新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の尿道腫瘍の外科手術
 寒い冬の時期になると、尿路疾患の患者さんが増えます。
猫では、特発性膀胱炎、尿石症、膀胱結石、
犬では、膀胱炎、膀胱結石などが多く来院されます。
 寒い時期に多くなるのは、お水を飲む量に関係しているとも言われています。

 この子は、6ヶ月くらい前から血尿で近くの病院で膀胱炎の治療を受け、
良くなったり、悪くなったりを繰り返していたようです。
 しかし、一向に良くならないので、遠方より、お越しになりました。
本院での診察は、レントゲン、超音波検査、血液検査、尿検査を行いました。
超音波検査では、膀胱内に出血、膀胱の腫脹などが認められ、
尿検査でも、出血と移行上皮細胞が大量に出ており、慢性の膀胱炎が認められました。
しかし、排尿障害も伴うこと、かかりつけの病院で膀胱癌と言われたことから、
念のため、膀胱の逆行性尿路造影までさせていただきました。

 おちんちんから造影剤を流すと、このように、尿道が変形し、さらに尿道から造影剤が漏れています。

尿道 造影2

このレントゲン写真から、膀胱の腫瘍というより、尿道の腫瘍を疑い、
精密検査を行いました。
 検査の結果、『移行上皮がん』であると診断されました。
『移行上皮がん』は膀胱および、尿道に発生しやすい悪性の腫瘍です。
現在、根治を目指すには、外科的に切除するしかありません。
内科療法では、完治は難しく、徐々に悪化すると言われています。
 このことを飼主さんにお伝えし、現状でも排尿障害(自力での排尿)が困難なため、
外科的な手術を選択されました。
 手術は無事、終了したものの、術後、2週間近くして、排便(ウンチを出すこと)が
難しくなり、来院されました。
直腸検査で、大腸を強く圧迫するものもがあり、検査の結果、再発でした。
 その後、再手術をするものの、腫瘍が短時間の間に再発を起こし、
状態は改善されませんでした。
 手術から数日後、自宅で亡くなられました。

 尿道 造影1


 飼主さんはとても熱心で、遠方から起こしになり、
大學まで行っていただきましたが、腫瘍の進行が早く、天国にめされました。

 今まで、膀胱、尿道の腫瘍を何例も見てきましたが、
この子は、大学の先生も初めてというくらい、進行が早く、
悪性度の高い腫瘍でした。

 この子の場合、近くの病院で血尿が見つかり、膀胱炎の治療で改善を繰り返したいたので、
確定診断、手術まで時間がかかっていたのかも知れません。
 膀胱の腫瘍の場合、膀胱炎の治療で改善することが多く、
早期発見が遅くなるといわれています。
とくに、膀胱炎の場合、おしっこの回数が多く、病院に来られる際には
膀胱内におしっこが溜まっていない場合が少なくありません。
しかし、ここ数年、犬猫の膀胱腫瘍が全国的に増加傾向になります。
なので、学会などでも初診時から超音波検査をルーチンに行ったほうがよいと言われています。

 膀胱、尿道の腫瘍は悪性の移行上皮がんも多く、
進行もゆっくりな事も多く、発見が遅れると、手術を行っても
転移している場合が少なくありません。
また、尿路系の腫瘍の場合の抗がん剤の効果も報告が多くなく、
今後の研究に期待しているところです。

 この子の飼主さんは、とても熱心で、お忙しい中、大学にも行っていただき、
本当によくしていただきました。
もう少し、早く確定診断までしておけば・・・と思いました。
しかし、そのことは、飼主さんも同じ考えでしょうから、あまり言えません。。。
腫瘍の場合、食欲、元気が無くなるころには、重症化している場合が多く、
お年をめしてきた犬や猫の飼主さんは、おかしいな?と思えば、病院に相談してください。

 この子のことは、大学をはじめ、開業医の私自身も考えさせられる症例でした。
飼主さんは、この子がかわいく、遠くからお越しになり、大学まで行っていただき、
さらに、根治を考え、膀胱、尿道全摘出術までしていただきました。
 しかし、手術した時には、すでに転移していたのか、再発までの時間が早く、
飼主さんも、ワンちゃん自体にも負担をかけてしまいました。
 飼主さんには、とても良くしていただき、できる限りのことをしていただきました。
それに応えるようにワンちゃんもがんばりました。
 今は、痛みや、苦しさから解き放たれていると思います。
このような子を1例でも助けれるように、できる限りのことをしたいと思います。

 おつかれさまでした。

 
スポンサーサイト
多発性の椎間板ヘルニアの外科手術
 本院では1月に入り、15日間で4件の椎間板ヘルニアの手術を行っています。
冬に発症が多くなるということがあるかは不明ですが、1月に入り、後足が動かず、
来院もしくは、紹介で来られることが多くなっています。

 この子は以前も、ヘルニアと診断され、内科療法で改善していたようです。
しかし、2日前にかかりつけ医に行き、ヘルニアと診断され、注射を打たれ
徐々に悪化し、両方の後肢が踏ん張れず、かかりつけ医では手術ができず、
内科療法を勧められ、本院にいらっしゃいました。

 初診時には、浅部痛覚は消失し、深部痛覚が若干残っているくらいでした。
神経学的検査では、腰椎の問題というより胸椎の問題が疑えました。
 すぐに、血液検査、レントゲンを行い、ヘルニアと診断し、
手術の部位の特定に入りました。

 これが、この子のCT画像です。
両側椎間板ヘルニア ct画像

 横から見たCT像ですが、脊髄神経を2か所、下から椎間板物質で押し上げられているのがわかります。
また、飼い主さんから、以前に他の病院でヘルニア疑いで、数回、内科的な治療をされているとお聞きしました。
 背中側から見た、CT像です。

両側椎間板ヘルニア ct画像2

 このように、2か所、左からと右からと脊髄神経を圧迫しています。
この画像をもとに、飼い主さんと手術の方向性をお話しました。
 椎間板ヘルニアのほとんどの場合、ヘルニア物質は1か所のみ出ていますが、
中には、このように、2か所、3か所と出ている子がいます。
この子のように、今までヘルニアを起こしている子は特に、以前、飛び出た椎間板物質が
CTにて映ることが多くあります。
 今回の痛みの原因は胸椎の13番と腰椎の1番の間が、マヒを起こしている原因物質です。
しかし、その前のヘルニア物質も痛みの原因になっていることも多くあるので、両方のヘルニア物質を
取り除くことになりました。

 この場合、1か所出ているタイプと大きく違う手術になります。
本院では、同時に2か所、3か所と椎間板物質を取り除く手術を行っていますが、
普通、同じ側からの手術で可能です。
 しかし、この場合、2か所のヘルニアの椎間板物質が、左側、右側と
違う方向から飛び出しています。
この場合、手術は、とても難しくなります。
 このあたりの説明を飼い主さんとしっかりと相談し、
手術の時間、痛みの問題などをお話し、左、右と別々の場所から切開し、
椎間板物質を取り除くことになりました。
 1か所だと、手術時間は1~2時間で終わりますが、
2か所、それも、別々の所からのアプローチになるので、
手術時間は3時間近くに及ぶことも相談し、立会での手術となりました。
 手術は、当日に、飼い主さん立会の元、行われました。

手術は入院の翌日に行われました。
手術は飼い主さん立ち会いのもと、2か所の椎間板物質を取り除きました。
 この子の後肢をマヒさせているほうの椎間板物質はかなり大きく、
脊髄神経も変色、出血し、状態はよくありませんでしたが、椎間板物質を取り除くと
変色していた脊髄も元の色に戻り、出血も止まりました。

 手術は2時間半で終了し、飼い主さんも麻酔から覚める時も一緒に居ていただきました。
早期のリハビリを指導しているため、退院は手術から2日後に行いました。
 飼い主さんはとても熱心で、本院までの3時間をものともせず、来院されていました。
しかし、この天候と、脊髄疾患を考え、術後の治療は近くの病院に診ていただいています。
術後はエラスポールを使用し、損傷していた脊髄を守る治療も始めています。

 この子の飼い主さんには本当にやさしく、愛情深く接していただいていてる
ワンちゃんも幸せだと思います。
 それに応えるべく、出来る限りのことをさせていただきましたが、
遠方であることから、通院が出来ず、術後もしっかりとした対応ができず、
心苦しいです。

 今後、この子が歩けるようになるか、もしくは生活の質が落ちないよう
遠い千歳からではありますが、見守りたいと思います。
犬の臍ヘルニア
 犬にも出べそがあります。
これは、小型犬に多く、飼主さんも気付かれていない場合があります。

 犬も猫も臍(へそ)があり、お母さんのおなかの中に居るときに
胎盤と胎児を臍帯でつなっがています。
出産と同時に、お母さんがこの臍の尾を噛み切るか、ちぎれてしまいます。
ちぎれたところがおへそで、そのこの部分がもともと薄く、
さらに、小さい穴(亀裂)が数mm、もしくは数cm開いている子が出べそです。

 では、この臍ヘルニアはどうしたらよいのでしょうか?
1.そのままにしておく。
  これは、とても簡単で、手術などをせずに様子を見るということです。
  臍ヘルニアは、そのままにしておいても一生、そのままの状態が続く事が多く、
 大きな穴になったり、ヘルニアの穴から腸が飛び出したりしなければ手術をしないといけないと
 いうわけではありません。

2.手術する。
  これは、手術をしないといけなわけではありません。
  しかし、将来、腸が出てきたり、カントンしたりする可能性があるので、
  本院では、避妊、去勢などの際に一緒に行うことが多いです。
  
 この子も、以前から臍ヘルニアで避妊手術の際、一緒に行うことになりました。
臍ヘルニア 術前

 おなかの中心に『ポコッ』と出ているのが、臍ヘルニアです。
これくらいの子が多くいらっしゃいます。

 手術は、お腹の中心を避妊手術の時よりも約2cm 頭側に大きく切ります。

臍ヘルニア 術中

臍ヘルニア 術中 2.

このように、臍から脂肪が飛び出しています。
臍ヘルニアには常時、脂肪が飛び出しているタイプと
興奮したり、吠えたりした場合のみ飛び出すタイプがあります。

 この子は常時、飛び出しているタイプでした。
手術は、避妊手術を行い、同時に、臍ヘルニアのオペも行いました。
手術は避妊手術で切開する部分より、2cm大きく切るだけで、ヘルニアの穴なの周りを
きれいに整え、吸収糸で縫合し終了です。

 今まで、臍ヘルニアから腸管や臓器が飛び出してきた症例が数例います。
臍ヘルニアと簡単に考えると、びっくりすることにもなるので、獣医師と相談のうえ、
手術をする、しないを決められると良いかもしれません。

 出ベソ、奥は深いかも・・・。
ハムスターの腫瘍の外科手術
 数年、ハムスターのような、エキゾチック動物が増えています。
それに伴い、飼主さんの意識も変わり、早期に病院に来られることが多いです。
その中でも、ハムスターの腫瘍は年々、増加傾向にあります。
 犬、猫の腫瘍と同様に、治療法は外科的に切除する場合が多くなっています。

 この子も、数日前に腫瘍に気付き、本人も気になる様子で、
舐めており、飼主さんも心配で来院されました。
 腫瘍は、前肢の手首に相当する場所にできていました。

ハムスターの腫瘍 術前

 腫瘍の状況から良性の腫瘍と判断し、手術を勧めました。
年齢も1歳半と高齢になり始めていたので、手術に伴う、麻酔のリスクをお話し
一度、自宅で考えていただくことにし、手術希望であれば連絡をいただくことにしました。
 初診から数日後、飼主さんから連絡があり、手術を希望されました。
飼主さんに、手術のリスクの話をさせていただき、手術となりました。
 ハムスターのようなエキゾチック動物は、術前にレントゲン、血液検査、超音波検査などの
術前検査が十分にできないので、どうしても年齢と共に麻酔のリスクが上がります。
 
 手術は、皮下に点滴を行い、吸入麻酔で全身麻酔を行います。
術部を洗浄・消毒し、電気メスなどを使用し、切除、縫合を行います。
 術後の写真です。

ハムスターの腫瘍 術後

ハムスターの腫瘍 術後腫瘍

 腫瘍はきれいに切除でき、麻酔からもすぐに覚醒し、
当日の夕方に退院されました。
 腫瘍は、良性の腫瘍でしたが。
術後は、抗生剤の投与のみです。

 このような、ハムスターはお子さんが飼育されていることが多く、
大人が気付くよりも先に、イボなどを見つけています。
 来院の際は、可能であれば、飼育されているお子さんも一緒に来ていただくと、
食欲、元気、ほかに気になった点も詳しく覚えているので、
術前検査を十分にできない動物にとっては良いと思われます。

 犬や猫のように、長く生きれない動物なので、
早々に腫瘍を見つけ、手術までできれば、もう少し、飼主さんと
一緒に楽しい時間を過ごせるかも知れませんね。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.