新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

皮膚型肥満細胞腫の外科手術
 皮膚にできるイボには、さまざまなものがあります。
年を召してきて、できるイボ、良性のイボ、悪性のイボなどです。

 今回は、パッと見は炎症かな?それとも良性かな?と判断に苦しむ
イボを飼主さんと相談のうえ、病理検査を行い、悪性と診断され、手術を行った症例です。

 9歳の雑種のわんちゃんが、皮膚が痒いと来院されました。
この子は、今までも季節性のアレルギーでこの時期には必ず、来院します。
アレルギーの治療もお話も終わりかけてたとき、飼主さんが思い出したように
「この皮膚のイボ、大丈夫?」と聞かれました。
 イボを見ると、確かに直径0.6cm大のイボが皮膚にできています。

皮膚型肥満細胞腫

このように、皮膚に小さな赤いポッチがあるので、
飼主さんが見ると、傷かな?噛んだのかな?と思うと思います。
また、肥満細胞腫は大きくなったり、小さくなったりする腫瘍です。
だから、飼主さんは腫瘍のイメージがなく、様子を見ていることが少なくないです。

 この子の場合も、当初、様子を見ていたようですが、
気になるので、他の用事の際、飼主さんから聞かれ、病理検査を行いました。
これに似た腫瘍で『形質細胞腫』という腫瘍がありますが、それは、
2~3か月もするとなくなる良性の腫瘍です。
 肥満細胞腫は悪性の腫瘍、形質細胞腫は良性の腫瘍です。
外見は似ているものもあるので、確定診断は病理検査になります。
検査は、麻酔もせず、簡単に検査ができるのであれ?と思われたら検査をお薦めしています。

 さて、この子は、『肥満細胞腫』と診断されてからすぐに手術となりました。
肥満細胞腫は再発の多い腫瘍で有名なので、腫瘍から約2cmずつ
大きく切り取り、ドレーンチューブを装着し、その日に退院となりました。

肥満細胞腫 術中

 このように、腫瘍の近くには大きな栄養血管が多く
いつものようにさっさと手術をしていくとかなりの出血になるので、
腫瘍の手術の際は、より慎重に手術を行っています。
この血管は、腫瘍に入り込み、さらに、栄養を与えている血管であること、
また、この血管を切り取ることで後遺症などもないと判断し、切除しました。
 飼主さんには術前にかなり大きく切り取ります(マージンを多く取って)と
伝えていたので、ビックリしていなかったですが、話をしていないと
きっと、驚かれると思います。

肥満細胞腫 術後

 本院では、腫瘍の場合、ほとんどが術前に診断を付けるので
どれくらいの大きさになるとか、痛みなど、またドレーンの装着の有無なども
事前に決まっていることが多いので、特に術後、バタバタすることは少ないです。
 術後、切り取った腫瘍を再度、病理検査を行い、
転移の有無、マージンの有無、確定診断を行いました。
転移はなかったのですが、肥満細胞腫の中では、3段階の悪性のグレード分類の中の
真ん中の分類になったため、現在は、抗がん剤治療を行っています。

 抗がん剤と聞くと、飼主さんの多くが毛が抜ける、吐く、元気ないなどの
悪いイメージがあると思いますが、犬猫の場合、吐く、脱毛などの症状もありますが、
飼主さんが想像するような副作用は多くありません。
 
 飼主さんに、手術だけの場合、また、手術後に抗がん剤を行った場合、
その両方を、今までのエビデンスに基づきお話をさせていただき、
抗がん剤の治療を選択されました。
 現在、抗がん剤の治療を行っておりますが、副作用もなく
飼主さんも喜ばれています。
 抗がん剤は、2か月で終了するので、それまで飼主さん一緒に
この子を治す努力をしたいと思います。
  

 
スポンサーサイト
肝臓がん
 肝臓がんというと人では良く聞く腫瘍の1つだと思います。
動物はどうなんでしょうか?
 犬の場合、脾臓などの血液系に関係しているもの、
また、血管に関係しているものを除いたすべての腫瘍の中で、約50%肝臓がんで
あるという報告があるように、結構、多い腫瘍です。

 本院では腹部超音波検査時に見つかる場合が多い腫瘍です。
それ以外では、元気・食欲がなくなった、もしくは、お腹が腫れてきたなど
いろいろな症状で来院されます。

 では、超音波ではどのように見えるのでしょうか?
下に画像をお見せします。

肝臓癌USG 

 黒く丸いところが胆のうで、色の付いているところが、腫瘍になります。
腫瘍が胆のうにくっついているところがあります。
また、腫瘍か、もしくはそれ以外のものかは、超音波でかなりの確率で分かりますが、
癌などの悪性腫瘍か良性腫瘍かは針生検をする必要性があります。
超音波ガイド下で腫瘍に向けて針を刺します。
針の中に残った細胞を病理検査を行い、診断をつけます。
この子は、病理の結果、『肝臓細胞がん』と診断されました。

 飼主さんと結果を話し合い、現在、腫瘍は3cmくらいと、さほど大きくないこと
また、臨床症状、血液検査所見、心臓など、また凝固系といって、肝臓に問題のある子は
血が固まりにくくなるので、そちらも検査を行いました。
 すべての結果、異常所見がないので、手術をお薦めしました。
飼主さんも、当初から手術を望んでいらっしゃるようで、手術の内容などをお話しさせていただき、
手術の日程を決め、手術になりました。

 このように、肝臓がんは早期に発見できると、腫瘍に随伴する病気もなく、
また、副作用も少なく手術に踏み切れます。
しかし、肝臓だけを超音波で見るために来院するというのも、大変でしょうから、
人の人間ドックのように、『ドッグドック』を勧めています。
年に1回、血液検査、レントゲン、超音波検査、心電図などを行うと良いかも知れません。
 若い時からではなくても良いので、犬猫のシニアの7才くらいで
ドッグドックをされるのが良いかもしれませんね。
 
 この子も7歳でした。
肝臓がんは症状が出たときには、腫瘍自体が大きくなり、
手術にもリスクが付きまとわるので、健康な時に見つけるのが良いと思われます。
でも、健康な時に病院に行くのも大変なのも理解しています。
 
 飼主さんの中には、誕生日に検査とか、ご自分が検査を受けた時に
愛犬、愛猫の検査もという方も多くいらっしゃいます。
 
 この子のように、たまたま見つかることが良いかもしれませんが、
イヌやネコにも肝臓がんがあることを知っていただけるとありがたいです。
子宮蓄膿症の症状
 ワンちゃん、ネコちゃんの飼い主さんが子宮、卵巣の病気が怖いので
避妊を考えていると話をされるのを良く耳にします。
 では、本当に子宮、卵巣疾患は多いのでしょうか。
人と比べることは、難しいですが、そう多くはないと思います。
とくに、人と違い、不妊手術が広まり、ほとんどの飼主さんが
子供のころに不妊手術をされるようになったのも要因の一つだと思います。

 卵巣に多い疾患は卵巣腫瘍だと思います。
この疾患は、卵巣にある、黄体、卵胞が腫瘍化し、中には癌化します。
 子宮疾患に関しては、子宮蓄膿症、子宮筋腫、子宮内膜炎、などがあります。
その中でも、子宮蓄膿症はとても多く、月に数回は見ています。
 この疾患は、発情期(ヒート、人によっては生理)といわれる時期が終わってから
約1カ月以内に、食欲・元気減退、嘔吐、下痢、おりもの、大量の飲水などが見られます。
ほとんどの飼主さんが、上記の症状の2個以上を認めます。
 ポイントは、中高齢の子で、発情期終了後、1か月以内です。
さらに、症状が一致すれば、子宮蓄膿症を疑ったほうがよいですね。
確定診断は、超音波検査です。
 この疾患は早期に見つけると、手術で完全に治癒します。
しかし、発見が遅れると腎不全、DIC、腹膜炎、多臓器不全で死に至ります。
 
 お腹を開けると、このように子宮が大きくなり、
ソーセージのようになり、中には膿がたまっている状態です。 
これは、ゴールデンの子宮蓄膿症で貧血も併発していた症例です。
子宮蓄膿症 巨大

 このように、手術となると、他の疾患を併発していたり、
また、麻酔にリスクがかかることもあるので、早々に見つけることが良いでしょう。
そのためには、避妊を手術を受けていないワンちゃん、ネコちゃんの飼主さんは、
発情があれば、発情終了後1か月は良く観察しておいてください。
 もし、あれ?と思うことがあれば、先生に相談すると良いでしょう。

 この写真の子は、術後2日で貧血も改善し、歩いて帰宅されました。
病院に連れて来ていただいた際、子宮蓄膿症と診断し、手術をしないと
危ないですよ。と伝えました。
13歳と高齢なので、飼主さんがすごく心配され、また、手術をするのは・・・と
とても悩まれていました。
 飼主さんに血液検査、レントゲン、エコー検査、心電図の検査から
年齢はたしかに高齢でリスクもあるように思えますが、さまざまな検査の結果から
手術に耐えることが可能だとお話をさせていただき、手術に踏み切られました。
 
 現在、通院もなく、自宅でのんびり過ごしています。
この疾患は、避妊手術をしているとなりませんが、避妊手術を受けていないから
なる病気もありません。
 すべてのワンちゃんがなる疾患ではありませんが、避妊をされていない方は
気をつけて見てあげていてください。
きっと、何かのシグナル発していると思います。

 
うさぎの膀胱結石 外科手術
 うさぎの膀胱結石は日常的に見る疾患です。
原因は、水の飲む量、おしっこの回数、食事の組成などさまざまですが、
症状は、血尿と分かりやすいので、飼い主さんも早々に気づかれます。
 しかし、中にはポルフィリン尿のように、赤くはない、血尿に見えないこともあります。
そういった場合、結石が形成されていることが多くあります。

 膀胱結石の診断は、犬や猫と違い、超音波検査でしか見つからない結石は少なく、
ほとんどの場合、レントゲンで確認できます。
この子も、レントゲンですぐに結石が確認でき、飼い主さんにも見ていただきました。

 うさぎの膀胱結石 レントゲン1

 2個の膀胱結石がおなかの中にあるのがあるのが分かると思います。
術後はこのように、結石がなくなっています。

 レントゲン2

 この子は、5歳以上で、いわゆるうさぎの麻酔にリスクが生じる年齢だったので
飼い主さんと術前からお話をし、麻酔のリスク、手術をしない場合のリスクなど
ゆっくりとお話をさせていただきました。
良くお話をさせていただいた結果、内科療法をおこないました。
しかし、症状が改善せず再度、お話を行い、外科手術となりました。
 手術は飼い主さんにも居ていただき、血管確保を行い、吸入麻酔を行い、
膀胱を切開し、結石を取り除きました。

 うさぎの膀胱結石 術中1

 このように、なるべく小さな傷にし、膀胱切開も可能な限り小さいものにしています。
この子は膀胱炎が重度で膀胱壁が肥厚し、教科書的な縫合ができない状態でした。
そこで、膀胱の縫合を特別な縫合に変え、吸収糸で縫合を行い、縫ったところからの
尿の漏れを確認の上、お腹を閉じました。
 術後は2日間、尿道にカテーテルを装着し、入院としました。
翌日からご飯もモリモリ食べ、麻酔をかけるときから覚めるまで一緒にいた飼い主さんも
かなりびっくりされていました。
術前より、明らかに元気になっていました。
うさぎさんはカテーテルや入院が好きではないので、ストレスでご飯を食べないことがありますが、
この子は、ストレスのスの字もなく、もしゃもしゃ食べていました。
 結石分析の結果は、『炭酸カルシウム』で結石としては珍しくないものでした。
 手術の後、2日で退院され、10日後に抜糸を行い、現在は再発なく元気に過ごしています。
病院から遠くに住まれている方なので、検査や、治療で大変苦慮もされたと思いますが、
術後も毎日、面会され、治療にも熱心だったので、良くなって本当に良かったと思います。
 飼い主さんの熱い思いが伝わったのだと思います。
 
 今も、すごい勢いで、もしゃもしゃご飯を食べているかと思うと、顔がニコニコしてきます。
本当に、御苦労さまでした。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.