新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

マイボーム腺腫の外科手術
 人の場合、眼にイボがあることは多くありませんが、
犬の場合、眼のふちにイボがあることはよく見かけます。

 この子も、1年前から眼にイボがあり、徐々に大きくなってきたので
心配で、来院されました。
 眼には、このように上と下にイボがあります。
診断名はマイボーム腺腫です。
 ほとんどが良性の腫瘍で、徐々に大きくなるのが特徴です。
目薬だとか、内服薬では治ることはほとんどありません。

 この子も1年かけて、徐々に大きくなりました。
このままにすると、角膜にあたり、角膜炎を起こすか、角膜潰瘍を起こし、
目ヤニ、涙がひどくなり、最悪は失明することもあります。

飼主さんは、徐々に大きくなった腫瘍を気にして来院されたので、
手術には前向きでしたが、お年もいっているので心配されていました。
本院では、どんな手術でも術前検査を行い、麻酔のリスクを確認してから
手術のお話をしますので、この子も、事前に検査を受けていただき、
さらに、手術に立ち会っていただくことになりました。

 手術前の写真です。
マイボーム腺  オペ前

 このように、直径0.6cm大の腫瘍が眼のふちにできています。
もう一つは眼を閉じているので、分かりにくいですが、直径0.4cm大の腫瘍です。

 手術は、眼のふちごと、切り取り吸収糸(溶ける糸)を使用し、
元の形に戻しながら、縫合します。

マイボーム腺腫 オペ後

 術後、すぐの写真です。
痛々しいですが、出血量も抑えていますし、痛み止めを使用し
手術を行っていますので、思ったより痛がりません。
でも、痛くないとはいえませんね。
 ごめんね。

 飼主さんも立ち会っていらしゃったので、全てを診ていただきながら、
術後の目の形が気にならないように縫合し、終了しました。
 飼主さんも、最後まで手術を見られ、安心されていました。

 手術は、僕たちにとっては毎日のことですが、
飼主さんいにとっては一生に1度あるか無いかの大きな出来事です。
なるべく、飼主さんの不安を取り払えるように、術前検査を行い、
手術の内容、術後の注意点までお話をしてから、手術に入ります。
また、希望があれば手術に立ち会えるようにしています。
 
 現在、おめめをこすらないようにカラーを付けていただいています。
1週間の辛抱なので、もう少し待っていてくださいね。
 パッチリおめめになりますから。
スポンサーサイト
交通事故の膀胱破裂
 M.ダックスの子が車にひかれ、歩けないと緊急の連絡がありました。
すぐに来院していただき、診察を始めるとレントゲンで、後肢の骨折を確認しました。

 飼主さんは肢が動かないことと、骨折を気にされていました。
僕たちは骨折などはいつでも治せるので、整形に関しては、あまり
気にしていないのですが、飼主さんは見えてることが気になるのでしょうね。
僕も飼主なら、一番、気になる点は目に見える所だとおもいます。

 交通事故で一番重要なのは、生死にかかわることが起こっているかでしょう。
この子も、すぐに、胸部レントゲン、腹部レントゲン、血液検査を行ない、
その後、エコー検査(超音波検査)も行いました。
 エコー検査で、膀胱の中に高エコーのものが見えたので、
膀胱破裂を疑い膀胱造影検査を行いました。
 膀胱造影は、尿道にカテーテルを通し、そこに、特別な造影剤を流し、
膀胱の形などを確認します。
この検査は、膀胱腫瘍、前立腺疾患などにも使っています。
膀胱腫瘍などは、エコー検査のほうが詳しい情報が得られるので、
する機会は減っていますが、必ず造影は行っています。

 造影剤を流してみると、このように膀胱に流れ込まず、
お腹の中にばらまかれていました。

膀胱破裂

この結果から、尿道破裂もしくは、膀胱破裂を疑い、手術となります。

 手術の結果、尿道破裂、膀胱破裂前立腺損傷が認められ、膀胱の損傷がひどく
再生が不可能なので膀胱を切除し、尿管を陰茎につなげています。

 このように、交通事故などでは骨折以外に、生死にかかわることが
内臓でおきている事が少なくないので、元気だから様子を診るより、
詳しく検査をしたほうがよいでしょうね。

 現在、この子は元気に飼主さんと自宅で過ごしています。  

 特に、犬や猫は体が柔らかく柔軟なので、目立った外傷がなくても
重症の子をたくさん診て来ています。
 人の場合も、事故の翌日に急変し死亡する場合が少なくないので
物を言えない子達なので、検査に協力してくださいね。

 飼主さんの生き甲斐のような子なので、助かって良かったですね。
車には気をつけて。

仔犬の骨折
 3ヶ月の仔犬がびっこを引くと来院されました。
お子さんが、抱っこしていて落としたということでした。

 ワンちゃんは、足を上げて、触ると痛がります。
飼主さんに骨折の疑いがあることを伝え、レントゲン検査をさせていただきました。
できがった写真を見ると、このように骨折していました。

 仔犬の骨折

 骨折していたのは、後肢の脛骨で、人でいうとスネの骨です。
人と違い、犬の後肢の下の部分には2本の骨があり、この子は
脛骨、ひ骨が両方折れていました。
  
 この写真を飼主さんにお見せし、今後の治療方針をお伝えしました。
1.手術による外科的治療
2.外固定による外科的治療を行わない方法

 飼主さんには両治療の概要をお伝えし、外科的な治療を希望されました。
外科的な治療には、プレート法、創外固定法、ピンニングがあり、
これらも全てお話をさせていただき、経済的な問題、本人の今後の経過などから
ピンニングを希望されました。

 この子は3ヶ月のポメラニアンということもあり、
スクリューを入れるスペースが乏しいこと、経済的な負担からピンニングといい、
昔からある、手術法で行いました。

仔犬の骨折 術後2
仔犬の骨折 術後1

 手術は1時間半で全て終わり、翌日にはご自宅に帰りました。
骨の太さが1cmにも満たないので、大変な手術ですが、
術後もよく、手術の翌日には自宅に帰れました。
 術後、1ヶ月くらいでこのピンを取り除くことになりますが、
この手技自体は、簡単なもので、半日で帰宅できます。
 
 本院では、骨折の治療も多く、このピンニング法以外にも
プレート法、創外固定法も行っており、手術法に関しても、
また、経済的な面に関しても術前に飼主さんとよくお話をした上で決定しています。

 この子を落としてしまったお子さんは術後、すぐに面会にいらっしゃり
手術が成功し、走れるようになることをお伝えすると、悲しいでいた顔が
笑顔になったのが印象的でした。
また、入院中も面会にまめに来られていた飼主さんもすぐに退院でき、
喜ばれていました。
 手術の夜にはおじいちゃんからもお電話があり、喜ばれていました。

 1日も早く、ピンが抜けるようになればよいですね。
もう少しの我慢ですので、1ヶ月辛抱してくださいね。


 
猫の失明(伝染性鼻気管炎)の手術
 人は風邪を引きますが、猫はどうなんでしょうか?
猫は風邪を引きません。猫に風邪のウイルスは無いので、風邪は引きません。
でも、よく動物病院で風邪ですと診断されるのは、猫の風邪といわれる
『猫伝染性鼻気管炎』です。別名『FVR』といわれます。

 今回、猫のFVRに罹患し、角膜炎から角膜潰瘍になり、穿孔し
失明した猫の眼球摘出術を行ったので、紹介します。

 子猫を拾われたことのある方は、ご存知かもしれませんが、
拾われた猫ちゃんのお眼めから目ヤニ、涙が出ていて、
鼻水も出ている子を見たことがあるかもしれません。
 その子は、きっとFVRに伝染しているのでしょうね。
猫のFVRが親猫から伝染することが多く、特に捨てられた猫ちゃんは
親から離れたストレス、環境の変化、食事などの様々なストレスから
発症するものと思われます。
 FVRは一度感染すると、一生にわたり持続感染し、健康な時は
神経節に潜伏感染し、ストレスなどの状況で発症します。

 この子のように、目ヤニ、涙が大量に出て来院されることがあります。
FVR 猫.

この子は1ヶ月前から近くの病院で診察・治療されており、
鼻水はなく、食欲もあったようです。
しかし、治療に反応せず、眼が悪化したため、紹介で遠方から来院されました。
初めて見せていただいた際には、デスメ膜瘤になり、眼が破裂寸前でした。

FVR 猫1

飼主さんに、破裂寸前であること、破裂までは時間の問題であること、
現在の獣医学では、改善が難しいことをお伝えし、手術をお勧めしました。
 飼主さんは治ると思い治療されてきたので、困惑されており、
考える時間が欲しいとのことで、手術は延期となりました。

 数日後、飼主さんからお電話があり、
眼から水のようなものが出て、目が開かなくなった、失明したかもと
あわてて連絡がありました。
 診察をすると、確かに、角膜穿孔していました。
飼主さんも手術が必要と理解されており、緊急に手術となりました。
 手術は、角膜穿孔で、角膜が損傷を受け眼球温存が難しいので、
眼球を切除し、感染症を起こさないよう、眼瞼縫合を行いました。

 
犬の大腸癌の手術法
 犬の大腸癌は人の大腸癌よりも発生頻度は少ないですが、
年に数回、来院されます。
 今回は、開腹せずに、大腸癌を切除し、完治した症例を紹介します。

 犬の大腸癌の初期症状は下血で来院されることが多いです。
本院でもほとんどの場合、完治しない下血で来院され、
精密検査で大腸癌だと診断されます。
 検査とは肛門から指を入れる、直腸診と内視鏡検査になります。
直腸診は指の届く範囲までしか検査ができないこと、また、触診できたとしても
その奥に、まだ腫瘍がある場合、再発や手術で取り切れないことも考え
ほとんどの子で内視鏡での検査を行っています。
 この子も、直腸診では分からず、内視鏡検査で診断されました。
内視鏡検査の最中に腫瘍を見つけ、カンシを使い、病理検査を行い、
大腸癌(腺癌)と診断をされました。

大腸癌 術前

 このように、浮腫を伴い、腫れて肛門から飛び出しています。
すぐに、飼主さんと手術に関して、お話をしました。
 外科的に切除するしかないですが、内視鏡検査では
この腫瘍の奥には癌は無いことが分かっているので、
開腹手術をするよりは、直腸引き抜き術(プルスルー)がベストの方法だであることを
お伝えしました。
 飼主さんはお腹をあける手術を考えていたようなので、
お腹を開けないで、摘出が可能な方法があるならと、プルスルーを希望されました。
 
 翌日に緊急手術を行いました。
手術は肛門からアプローチし、筋層まで取り除くプルスルーを行いました。
全層直腸引き抜き術で、この方法以外にも粘膜面のみ切除する方法があります。
どちらを選択するかは、腫瘍の挙動により、全層もしくは粘膜面のみかを決めています。

これが、術中の状態です。

大腸癌術中

 このように、直腸を肛門から引き出し、お腹を開けずに癌を摘出できます。
術後はこのようになります。

大腸癌 術後

 術後は2日後に退院となりました。
切除した腸には癌が見つかり、完全に取り切れており、
再発もないと診断されました。

 大腸癌は肛門から10cm以上、奥でもプルスルーを行えば
ほとんどの場合、開腹しなくても切除できます。
この子も、開腹せずに済んだので、術後もすぐに食事を食べられ
痛みも少なく、すぐに退院できました。

 飼主さんも手術が終わるまで、心配されていましたが
手術後、すぐ退院でき、元気なので安心されたようです。
 お尻は痛いですが、早く退院でき、ワンちゃんも安心したと思います。


散歩中の外傷
 ワンちゃんの散歩中に色々なものが落ちているのに気づきますね。
ウンチ、ガム、ゴミ袋、これらはワンちゃんを飼っている方にしてみれば
気になるものの一つだと思います。

 この子は、元気に散歩していて、急に「キャン」と鳴いてから
肢を上げて歩かないということで、救急で来院されました。
 わんちゃんは中型犬でとても活発な男の子です。
以前にも、ドッグランで怪我をして皮膚を縫い合わせたことがありました。

 今回も、救急で来られた際、また怪我をしたのかと考えながら診察に入りました。
ワンちゃんの手を見るとこのように、木の枝が刺さっています。
それも、貫通しています。

枝の貫通

 飼主さんは、引き抜こうか考えたようですが、出血を恐れ、病院に連れて来られたそうです。
すぐに、全体の状況を見ると、ワンちゃん自体は元気でショック状態でもなく、
すこぶる元気でした。
 痛みをとる必要があるので、鎮痛剤の投与を行い、
飼主さん立会いの下で、麻酔をかけ、周りの組織を確認しながら、ゆっくりと引き抜きました。
やはり、出血を伴う手技でしたが、動脈には損傷はなく、出血も止まり、すぐに退院となりました。

枝の貫通 2.

 今回は、刺さった場所が良く、神経の走行も動脈の走行も無い場所を貫通していました。
もし、神経、動脈を貫通していれば、無理に飼主さんが引き抜けば、大変なことになっていました。
 たまたま、以前からこの飼主さんのワンちゃんたちは元気で本院でも
外傷治療を飼主さんの前で行っていたので、その際、色々なお話をさせていただいていたので、
無理に引き抜かずに来院されたのが良かったと思われます。
 この子は、手術の終わった日に、すぐに退院され、術後1週間で抜糸を行い、
傷もきれいに治っていました。
 もちろん、元気に走り回れるようになっています。

 年に1回位のペースで外傷で来院されるほど、元気なことは良いですが、
なるべく、病院に来るほどの怪我はしないようにと毎回、飼主さんとお話をしています。
でも、来るんでしょうかね。。。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.