新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

耳血腫
耳の垂れている犬種は耳が痒いと来院されることが多いです。

 耳の病気というと外耳炎が一番多く、
本院でも外耳炎の患者さんが毎日のように来院されます。

 たまに、この子のようにお耳が腫れた、と来院されます。
状態としては『餃子』の様態を示します。
この子の診断名は『耳血腫』(じけっしゅ)です。

 
 
耳血腫

耳血腫は昔、耳を掻いたせい、とか外傷と言われていましたが、
現在は、免疫疾患に分類されていますが、本当の所は不明です。

 しかし、治療法は確立されており、
○内科療法
○外科療法
○内科、外科の組み合わせ があります。

 本院ではどの治療にも長所、短所があるので
治療に関しては飼主さんのお話、ワンちゃんの性格など
色々なことを考慮し、ベストな方法を選らんでいます。

 この子は近くの病院で内科療法をしていたのですが、
なかなか治らず、本院に来られました。
 きっと、内科療法をもう少ししていたら治っていたと思います。
 この飼主さんは、この子が耳を振るので、
それがかわいそうで、しかたがないとおっしゃっていました。

 内科療法は早くて2週間、遅い子で2ヶ月近くかかることもあります。

 なので、その子その子にあった治療法を選ぶ必要性があったのでしょうね。
僕が関西で働いていた病院では内科療法以外の選択肢はなかったので、
完治まで時間がかかっていました。
 外科的な処置を選択すれば、最短1週間で治ります。
詳しくは担当獣医師と相談の上、自分の子にあった治療法を
選ばれるとよいですね。

 耳血腫は完治する病気ですが、もう片方もなることがあるので
耳血腫を患ったワンちゃんの耳は良く見てあげてください。
猫にも起こるので、猫の飼主さんも耳を見てあげてください。

スポンサーサイト
猫の腸癌
 猫が下痢をしている、さらに痩せてきたといえば、一大事です。
猫は下痢をあまりしない動物です。
なので、犬や人のような柔らかい便ではなく、硬いコロコロとした便です。

 この子は以前から下痢と嘔吐、さらに徐々に痩せてきたので来院されました。
猫ちゃんを見ると確かに痩せて来て、見るからに弱々しくなっています。
でも、飼主さん曰く、元気だし、食事を欲しがるので様子を見ていたと言います。

 すぐに触診です。
猫の場合、かなりの確立で触診だけで、病気が分かります。
この子も、想像したとおりお腹に大きな腫瘍らしき感覚が。。。
 飼主さんにそのことを伝え、レントゲン、血液検査、超音波検査をおこないました。

 結果は腸管に腫瘍があり、腸の内腔が狭くなっており、
そこの通過障害で吐き気が起こり、痩せてきたようです。
 腸管の腫瘍は腺癌がほとんどで、中には抗癌剤だけで
改善するものもありますが、この子の場合、腸管の内腔が狭くなっているので
悪い部分を取り除かないといけません。
 早々に手術を行いました。
これが術中写真です。


猫の腸癌2

 手術は小腸を切除し、つなぎ合わせ、お腹の中のほかの臓器に問題ないか
確認し、お腹を閉じました。
 病理検査結果は、リンパ腫でした。


 猫の腸癌

 術後は化学療法を行い、現在も元気に過ごしています。
腸管に狭窄といって、内腔が狭くなっていなければ
化学療法でも改善しますが、ここまで狭くなっていると
化学療法だけではコントロールできません。
 
 猫の場合、よく吐くので、なかなか病気に気付かずに進行している場合が
多いように思えます。
 吐く+下痢もしくは痩せてきたということがあれば
早々に検査をお勧めいたします。
 触診だけでも分かることが猫の場合、ありますので
検査検査と思わず、来院されるのが良いと思います。
 
 化学療法(抗癌剤治療)に関しては
書きたい事が山ほどあるので、後日、書きます。

 この子は、現在、かなり太って元気すぎます。
眼瞼(外眼角内反症)
猫が目やに、涙が多いと来院すると伝染病を想像しますが、
この子は少し違いました。
 
 家に来たときから涙が多く、目やにも拭いても拭いても出てくるので
心配で来院されました。

 眼を良く見ると、あれれ、眼の外側の上のまつ毛が目の中に入っています。
もう片方の眼もまつ毛が目の中に。
まばたきする度、ほうきのよう角膜にあたっています。
 これが原因で角膜に刺激が起こり、涙が出て、目やにも出ていたんです。

内反症 オペ前

 すぐに角膜染色を行い、角膜に傷がないか確かめました。
こんなにひどいのに角膜に傷はありませんでした。
飼主さんに、これは眼瞼が内側に折れ曲がり、まつ毛が眼の中に
入って痛いんですよと伝え、手術の必要性もお話しました。
 
 飼主さんにもよく見てもらい、理解もしていただき、
すぐに手術となりました。

内反症オペ後

手術のあとは、眼をこすらないように、
エリザベスカラーを着けていただき、1週間後に抜糸を行いました。
 その後は涙、目やにもなくなり、元気に過ごしています。
飼主さんは喜ばれていましたが、何より、猫本人が一番
楽になったと思います。

 猫ではこの病気は稀で、犬に多いのですが、
猫も手術をすれば、完治します。
 
 猫の場合、眼の病気は犬に比べ少ないですが、
はじめは目やに、涙が多いと気付かれます。
 手術になる場合は、少ないのでお早めに来院ください。




マイボーム腺腫
 お年をめしたワンちゃん以外にもこのようなイボが眼に出来た子は結構います。
これは、マイボーム腺腫といいます。
 『まつげ』の生え際に小さなイボができて、徐々に大きくなってきます。
本人も気にしないので、大きくなるまで病院には来られません。
この腫瘍は良性の腫瘍ですが、よく似た腫瘍でメラノーマという腫瘍があります。
これは、悪性の腫瘍で、『黒色腫』ともいわれます。
 白色だから大丈夫とは行かず、脱色しているものも結構あります。
なので、外観では分かりません。
 この子の腫瘍は『マイボーム腺腫』でした。

マイボーム腺腫


 手術は外科切除、凍結手術、レーザー治療があります。
本院ではレーザーを使用したこともありますが、再発したりすることもあり
現在はほとんど、外科的に切除します。
 切除後はこのように結構、大きな傷になります。
小さいと,もっと小さな傷になります。
手術法はV字切除法とH形成術を施し、外眼角Z形成皮弁法を行いました。
 
マイボーム線種1

マイボーム腺腫2


 手術後はエリザベスカラーを着けてもらい、
6時間後に退院となりました。
自宅で眼軟膏をつけていただき、2週間後に抜糸です。

  
 現在まで、この手術法で再発したことはありませんが、
他の場所に出来たとか、片方の眼もなったとかはよくあります。
 眼のイボも皮膚のイボも小さいうちに取り除くと
痛み、手術時間、傷跡、経済的な問題などからも良いと思われます。

 この子は人で言う、美容形成も行った手術でした。
傷跡もほとんど気にならない程度に回復すると思います。
 この後、眼を気にして掻かないと良いのですが・・・。
子宮筋腫
 人にも子宮筋腫という病気があるように
犬にも子宮筋腫という病気はあります。

 人のようにさほど多い病気ではありませんが、
高齢の子の不妊手術(避妊手術)をする際、見かけることがあります。

 しかし、この子は「昨日からトイレに行ってもおしっこが出ない」と来院されました。
お腹を触るとお腹が腫れていて苦しそう。
すぐにレントゲン、血液検査、超音波検査を行い、尿道を強く押している
ものがあるのが分かり、すぐに手術となりました。
 術中の写真がこれです。

子宮筋腫1
子宮筋腫2


 超音波で確認したものと同じ、尿道にへばりついている腫瘍がありました。
この腫瘍は病理検査の結果、平滑筋腫(子宮筋腫)と分かりました。
飼主さんも手術に立ち会っているので、その場で子宮、卵巣も摘出しました。
 術後、翌日から自然排尿が可能になり、元気に2日後に退院されました。
現在も、元気にしています。

 人の子宮筋腫のように、犬、猫の症例が少ないのは
早期に避妊をするためだと思われています。
 人のように、出産経験が発生に関与しているかは不明です。

 本院では、中高年の犬、猫の不妊手術の際、
結構な確立で卵巣、子宮に病気を持った子が多いように思えます。
 犬、猫は人のように生理がないので、子宮、卵巣疾患を見つけることが
難しいと思います。
 中高年を迎えた子達が家にいる方は頭の片隅に子宮、卵巣の病気も
入れておいたほうが良いでしょうね。

 もちろん、不妊手術を受けた方は必要ありませんが。。。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.