新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の腸内異物
猫が嘔吐で来院すると、必ず、お腹を触ります。
猫の場合、触診でかなりの情報が得られます。
 この子も触診でお腹の中(腸に)何か触れます。
 
 レントゲンを撮りますが、明らかに異変はありません。
血液検査でも大きな変化はなく、やっと超音波で異変を見つけました。

 超音波で異物らしきものが写っています。
飼主さんに「何か食べてはいけないものを食べていませんか?」と
お聞きしましたが、特に無いとのこと。

 飼主さんに超音波の画像を見ていただき、
バリウム造影の検査も見てもらい、何かあることは理解していただき、
飼主さん立会いの下、開腹手術となりました。


猫の腸内異物1

 開腹時の写真がこちらになります。
腸の中に黒いものが詰まっています。
飼主さんにも確認していただき、早速、腸を開けてみました。
 腸の中からこのようなものが出てきました。


猫の腸内異物2
 
 腸の中で詰まっていたのは、ヒモでした。
飼主さんにお見せすると、「あ~あのヒモかも」と分かったようでした。
 他に異物がないか確認して、お腹を閉じて
2日後に退院となりました。

 10日後に抜糸し、元気にしています。
飼主さんは、手術の前にはなかなか気づかず、
お腹を開けてみて、思い出したようです。

 一度、異物を食べた子は
それが原因でお腹を開けて手術したとか、痛い思いをしたとかは覚えておらず
楽しい、美味しい思い出のみなので、次回もありえます。
 
 異物を経験した飼主さんには、必ず、
また何か食べてくるので、気をつけてくださいと言います。

 特に猫はどこでも登れて、器用なので、気をつけてくださいね。

 この子も糸を捜して、家の中を歩き回っているようです。
飼主さんはドキドキの日々を過ごしているようです。

スポンサーサイト
犬の尿道結石
 ワンちゃんのおしっこに血が混ざると聞くと、
前立腺?膀胱炎?膀胱腫瘍?それとも・・・???となります。
 昔は膀胱結石が必ず、入ったのですが、最近のドッグフードが良くなったのか
結石を見る機会が減っていました。
 しかし、ここ最近、お年をめしたワンちゃんの膀胱結石が多いようです。
この子も14歳、心臓病もかなり悪く、手術なんて考えてもいませんでした。
さらに、14歳になり、他の病院からの紹介でした。 
 6歳?ころから膀胱に結石はあったようですが、
生活に問題ないので、様子を診ていたようです。

 ところが、おしっこが出なくなったと来院されました。
レントゲンを撮ると明らかに、膀胱結石が。。。
でも、よく見ると、尿道にも結石が、ひどいことに陰茎骨にも石が詰まっています。
 心臓病もあり、腎不全もあり、貧血もあることを飼主さんとよく話あい、
立会いで手術となりました。


 術前
 尿道結石 術前

 術後
尿道結石 術後


 術後はこのように石もなくなり、前立腺肥大もあることから
去勢も一緒に行いました。
 術後から痛みがなくなったのか、元気に吠えるようになり
また、食欲もすごく、飼主さんも吠えているのをを聞いたのは数年ぶりというくらいで、
びっくりされていました。
2日後には飼主さんに連れられて帰宅されました。

 尿道はストーマーという、穴を作り
1次癒合といって、自然と尿道が治る方法をとりました。
2週間で傷はほとんど見えなくなり、今までのようにおしっこも出るようになります。

 膀胱結石、尿道結石の中にはお薬とか食事、サプリメントで溶ける石もありますが、
この子の石はシュウ酸カルシウムといって、溶けない厄介な石です。

尿道結石

 この石が出来るのはお食事、おやつ、サプリメントなど、
もちろん、体質もあるので、気になる方は超音波で膀胱を見てもらうと
すぐに診断できますので、何かの際に診てもらうのも良いかもしれません。

 この子の場合、飼主さんとしっかりお話が出来、
飼主さんの強い望みもあり、病気を乗り越えることができたと思います。
 
 僕たち獣医も、この飼主さんに負けないよう
諦めず、努力すること、信じることを忘れないようにしないといけないと考えさせられました。

 本当に飼主さんもワンちゃんもがんばったので、拍手・感謝です。

 

フェレットの肥満細胞腫
 ウサギ、フェレット、ハムスターを毎日のように診察しております。
その中でも、多頭飼育の多いのがフェレットです。
フェレットにはまり、2頭目3頭目と飼われる方は多いようです。
 
 この子も多頭飼育の中の1人です。
頭に何かがあるので、診て欲しいと来院されました。
見た感じはツメで掻いたように見えますが、
痒がっていないし、外傷も考えにくいということなので、飼主さんと御話をし、
1週間お薬を飲ませていただき、変化が無い場合は病理検査を含め手術をしようと決めました。
 
 お薬を飲ませても変化がないので、手術を行うことになりました。
フェレットは犬猫と同じように、血液検査、レントゲン、超音波検査など、
ほとんどの検査が行えるので、術前検査をおこない、手術に問題が無いことを確認し
下記のように留置、挿管を行い、手術を行いました。


フェレット 肥満細胞種1

フェレット 肥満細胞種2

 手術は無事、終了し、その日の夜にお返しいたしましt。
5日後、病理の先生から『肥満細胞腫』と結果が帰ってきました。
犬猫の場合、『肥満細胞腫』は悪性腫瘍ですが、フェレットの場合、良性腫瘍になっています。
この腫瘍はフェレットの場合、良性できれいに切り取れていれば問題ないのです。
 
 この子もきれいに取れていたので、問題はありませんでした。

 腫瘍は見た目だけでは分かりません。
ぱっと見ると傷のようにも見えますから。
 傷の場合、皮膚病の場合、1~2週間くらいで
改善する場合がほとんどなので、様子を診る場合は
1週間くらいをめどに変化がない、悪化した、大きくなったときは
病院に来ていただくか、ご連絡ください。

 『肥満細胞腫』の『肥満』は太っているからなるのではなく、
腫瘍化する細胞が大きく、花柳を含んでいるので、肥満と名づけられただけで
英語名は『mast cell tumor』といいます。
 
 犬猫でも、この腫瘍は多く、ほとんどの飼主さんに
『肥満細胞腫』ですよと伝えると、太っているからなったの?といわれます。
 太っていても痩せていても、肥満細胞腫にはなる子はなるので
心配されないでよいですよ。

 発生:フェレットでは一般的に皮膚に発生し、良性の腫瘍であるといわれている〔Brown 1997 b、Stauber et al 1990〕。 
  主に体幹に好発し、単独あるいは多発的に発生する。しかし、まれに脾臓や肝臓での発生もみられるが、内臓での発生、あるいは転移は不明である。
 
 症状:皮膚の腫瘍は平滑で脱毛を生じ、紅斑を伴い、可動性があり、大きさも約1cm以内のものが多く、皮下組織へは波及しない。また、掻痒を伴い、噛んだり引っかいたりするために、自壊して黒色の痂皮が形成され、慢性の肉芽腫と誤診されやすい。

 治療:抗生物質、抗ヒスタミン剤などの投与により、炎症を抑えることにより、一時的に改善するが、多くは再発する。しかし、良性であることから、一般状態に影響を与えることは少ないと思われる。皮膚での転移もみられることもあるが、内蔵への転移は不明である。(vmnから転記)

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.