新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の扁平上皮癌
 口の周りと首の皮膚がただれて治らないと
お年をめしたワンちゃんが来院されました。


 扁平上皮癌

 お話をよく聞くと、以前から徐々に悪化し
ここまでひどくなったようです。
 
 皮膚病もあるので、治りにくいと思われており、
いつか治るだろうと考え、1年くらい様子を診ていたらこんなに大きくなったようです。

 皮膚病でここまで悪化することはあっても、
徐々に悪化した、経過が長い、ということから腫瘍を考え、
麻酔をかけさしていただき、手術となりました。


 扁平上皮癌1
 このように口の下を大きく切除し
マージンを取りました。


 扁平上皮癌 2

 すべての手術が終了した際には、このように大きな傷になりました。
『扁平上皮癌』は進行の遅いものもあり、植物の根のように
徐々に拡大、浸潤していきます。
 なので、見つけた際にはかなり広く、深く切除しないといけません。
いわゆる、マージンというものです。

 マージンをしっかりと取るには、CTなどを使用し
造影検査を行い、切除辺縁を決めるのがベストですが、
お金、時間、設備の問題からなかなかそこまで出切る方は
多くないのが現実です。

 一見、皮膚病に見えるものも皮膚病ではなく
腫瘍、それも悪性の腫瘍があるので、なかなか治らない、
徐々に大きくなっているものがあれば、早々に診察をされてください。
 
スポンサーサイト
超小型犬の骨折
 小型犬の飼主さんから「うちの犬が足を着かない」と連絡があると、
骨折かな?と考えます。
特にその犬腫がヨーキー、ポメラニアン、チワワだと嫌~な予感がします。

 この子もソファーから飛び降りて
右前肢を着かなくなったと来院されました。
 すぐにレントゲンを撮らしていただくと、このように
前肢が2本折れていました。


ポメの骨折

 飼主さんとの話し合いで、プレートを入れる手術に決まりました。
本院では、プレート、髄内ピン、創外固定、ギブスから選んでいただいております。
早速、ワンちゃんに合ったプレートとスクリューを選び、固定しました。
下記が術後の写真です。


ポメの骨折1

このように折れた場所を元に戻し、
小型犬専用のプレートにスクリューを6本挿入し
骨折を治しました。
術後から元気で、翌日に退院し、自宅療養となりました。

 術後、1ヵ月半で折れたから一番、端のスクリューのみを残し、
スクリューを4本、抜きました。
 プレートで固定した場合、このように骨折が治っても
骨の強度の問題から、いきなりプレート、スクリューをすべて取らず、
1段階いれてはすしていきます。
ポメの骨折2

 さらに3週間後にすべてのスクリューとプレートを取り外した状態です。
完全に骨折は治り、骨の変形もありません。
ポメの骨折 3


 超小型犬、小型犬はソファーから落ちた、飼主さんが落とした、
さらには踏んでしまったという事故が少なくないようです。
 これらは事故なので、誰のせいでもないので、
誰を攻めることなく、治す方法を色々、獣医師と相談したほうが良いでしょうね。

 治療法は1つではないので、
ぜひ、獣医師と相談してください。
 きっと、良い治療法が見つかると思います。



裂肉歯膿瘍
 そろそろうちの犬も中年かな?と感じている飼主さん。
一度、ワンちゃんのお口を開けてみてください。
歯にビッシリと歯石が付いていませんか?

 この子は以前から口臭と歯石がひどく、
近いうちにスケーリング(歯石除去)をしないとね、と言っていました。

 それから数ヶ月が経ち、
右の眼の下が腫れてきたと来院されました。 
 
 診察をさせていただくと、確かに右眼の下が『ポコっ』と腫れています。
歯を診ると歯石が付いていて、歯槽膿漏になっています。
でも、その歯がぐらついておらず、原因は?と考え、
歯のレントゲンを撮らしていただき、診断は『裂肉歯膿瘍』
または『眼か膿瘍』とも言います。

 原因は歯槽膿漏が悪化し、歯の奥底で化膿して
膿が出口をホッペ(皮膚の下)に見つけて腫れているのです。
時間が経つとこのように、破裂して中から血膿が出てきます。
裂肉歯膿瘍 1

 早速、飼主さんと相談し、
治療法に関して話合いました。
1.再発するかもしれないけど、抗生剤で様子をみる。
2.手術をして、原因になっている歯を抜いてあげる。

 飼主さんは再発はかわいそうなので、
手術を選ばれました。
この子は以前から腎性腎不全があるので、点滴を行い、
手術となりました。
 麻酔中の歯の状況はこのようです。

裂肉歯膿瘍2

少し、歯石をとっていますが、歯肉が腫れています。
しかし、歯はぐらつかず、高速回転バーを使用し、
歯を抜きました。

 手術後、4時間で歩いて飼主さんと帰れました。
もちろん、帰宅時からご飯も食べれます。
 
 このように、歯石が付くと、臭い、痛い、汚いだけでなく、
歯槽膿漏になったり、弁膜症、敗血症、肺炎などの
重度な病気を引き起こすので、元気なときに歯石の除去をお勧めします。


 
猫の排尿障害
 おトイレを我慢するのは大変なことで
まして、おトイレに行っても出ないとなるとさらに大変です。

 猫ちゃんを飼ってらっしゃる方でこのようなことを経験された方も
いらっしゃると思います。

 猫は犬に比べお水を飲むことが少なく、
また、必要量も少ないといわれています。
なので、腎疾患、尿疾患が多いようです。
 
 この子も「2日前からトイレに何度も行くが、おしっこが出ていない、
だんだん、元気もなくなり、吐いている」と心配そうに来院されました。

 お腹を触るとパンパンに腫れています。
おしっこが出なくなり、膀胱が破裂するかのような状態です。
 以前に、近くの病院で『尿石症』と診断され、
食事療法を薦めらていたのですが、市販食を与えていたそうです。

 尿道に石が詰まり、おしっこが全く出ない状態になっていました。
また、それが原因で腎前性腎不全にもなっており、緊急入院と排尿を促しました。
尿道の中間くらいに石が詰まり、沈静下で石を膀胱に押し返す治療を行いましたが、
尿道炎を起こし、膀胱に戻らないので、飼主さんに再発の予防のために手術を薦めました。
 手術は男の子の陰茎を切り取り、女の子のように、大きな出口を造る手術です。

 これは、術前の毛を切って、消毒している状態です。


会陰尿道 術前

 そしてこれが手術後、間もない状態です。
精巣がなくり、おちんちんがなくり、大きな出口が出来ています。

 会陰尿道 術後

 この子は手術後、太いおしっこが出て、本人もびっくりするくらいでした。
もちろん、手術後は再発もなく、元気に過ごしています。

 この手術はなるべくなら、したくない手術です。
尿石症用のご飯を食べていれば、今も手術を受けずに
過ごしていたのですから。
 飼主さんもかなり後悔と反省をされているようで
猫ちゃんに泣きながら謝っていらっしゃいました。
 
 尿石症は食事で予防も出来ます。
また、中には溶ける石の場合、食事療法で治ります。
 病気は飼主さんがよく理解し、できることはしていただけると
すごくありがたいな、と思う手術でした。


耳道の切除
 耳の垂れ下がっているワンちゃんが耳を痒いと来院されます。
犬腫はAコッカー、E、コッカーなどのコッカー系が多く来院されます。
コッカーは耳道疾患(外耳炎)が多く、慢性化している子が多く来院されます。
慢性になると、外耳がはれ上がり、綿棒も通らないくらいに腫れます。

 この子も、小さい頃から外耳道炎で通院を繰り返していたようです。
本院に来院された際には綿棒はおろか、こよりも入らない状況でした。

 飼主さんと相談し、外耳道の切除を提案しました。
外耳道の切除には2種あり、『垂直耳道切除』と『全耳道切除』があります。
本院では垂直耳道切除のみ行い、全耳道切除はCTを兼ねて大学で行っています。

 手術前は耳にイボのような腫瘤ができ、
出口を塞いでいました。


耳道切除前

 手術を行い、腫瘤もなくなり
耳の穴も大きくなり、外耳道の洗浄も可能となりました。
慢性的に痒く、臭かったのも改善したと飼主さんは喜んでいました。


耳道切除後

 術後は当日にお返しし、10日後に抜糸をして、
その後は自宅での耳の治療を行っています。

 注意点は外耳の病気は改善していますが、
治ったのではないので、今後も耳のケアは必要になります。

 でも耳の穴が広がったので、自宅での治療が可能になり
飼主さんも来院されないで、ケアができるので、楽になったようです。

 耳の病気に悩まされている方は、
手術になる前に、耳のケアを覚えて、自宅でケアをしてください。
ケアの仕方はいつでも、教えますので。
犬の膝蓋骨脱臼症候群
 若い、小型犬が後ろ足を痛がる、もしくは『ケンケン』すると言い、
来院された場合、『膝蓋骨脱臼症候群』を疑ったほうが良いでしょう。

膝蓋骨脱臼症候群は犬における最も一般的な後肢の整形外科的疾患の一つで、
この疾患は先天的である事が最も多く、大腿骨や頸骨の骨格奇形の様々な程度に関係し、
股関節または骨盤の形成異常がこの疾患の原因であることが示されている。

特に内方脱臼という、 このヒザの病気はかなりの小型犬が罹患しており、
症状を出す子が少ないので飼主さんは病院にこられませんが、
予防で来院された際、触診すると結構な確立でこの病気になっています。


 左図が正常  右図が脱臼したひざの骨
パテラ

 本院では膝蓋骨内方脱臼の治療には
関節トレーニング、内科療法、外科療法(手術)のどれかを薦めています。

  この子は散歩中も痛みがあり、
内科療法などで効果が見られないので、手術となりました。


 パテラ1

手術は滑車溝を深く掘り、そこに滑膜をもどし、
じん帯を縫合し、関節胞も縫合しました。
 いわゆる、異物(金属、スクリュー、固定具)などを使用せず、
異物も残さない手術となりました。

 2週間後に抜糸を行い、2ヶ月くらいおとなしくすごしてくれれば
元気に歩けるようになります。

 小型犬で後肢がおかしいと思ったら
この病気を思い出してください。

 手術ばかりが解決法ではないので。
 

 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.