようになったので、
このように、手術も短時間で、傷も小さく済むようになりました。
なにより、猫ちゃん自体が痛くなく、麻酔のリスクも軽減できますね。

 現在、手術は短時間で終わるように、術前検査をしっかりと行い、
なるべく麻酔の時間を短く、傷も小さくなるように努力しています。 
 現在、泌尿器疾患は初診時から超音波検査をしたほうがよいと言われています。
その理由としては、膀胱癌の増加、結石の確認などはレントゲン、尿検査では
見つかりにくいからです。
 
 この子も、初診時に超音波検査で膀胱に高エコーの物質が確認され
膀胱結石と診断されていました。
 手術は傷も小さいこともあり、2日後には退院となり、
退院の日からご飯を食べ、痛みも無いようだと飼主さんも喜ばれていました。
何より、傷が小さいと痛みも少ないので、元気になるのが早いですね。
 
 膀胱結石は昔に比べ、キャットフードの改良がなされ
発症率は低くなっているものの、いまだに、手術は少なくありません。
また、以前に比べ、食事療法で消失するようなストルバイト結石が減り、
手術でしか取り出せない、シュウ酸カルシウムの結石が増えてきています。

 手術は無事に終わることはもちろん、患者さんに、負担の無いよう
施すことも重要なので、飼主さんもびっくりするくらい、早くに元気になり、
症状も無くなったので、再発予防に気をつけていただいています。

  

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.