新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

巨大、精巣腫瘤
 不妊手術(去勢手術・避妊手術)は犬、猫、ウサギを飼われて初めて
経験する、決断の時です。
 するべきか、しないべきか、とても悩みます。
不妊手術をすると良いところ、また良くないところもあります。
不妊手術をしないと良いところ、また良くないところもあります。

 ものの本によると、しないといけない、駄目と書かれている本もあるようです。
本院では、飼主さんに不妊手術に関して、良いところ、良くないところをすべてお話をし、
一緒に、どうすべきか、どうしたら良いかを決めています。

 今回は不妊手術をしなくて後悔された子を紹介いたします。
この子は、11歳のゴールデンレトリバーです。不妊(去勢)手術は行っていませんでした。

 飼主さんが、立てなくなり、タマタマがこんなに大きくなったと来院されました。
本人を診ると、かなり痩せており、食事もままならない様子でした。
すぐに、検査を行い、後肢が立てないのは脊髄疾患があり、これに関しては
手術を行い改善する見込みは無いことをお伝えし、飼主さんも納得されました。
 血液検査では、重度の貧血があり、飼主さんに手術は難しいかもしれないことを
お伝えしました。
 しかし、飼主さんの強い要望があり、入院させ、一般状態が改善してから
手術を行うことをお伝えし、入院となりました。

 入院後、翌日からご飯もモリモリ食べ、飼主さんもびっくりしていました。
血液の状態が改善したため、手術を行いました。

 これが術前の状態です、腫瘍の一部が破裂し、中から血膿」が大量に出たので
元々の大きさの半分くらいになっています。


精巣上皮腫 手術前.

このように僕の手のひらと変わりないくらい大きいです。
手術は貧血の子なので、可能な限り、止血に専念し、ドレーンを装着し
無事、手術は終わりました。


 精巣上皮腫 オペ後 ドレーン

 この子は、片側の精巣が異常に大きくなっていたので、
精巣を包んでいる、陰嚢(玉ブクロ)も一緒に切除しました。


 精巣上皮腫 オペ後 腫瘍塊

 このように、片側の精巣は正常な大きさで、
もう片側は正常なものにくらべ、数倍の大きさになっていました。
また、大きくなりすぎ、中のほうは壊死(腐る状態)に陥っていました。
 
 手術後、1時間で飼主さんに甘えるようになり、
翌日からは食欲旺盛で、ご飯の用意をしていると、落ち着かなくなるまで回復し
2日後に退院となりました。

 不妊手術をしていない子がみんな、こうなるとは言いませんが、
不妊せずに年を取ると、前立腺疾患、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア、精巣腫瘍など
さまざまな疾患になるリスクが増えることは間違いありません。
 もし、不妊腫手術をしていない子がいれば、
健康診断(ワクチン・フィラリアなど)の際に、獣医師に診てもらう事をお勧めします。

 大型犬が少なくなっているので、1頭でも多くの大型犬が
健康に暮らせればと思います。

スポンサーサイト
尿道結石の外科適応
 トイレに何度も行く、おしっこを我慢できないなどの症状が
あると、腎臓、膀胱、尿道などの疾患を疑います。
 検査は、尿検査を行いますが、ほとんどの子達が頻尿なので
病院で検査する際は、膀胱におしっこが溜まっていない場合があります。

 おしっこ関連の病気は本院では下記の手順で診断をつけます。
1、画像診断・・・レントゲン、超音波エコー
2、尿検査・・・・・尿沈査、顕微鏡検査
以上でほとんどの病気が診断できますが、
中には血液検査が必要なものもあります。
 上記の検査では、ほとんど飼主さんの前で行い、
すべて飼主さんにお見せしていますので、安心してください。

 この子は昨年にほかの病院で膀胱結石を摘出していただき
治ったのですが、やはり、再発したので本院にいらっしゃいました。
 数日前からおしっこがポタポタ出るくらいで、ほとんどおしっこが出なく
かわいそうだから何とかしてくれとおっしゃっていました。

 すぐに、レントゲンを撮ると、このように膀胱の中、おちんちんの骨の中に
結石があります。

 膀胱・尿道結石 1 今井ジョン

 拡大するとおちんちんの骨の下に4個、結石が詰まっています。
 尿道結石 陰茎骨 今井ジョン.

 尿道結石というと、下のように、おちんちんの骨の手前で止まるのがほとんどですが、
ここ数年、おちんちんの骨の中で止まることが多くなっています。
 尿道結石 清書

 犬のおちんちんに骨があることをご存知でないかたも多くいらっしゃると思いますが、
上記のように、おちんちんの中には立派な骨があるんです。
 その骨の中に膀胱結石が詰まり、おしっこを出なくします。
 治療法は
 ○尿路水圧法・・・おちんちんから管を入れて、水圧で膀胱に結石を戻す方法
            軽く沈静をかけて、お尻に指を入れ、尿道に圧をかけるのがコツです。
 ○尿道切開術・・・この子に実施した方法です。  
            ただ、この子はおちんちんの中に石が詰まったので
           陰茎骨の正中も切開しています。
 本院では、まず、水圧法を行い、膀胱に戻らない場合は切開します。
陰茎を切開し、出てきた結石がこれです。


 尿道結石 陰茎骨

 尿道切開を行い、膀胱の中にある結石が尿道につまらないように、
膀胱切開も行い、結石をすべて取り除きました。これが膀胱結石です。

 
 膀胱結石 今井ジョン

 この結石は膀胱の中から出てきた石の一部です。
これらが出来る原因は体質と食事・飲水が原因といわれています。

 この子も、フードは療法食を与えていたそうですが、
獣医師には内緒で『鶏肉』をお孫さんが与えていたようです。
 もちろん、『鶏肉』が原因と断定は出来ませんが、
療法食でカルシウム、リン、マグネシウムを制限していても
おやつでもらっていては・・・。
 飼主さんに、なるべく、療法食を与えている場合は他のものを
与える場合は獣医師に相談してくださいと、お伝えしています。

 私自身、自分の犬、猫におやつを与えているので
飼主さんに「与えるな!!」とは言い難いので、与えたい方は
是非、獣医師と相談してみてください。
 何か良い方法があるかもしれませんので。

 この子は手術後、数日、尿に血が混ざりますが、
自宅で療養しています。
 再発が無いよう、おやつは極力避けていくと飼主さんが
おしゃっていました。
 とくに、M、シュナウザーは結石の多い犬種なので、
気になった方は、尿検査をすることをお勧めいたします。
 
 今のドッグフードは、昔に比べ、尿石症対策も行われていいますので
トイレの回数が多くなった、トイレじゃない場所でしてしまったという事があれば
獣医師に相談するのも良いかもしれません。

 この子は、年始に抜糸予定です。
良い年になると良いですね。


 
            

M.ダックスの乳腺腫瘍(ドレーン)
現在も、人気の高いMダックスですが、流行の兆しから
早、10年近く経っています。
 そうすると、だんだんお年を召したダックスが多くなり
腫瘍(良性・悪性問わず)を患ったワンちゃんが増えています。

 この子も「お腹にプリッとしたものがある」と飼い主さんが連れてこられました。
この子は昨年、後足が動かなくなり、『ヘルニア』の手術を受けて間もない子です。
ヘルニアは手術で改善し、今では走れるようになっていますが、
不妊(避妊)をされていなかったので、診察の結果、『乳腺腫瘍』と診断しました。


 良性乳腺腫瘍 オペ前
 写真ではなんとなく乳首の横に『しこり?』様のものが見えます。
マッチ棒の頭くらいの大きさで、硬いしこりが触れます。
 この飼主さんは、毎日のようにお腹をさすっていただので気付かれたようです。

 手術は術前に病理検査で『悪性の可能性もあり』と診断が付いていたので
飼主さんと相談し、マージンは2cmを確保し付属リンパ節も切除をする方向で行いました。
飼主さんは気付かれていませんでしたが、反対側の乳腺にも
しこりがあり、同時に切除を行いました。

 良性乳腺腫 オペ後

 手術後に、この手術の痕を見ると大きく切るな~と思われる方も多いですが、
悪性のこともを考え、乳頭2つ、ソケイリンパ節も切除しました。

 これくらいの手術であればドレーンチューブは入れませんが、
もう少し大きい手術になると本院ではドレーンチューブを入れます。
ドレーンチューブとは組織を取り除いた場合、
『死腔』といって、空間が出来ます。そこに液体などが溜まり
破裂したり、炎症をまねいたり、最悪、傷が開いて再手術ということもあります。
 本院では、これらのことを予防するために、数日の間、
このチューブを入れておくことがあります。
乳腺腫瘍 ドレーン
 
 入れた当初は、そこから排液していますが、
ほとんどの子が2~3日で液が出なくなり、チューブを抜きます。
抜く際は麻酔などは必要なく、『スポッ』と抜けるので、
飼主さんはびっくりされます。
 
 乳腺腫瘍以外にもほとんどの腫瘍で利用しますが、
入れていた子のほうが、入れなった子に比べ、傷の治りが早いですね。
Mダックスのパターン脱毛症
 ここ数年、もちろん、現在もM、ダックスはたくさんの方に愛され続けています。
しかし、獣医業界ではこの犬種には、自己免疫疾患が多い、もしくは
変わった病気が多い犬種といわれています。

 その中でも、『パターン脱毛症』といわれる皮膚病が増えています。
本院でも、『パターン脱毛症』と診断をすることが多くなりました。

 『パターン脱毛症』はダックスに多く見られますが、チワワ、ウィペット、
グレーハウンドでも見られます。
特に、若い子に多く見られ、年齢とともに症状が悪化していきます。
症状は、病名のままで、『脱毛』が主症状です。
当初は痒みを伴うこともありますが、ほとんどが毛が薄くなったと来院されます。
 
 このこのように、首の部分だとか、

 ダックスのパターン脱毛症 頸部

尻尾の付け根、耳にも見られます。
 ダックスのパターン脱毛症 肛門

 診断は、他の病気を除外し、すべてを除外できれば
『パターン脱毛症』ということになります。
 治療法は確立されおらず、メラトニン、ステロイドなどに反応することもまりますが、
これをすれば必ず治るとはいえません。
 
 本院では、ダックス、グレーハウンドで良く診察しますが、
治せると飼主さんに言い切れないのが、申し訳ないです。
 
 現在も、この病気で薬を飲んで頂いているワンちゃんが数頭いますが、
薬への反応は個人差があるようです。
 
 脱毛が治らない、改善しても、すぐに薄くなるという方は
この病気を考えてみてはいかがでしょうか?
フェレットの副腎腫瘍の外科手術
 フェレットの副腎腫瘍は少なくなく
日常の診察でも良く見かけます。

 この子は昨年から脱毛が多く、毛が生えてこないというので検査を行いました。
検査の結果、『副腎腫瘍』と診断していましたが、飼主さんの意向で
手術、治療を延期していました。
お時間もできたというので、再検査を行い、
副腎の腫瘍の大きさが変化ないので、手術となりました。


フェレットのオペ前


 外科手術には、年齢、他の疾患の有無、飼主さんの意思などを
ふまえた上で行っています。
 この子は幸せなことに、4歳、糖尿病、腎不全などの疾患もなく、
飼主さんも病気に対し、良く勉強され手術を行いました。

 手術は、飼主さんの立会いのもと、行います。
まずは、術前検査を行い、問題が無ければ留置といって、
血管を確保いたします。
 その後、吸入麻酔で全身麻酔を行い、毛を刈り、消毒し開腹手術となります。


フェレットの副腎腫瘍 術中1
 
 このように、左の副腎は脂肪にくるまれており、
どこに腫瘍があるのか、どこに血管が走っているのか分かりません。
飼主さんも、この時点で確認していただきましたが、腫瘍が何処になるか
分からないとおっしゃっていました。
 血管を傷つけないよう、慎重に腫瘍と脂肪を剥離し
腫瘍自体をむき出しした状態にしておきます。
 ここまで、出血もほとんどなく、お腹も大きく切りません。


フェレットの副腎腫瘍 2

 副腎腫瘍はこのように、約1cmくらいの大きさになっていました。
後大静脈を傷つけず、血管を結び、切り離します。
この時点で、飼主さんは腫瘍の大きさと血管の走行を見ることができます。
ここまで約1時間です。
 手術は反対側の副腎を確認し、出血を確認した後、
お腹を閉じます。

 飼主さんは、超音波で副腎の大きさなどは見ていましたが、
やはり、目の前に腫瘍を見るともっと早くしておけばと
後悔されていました。
また病理検査結果は『副腎腺癌』と悪性腫瘍でした。

 この子は、術後も元気で、手術から2日後に退院されました。


copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.