新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

耳血腫の新しい治療法
 お耳が腫れて来院される、大型犬がいます。
『先生、急に耳が腫れて大きくなった』と来院されます。
 その中には、『耳血腫』だわと診断を付けてから来られる方もいます。
それは、以前、同じ病気で手術した経験がある方です。
 この方も以前、耳血腫を発症し、治療経験があるようでした。

 耳血腫は自己免疫疾患が要因にあると分かりはじめていますが、
本当のところは不明のようです。
 治療法は、内科的に時間をかけて治す方法。
        外科的に治す方法(切開、ドレナージ、マットレス縫合など)があります。

 この子は肝臓に疾患を持っているため、可能な限り麻酔をかけないようにという
希望を飼主さんが持たれていたので、内科療法にしていました。
しかし、内科療法は治るのに時間がかかるため、麻酔をかけないでよい方法が無いかと
飼主さんから質問され、麻酔、鎮静なしでの外科的治療法があることをお伝えし、
その方法を行いました。
 
 これは、特別な名前が付いていませんが、ドレナージ法の変法です。
このように、耳血腫に対して、ドレーンを装着する方法です。
 この方法の長所は、老犬などや、基礎疾患があり、麻酔、鎮静に耐えれない症例。
手術はちょっと・・・という飼主さんどには良い治療法です。
今まで、この治療法を行った症例は全て完治しました。

耳血腫 オペ1.jpg
耳血腫 2

 このように、耳にカテーテルを挿入し、
持続的に耳の中の漿液を排出し、治療するという方法です。

 この治療法の良いところは、全身麻酔をかけなくても良いところ、
また、鎮静も必要ないので、心臓疾患、肝臓疾患などを持つ子には
有用な方法だと思います。

 もちろん、この治療法がベストではなく、今までの治療法も行っております。
飼主さんに、色々な治療法の選択枝があることは、医療として必要と思われます。
本院では、治療法に関して、一長一短があるので、それらを分かりやすくお話し、
飼主さんに、自分の犬猫にあった治療法を選んでいただいています。

 この子は、肝疾患があり、手術も望んでいらっしゃんらかったので、
良い治療があるのね、と喜ばれました。

 早く良くなると良いですね。
スポンサーサイト
椎間板ヘルニア
 椎間板ヘルニアというと、老齢とか太ったとかいうイメージがあると思いますが、
そうではない例が多いことはあまり知られていないので、若く、細い子の症例を紹介します。

 この子は、3歳のMダックス 男の子 昨日から急に後足がふらつくと来院されました。
ダックスで、後足がおかしいというので、触診を行い、胸椎を押すと痛みがあるので、
胸腰椎のレントゲンを撮ってみました。
椎間板ヘルニア 


 胸椎の11~13の椎間が明らかに狭く、その部位を押すと圧痛があるので、
椎間板疾患を疑い、精査を行いました。
 精査の結果、レントゲンの写真と同様に11~13間に椎間板物質が飛び出して
脊髄神経を押しています。
 飼主さんと内科療法を試みるみるより、すぐに手術をしたほうが歩けるようになること、
手術のリスク、今までの成功率などを全てお話し、緊急手術をなりました。

 手術は胸椎11番目から胸椎の13番目まで椎骨をはがし、椎間板物質を取り除きました。
手術中に胸椎13番目と腰椎1番目の間も椎間板物質が飛び出しているので
予防的にその部位も手術を行いました。
椎間板ヘルニア オペ中


 手術は無事、2時間で終了し、脊髄の損傷も少なく、術後には
後足の痛みも出ていました。
 また、翌日には食欲もあり、術後2日目に退院としました。
本院では可能な限り、入院の期間を短くするよう努力しています。
 この子も、ヘルニアの大きな手術でしたが、術後の経過も良く、
また、脊髄の損傷もほとんど無い状況だったので、飼主さんと相談し、
入院したほうが良い点、退院したほうが良い点などを話し合い、
自宅での療養が可能であるということから術後2日での退院となりました。

退院の際には痛みにも反応を示し、良い兆候が認められました。
飼主さんも、手術して2日目で肢に反応が出ているので、喜ばれていました。
この子は、まだ3歳と若く、一生、車椅子もしくは、走れないのは辛く、それも
長いので、早々に手術に踏み切れてよかったと思います。
 椎間板ヘルニアは、内科療法でも改善することがありますが、
内科療法に頼りすぎて、一生、歩けなくなることもあるので、
その判断は獣医師によるところが多いと思います。

 この子のように、手術が必要な場合は少なくないので、
これからも、早期に方針を決めるれるよう、診断、治療までの時間なども
努力するように努めています。

 また、走れるようになる日が早く来ることを願いながら
飼主さんもリハビリに懸命なので、陰ながら私も応援していますね。

 
 
ダニの季節到来
 春になると、暖かくなり、狂犬病のはがきが届き
ダニを付け来られます。

 この子も、春を告げるダニをくっつけて来院されました。
この子の来院前にもダニが付き、飼主さんが自分で取ろうとして
顎だけ皮膚に残り、びっくりして来院されたケースもありました。
 ダニは、急に暖かくなる、この季節に爆発的に増えて、
ワンちゃんの頭部にダニを付けて来院される場合と
飼主さんがダニを取りそこない、来院される場合があります。

 ダニ付着
 

ダニ

 本院では、フォートレオンという、背中に液体を垂らすことにより
ダニ、ノミを1ヶ月、寄せ付けない薬を使用しております。
 この薬は、市販品と違い、ダニに『咬まれない』ことが売りです。
市販品もしくは、他のお薬はダニが血を吸い、吸血してから
死ぬというのが現状でした。
しかし、この薬はダニが動物の皮膚に付くと足が熱くなり
皮膚から落ちるというのがポイントです。

 本州ではバベシアという寄生虫がダニを媒介し
貧血を起こし、死ぬ場合も少なくありません。
 この薬を使用すると、動物の血を吸う前に落ちるので
吸われることが無く、バベシアに寄生されることもありません。
 またヨーロッパでは、蚊も寄せ付けないことで認可を取っていますが、
日本では、その認可を取っていないので、蚊に関しては保障はされていませんが。
このように、ダニが媒介する病気の予防、また、ダニに吸われ、ダニを取る痛みから
開放されるので、散歩する地域にダニがいると思われる場合は
使用されると良いかも知れませんね。

 前年、使用された方は、毎年、使われるので良い薬だと考えています。
薬は・・・と思われる方は、散歩後に細かいブラシで全身、ブラッシングを行い
ダニが吸う前に落としてあげることが重要ですね。
 吸われる前に、対処がベストなんでしょうね。
猫の乳腺腫瘍(外科切除)
 お年になってきた猫ちゃんがお腹にしこりがあると来院される場合、
『乳腺腫瘍』の場合が多く、この子も乳腺腫瘍でした。

 犬の乳腺腫瘍に比べ、猫の乳腺腫瘍は多くありませんが、
乳腺腫瘍が見つかった場合、ほとんどが悪性腫瘍の『腺癌』です。

 この子も、昨年からお腹にしこりがあり、気になるので来院されました。
診察をすると、一番下の乳頭の横に2cm大のしこりがありました。
飼主さんに乳腺腫瘍の疑いがあるので、検査を薦めました。
検査は、胸のレントゲン、血液検査、細胞針です。
胸のレントゲンは乳腺腫瘍の場合、転移場所として肺に転移が多いためです。
血液検査は、麻酔をかけれるか、また、DICという重い病気になっていないかを確認するためです。
細胞針とはその腫瘍が、何なのか、また悪性か良性かを見極めるためです。
 上記の検査の結果、肺に転移像思われる病変が認められ、
血液検査では異常は認めず、細胞針では、悪性の乳腺腫瘍をと仮診断しました。
 この結果をもとに、飼主さんと話し合いを行いましたが、飼主さんもかなりショックを受けていたようで
すぐに、今後の方針を決めるのではなく、ご家族と相談の上、決めは?とお話をさせていただき、
翌日に、考えた結果、手術をすることになりました。
 手術の方も色々、あるので、全てお話をさせていただき、
片側乳腺摘出術を行うことになりました、これは、再発をさせないためです。
この子は、避妊をされていたので、避妊手術は行いませんでした。

手術は無事、1時間半で終了し翌日に、退院となりました。
手術後、3日でドレーンを抜き取り、1週間後に抜糸となりました。
 手術後、1週間後に病理検査が返ってきました。
結果は、『腺管癌』いわゆる、乳がんでした。
さらに、脈管侵襲といって転移もしていました。

 検査の際に、危惧していた肺の転移像は疑いではなく
転移の可能性が高くなりました。
 現在、猫の乳腺腫瘍の肺転移に関して、特効薬は見つかっておらず
この子の飼主さんともお話をし、今後の方針を決めていく予定です。

 猫の乳腺腫瘍は現在のところ、やはり早期発見早期治療しかないですが、
ワンちゃんに比べ、予防などで来院する機会が少ないのが、猫ちゃんです。
うちの猫も、犬に比べ、皮膚病なども少なく、病院に行くことも無いようです。
 猫ちゃんの飼主さんは、可能な限り、少しの変化でも気づいていただき
病院に行くことが面倒なら、お電話でも頂けると、早々に病気を見つけることも
可能になるかもしれませので、あれ?と感じたらご相談ください。
ウサギの子宮腺癌
 ウサギの患者さんが、年々増えています。
北海道では、まだ、ウサギ専門の動物病院がありません。
ウサギが好きで、ウサギの診療に力を入れている先生も増えてきました。

 本院でも、ウサギの患者さんが増えて、手術するケースが増えています。
ウサギは犬、猫とお薬の使用量、使用方法もまったく異なるので、
一から勉強しなくてはなりません。
 また、とてもデリケートな動物なので、むやみに触診したり
検査したりが簡単ではない動物です。

 血尿があるというので、近くの病院に行かれ、レントゲンを撮り
『膀胱炎』と診断され、お薬も投与されました。
しかし、改善しないので、本院へ来院されました。
 血尿=膀胱炎というのはその通りですが
ウサギの年齢、オス,メス、出血の時間、タイミングを考慮し
仮診断します。
 この子は6歳、メス、未避妊、食欲問題なし、レントゲンでも問題ないとのことで
子宮疾患を疑い、超音波検査を行いました。
 飼主さんと一緒に超音波検査をしていると、明らかに子宮にマス様の陰影があり、
そのまま、エコーガイド下で尿検査を行いました。
 結果、膀胱尿には問題なく、画像診断でも子宮疾患を強く疑いました。

 飼主さんに子宮の病気で血尿になっていることをお伝えし
手術の薦めました。
しかし、本院ではウサギさんの麻酔は5歳を過ぎる頃から
難しくなるので、しっかりと麻酔に関してお話をさせていただき、
手術の際も立ち会うことで手術となりました。
 血液検査で特に異常も認めず、手術の日になりました。

 手術の前に、痛み止めを接種し、血管を静脈に確保し
麻酔となりました。
 お腹の毛を刈り、消毒をおこない、お腹を開けると
すぐにおかしな色になっている子宮を確認しました。

ウサギの子宮腺癌

 このように、子宮は子宮間膜に脂肪が大量に付き
子宮は赤く変色し大きく浮腫を起こしています。
 すぐに、子宮を取り除き、他の臓器に問題がないかを確認し
お腹を閉じました。

ウサギの子宮腺癌 病理

 取り除いた子宮はこのように、大量の脂肪と変性した子宮でした。
すぐに、病理検査に出し、結果は『子宮腺癌』でした。
 
 ウサギの子宮腺癌 術後

 手術後は覚醒するまで飼主さんもウサギさんの側にいていただき、
覚めるまで一緒に居ていただきました。
 手術の1時間後には普通に飛べるようになり
翌日、無事退院となりました。
 現在は、血尿もなく、食欲もあり
1週間から10日後に抜糸の予定です。

 飼主さんは手術の前から眠れなくて、精神的にも疲れていらっしゃいましたが
手術が予定より早く終わり、出血も少なかったことから、
術後から安心されていました。
 本当に、良かったですね。
 
 ウサギの不妊手術は海外に比べ、少ないと思いますが、
メスの場合、早い時期にされると良いと思います。
 この子のように、年齢を重ねるごとに脂肪が付き
手術も難しくなるので。
 
 子宮疾患はウサギでは良く見かける病気なので、
不妊手術をしていない、4歳以降のウサギさんの飼主さんは
覚えていただいているとありがたい疾患ですね。




copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.