新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

肛門のう切除術
 犬にも猫に肛門腺(肛門嚢)というものがあるのはご存じでしょうか。
他の動物だと、スカンクが臭い匂いを出して身を守ることはご存じだと思います。
その臭い物質を貯めて置くところが肛門腺(anal glands)です。
 この肛門腺は排便時に、うんちと一緒、もしくは、うんちの後に排泄されるので
飼主さんが気付くことは無いかも知れませんが、トリミングなどで出してもらっていることが多いです。

 この子は、急に、お尻を気にしだし、舐めてひどい炎症になっていました。
飼主さんに、肛門腺の出し方(絞り方)をお伝えし、自宅での治療を勧めました。
飼主さんは器用な方だったので、なんとか絞れていましたが、
絞るたびに痛がり、炎症を起こすので、ジレンマになられていました。
そこで、今回の手術になりました。

肛門腺 オペ前

肛門腺自体は、ワンちゃんが生きていく上で重要な臓器ではないので
不妊手術、スケーリング、肛門腺切除術を一緒にすることとなりました。
 しかし、この子は、以前からテンカン発作を持っており、大学での精密検査時にも
麻酔後に発作が起こり大変だったので、飼主さんは、麻酔に関してかなり気にされていました。
 飼主さんと何度も、話し合い、麻酔のリスク、後遺症なども話し合い、
手術に立ち会い、万全の麻酔を考慮し、麻酔・手術になりました。
 手術は無事に終了し、麻酔も飼主さんが気にされていたような問題も全くなく、
1時間で手術は終了し、麻酔も、手術後、10分で覚醒し、その日に帰宅されました。

肛門腺 オペ後

以前は肛門腺の切除は多く行っていましたが、
最近は、肛門腺を絞るのみの方が増えました。
なぜ、手術まで知る必要がなくなったのか不明ですが、
必要のない手術は減るほうが良いですね。

 この子も、麻酔に関してかなり心配され、不安に思割れていた飼主さんだったので
手術当日も一緒にいていただき、日帰りとなりました。

 今後は、肛門腺自体が無くなったので、肛門腺が貯まることもなくなります。
もちろん、肛門腺絞りも必要なくなりました。
 術後はお尻の手術なので痛そうにしていましたが、
鎮痛剤の併用で、抜糸も無事に終了し、現在はお尻を気にせず生活されています。

 人でもおしりの病気は苦しいと聞きますので、
ワンちゃんはもっと辛いのかも知れませんね。

 無事に、麻酔も手術も終わり、良かったですね。
スポンサーサイト
精巣腫瘍(停滞精巣からの腫瘍化)の外科手術
 精巣(金玉、きんたま)いろいろな言い方はありますが、
獣医では精巣と言います。
 この精巣は生まれたときには陰嚢(たまぶくろ)にあるのでしょうか?
答えは、ありませんです。

 じつは、男の子は生まれた時は精巣は玉袋の中にはありません。
精巣は生まれた直後は膀胱の横にあります。その後、1か月して陰のうの中に入ります。
しかし、遺伝的、もしくは別の要因で精巣が落ちて来ない場合があります。
これらを、『陰睾』『停滞精巣』と言います。

 この子は、7年前の初診時に、停滞精巣を認め、
飼主さんに、将来、腫瘍になる可能性が高いことをお伝えしていましたが、
様子を見ることになりました。
 先日、「先生、玉が癌になった」と来院されました。
良く見ると、このようように、おちんちんの横がポッコリと腫れています。

 犬 精巣

 飼主さんに、精巣が腫瘍化していることをお伝えしました。
でも、癌化しているとは限らないこともお伝えし、手術をお薦めしました。
 14歳と高齢になっているので、血液検査、レントゲン、心電図、超音波検査を行い、
手術・麻酔に耐えれるかを確認し、問題ないことをお伝えし、手術となりました。

 手術は、通常では正中切開を行っていますが、
腫瘍が大きく、皮下に癒着しており、腫瘍の直上で切開を行いました。
手術は1か所の切開創から腫瘍化した精巣と正常の精巣を切除できました。

 精巣腫瘍 オペ中
 これが腫瘍化した精巣を皮下から取り出した写真です。

 精巣腫瘍 オペ後

 手術後はこのように、1ヶ所のみ切開したので、縫合を行い、手術は終了となりました。
手術後はその日の夕方にお迎えに来ていただき、退院となりました。
この飼主さんは、バーニーズも飼われており、その子も、停滞精巣で、
さらに、お腹の中に精巣があるタイプでした。
 この子の前に、手術は済んでいたので、今回の手術のほうが楽だったとおしゃっていました。
かなり、タフな飼主さんです。

 このように、陰のう内に落ちていない精巣がすべて腫瘍化するとは限りませんが、
陰のうの中に落ちている正常の精巣と違い、5~9倍腫瘍化しやすいと言われています。
 
 精巣の腫瘍の手術は難しくない手術ですが、
腫瘍化する時にはかなり高齢になっていますので、
麻酔のリスクが高くなることが問題だと思います。
 皮下にあると飼主さんが気づくことが多いですが、
お腹の中にあると飼主さんが気づくことが簡単ではありませんので、
精巣が触れる方は定期的に触ることをお薦めしています。
お腹の中の方は病院で超音波検査をお薦めしています。
 ほとんどの場合、超音波で確認できますので。

 腫瘍化した精巣は『セミノーマ』といって、良性の腫瘍でした。
飼主さんも癌でなく、安心されたようです。
お大事に。
輸血の重要性
 犬も猫も輸血はあるのでしょうか?また、血液型は?
と飼主さんに聞かれることが少なくありません。
本院ではワンちゃん、ネコちゃんに輸血を行っています。
また血液型もあります。
 輸血は、人と同じように行っています。
血液型もありますが、人のようなABO式ではありません。
犬ではDEA1.1 +、-で判断します。
猫ではA.B.ABのどれかで判断します。
なので、人のABO式の性格判断は使えません。残念です。

 輸血に関しては、年々、需要が増えてきています。
犬猫の長寿化、腫瘍外科の増加、血液疾患の増加などが要因です。
今まで、輸血が犬猫にあることさえ知らない方が多くいらっしゃいましたが、
現在は、動物の輸血も認知させつつあります。

 では、輸血はどのようにするのでしょう。
一番重要なのはドナー(供血動物)、血液を与える動物です。
下記がガイドラインとなっています。

 ○犬: 体重 25kg以上
      年齢 2~8歳
      PCV(赤血球の濃度) 40%以上
      ワクチン接種を受けていること
      健康であること
    
  ○猫: 体重 5~7kgの間
      年齢 2~8歳
      PCV 35%以上
      ワクチン接種を受けていること
    
  上記以外にも詳細はありますが、上記に当てはまると良いとされています。

 実際に輸血を受け、腫瘍の切除を行った症例です。

 この子は、捨てられて、本院の患者さんが拾われた推定15歳のワンちゃんです。
拾われた際から、食欲・元気がなく、心配されて来院されました。
 初めて会った時から、痩せこけて見るからに弱弱しく、飼主さんが心配になることも
理解できる状態でした。
 飼主さんから健康診断をお願いされ、さっそく、健康診断を行いました。
健康診断の結果、重度の貧血、心臓病、腎臓病、腫瘍とさまざまな疾患が見つかりました。
結果を飼主さんにお伝えし、今後の方針を決めました。
飼主さんは、やはり目に見える大きな腫瘍が気になるようで、手術を希望されましたが、
現状、大きな腫瘍はあるもの、生きていくうえで重要な臓器の治療を優先させていただきました。
 心臓:弁膜症 
 腎臓:慢性腎不全
 貧血:再生不良性貧血(慢性化・腎臓疾患から来るもの)
上記の治療を内科療法で行いました。
 腎臓、心臓はなんとか改善しましたが、貧血は重症で中々、改善されませんでした。
そうこうしているうちに、腫瘍が徐々に大きくなり腫瘍の一部が自潰してきました。

 飼主さんと相談し、輸血を行い、そのうえで手術を行うことになりました。
飼主さんも手術に立ち会うことになりました。

 輸血の腫瘍 オペ前

 このように尻尾の下から肛門、外陰部を巻き込んで大きな腫瘍があります。
また、急激に大きくなってきたのか、腫瘍の表面が自潰しています。
これを見ると、飼主さんもつらくなってきますね。
 手術は、輸血、心臓の薬、止血剤などの薬を使用し、飼主さん立会いの下、
すぐに手術をはじめました。
 手術は、止血を行いながら腫瘍を切除しました。

輸血の腫瘍 オペ後

  術後は、順調に麻酔から覚めて、飼主さんも喜ばれていました。
取った腫瘍は、『血管外膜細胞腫』というものでした。

 輸血の腫瘍 腫瘍

 術後は、順調に回復し、翌日には退院となりました。
現在は貧血も徐々に改善し、心臓、腎臓の治療も行っております。
 
 このように、輸血を行うことにより、
手術を受けられ、助かる命も少なくありません。
 しかし、現状、人のような赤十字センターのようなものはなく、
飼主さんの知人、友人などに頼ることになっています。
今までは、動物病院で輸血用の犬を飼育しているところもありましたが、
現在、動物愛護の問題もあり、輸血目的もしくは、それを理由に飼育することは
大学でさえ、難しくなっています。
 本院では、輸血に協力してくださるボランティアの患者さんに
お願いしていますが、ボランティアの患者さんよりも、輸血希望の患者さんが
多いのが現状です。

 人でも、輸血となると大変なのに、ワンちゃん、ネコちゃんでは、
飼主さんも、とうの本人たちも辛いので、なかなか難しい問題です。
 これから、もっと多くの輸血で助かる子たちが増えてくると思われます。
その際、なんと手助けをしてもらえるような方が増えていくことをお願っています。

 この方も、近所の方が快く、輸血に承諾していただき、
飼主さんも、すぐにドナーが見つかり喜んでいらっしゃいました。
もちろん、供血していただいた患者さんには、血液検査、点滴などの
お金もかからず、説明もさせていただいた上での供血でしたので、
採血が終了した後も安心されて帰宅されました。

 手術を無事、終え、飼主さんは近所の方に本当に感謝していらっしゃいました。
この子は、捨て犬だったので、地域の方が総出で助けようとした幸せなワンちゃんだと思います。
 
 早く元気になって、みんなに感謝の姿を見せれるよう、現在、頑張っています。

 
   
犬の血管外膜細胞腫の外科手術
 16歳の盲導犬をしていたワンちゃんが来院されました。
長い間、目の不自由なかたのために働いてきたワンちゃんです。
飼主さんも、それに応えるかのうような、良い関係の2人?です。

 来院の目的は、お腹の左側の皮膚の下にしこりがあるということでした。
すぐに、触診を行いました。
確かに、何かあります。でも、しこりというよりは、ポニョポニョした塊です。
いわゆる、塊、しこりというのではなく、豆腐のような感じです。
16歳という年齢もあり、すぐに外科手術ということにはならず、
抗生剤、抗炎症剤で1週間様子を見ました。
1週間後にはかなり小さくなりましたが、やはり、ポニョポニョしています。

 そこで、飼主さんと相談し、16歳とはいえ、まだまだ長生きすることを考えると
腫瘍を放置することはできないということになり、外科手術に前向きに取り組みました。
 一番の問題点はやはり、年齢です。
大型犬の16歳となると、寿命と考える方も少なくないでしょう。
本院では、もちろん、年齢も重要な麻酔のリスクファクターですが、
それよりも、心臓、内臓に問題ないか、転移はしていなかなどが重要です。
 飼主さんに、手術を行う前にしっかりとした、検査を要望しました。
飼主さんもその辺りは納得され、検査を行いました。
 結果は、すべて問題なしということで、手術となりました。

外膜細胞腫 オペ前.

このように写真でみる、どこに腫瘍があるのか分からないです。

血管外膜細胞腫 オペ中

 皮膚を切開すると、このように、筋肉に付着し、さらに、筋層の間にも入り込んでいます。
筋層に入り込んだ腫瘍を筋肉ごと切除し、さらに、皮膚も切除します。
 この血管外膜細胞腫の大変なところは、取り残すと再発を繰り返し、
転移することあることです。
 現在、病理学的には悪性とも良性ともつかない腫瘍と言われていますが、
転移することを考えると、『転移しにくい悪性』と考えています。
 外科的に切除するか、放射線療法、抗がん剤療法があります。
本人では、マージンに余裕を持って切除できる場合は、外科切除のみ。
マージンが取れない、もしくは、深い場合は、放射線療法で小さくしておき
外科的に完全切除を行います。
 この腫瘍は、どこにでもできるので、1回目の手術で完全切除できるかどうかを
見極める必要があります。
 完全切除できない場合は、放射線療法を併用します。
しかし、現在、放射線療法は酪農学園大学と釧路の病院くらいしかありません。
なので、計画的な切除が必要になります。

 手術は無事終了し、当日に退院となりました。
飼主さんも16歳と高齢であることから、かなり心配されていましたが、
歩いて退院できたので、安心されていました。


copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.