新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

帝王切開
 これほど、うれしく、よろこばれる手術は他にないでしょう。
それが、『帝王切開』です。

 本院では帝王切開時、飼主さんに手術用のガウン、帽子、マスク、靴を付けていただき、
皮膚を切るところから、胎児を取り出すところまでみていただきます。
もちろん、産まれてからすぐのうぶ声まで聞くことも聞いていただいています。
 
 この子のお母さんは体重が2kgと小さく、また子供のときに大きな手術も受けられ
子供を生むのは難しいと思われていました。
 もちろん、飼主さんも同様の心配をされていたので、
本院の2次診療をしていただいている北大の繁殖学教室での精査を受けられ、
大学の先生から出産のお墨付きもいただけました。


出産直後

 出産は計画的帝王切開を考えていましたが、
やはり、計画通りにはならず、予定日よりも早く帝王切開となりました。
 手術は無事成功し、4頭産まれました。
 もちろん、お母さんも元気に当日、退院となりました。
本院では帝王切開後、おかあさんの状況と、子供の状況を考え、
問題ないと判断した場合、帝王切開当日におかあさんと子供を一緒に帰宅させています。
初乳、子供とのかかわりなどを考えて行っています。
 
 一番良いのは、やはり自然分娩でしょうね。
でも、自然分娩できない犬種もいますし、難しい状況もあります。
 帝王切開を決めるタイミングが一番難しいですが、
飼主さんと出産前からしっかりと相談、話し合う事でほとんどが
上手くいくので、妊娠していると感じたら先生としっかりと話合うことが重要ですね。


 子供が産まれるという事は、飼主さんはもちろんのこと、
まわりも幸せになるので、うれしい限りですね。
スポンサーサイト
胃拡張ー捻転症候群(GDV)
 「先生、うちの子が散歩後、急にぐったりして、動かないんです。」
そういって飼主さんが来院されました。
 その飼主さんは、散歩後、ワンちゃんが急にぐったりして動かなくなり
かかりつけの先生に連絡入れたそうです。
でも、その病院はお休みで、なんとかその病院の院長先生に連絡が取れ、
状況をいち早く把握し、本院を紹介されました。
 
 すぐに診察室に入ってもらうと、ワンちゃんはぐったりして、
お口の粘膜も真っ白、さらにお腹が腫れています。
すぐにレントゲンを撮りました。
 胃の中はガスで満たされています。

        GDVレントゲン
 
        GDVレントゲン2

 黒い部分が全て胃の中のガスです。
通常の数倍大きくなっています。
 このレントゲン写真から
胃拡張ー捻転症候群(gastric dilation-volvulus)と仮診断し、
大きな針を胃の中に差し、ガスを10L近く抜いて、緊急手術となりました。

 手術は胃を元の位置に戻し、胃を右の肋骨に固定する手術です。
手術法は『肋骨周囲幽門洞フラップ固定術の変法』です。
 GDVになると他の臓器も障害を受けている場合が多いのですが、
早く病院に来院されたので、他の臓器に問題はありませんでした。

術中
GDV1


術後
術後


 術後は翌日から食欲も回復し、その翌日には元気に歩いて退院されました。

 このGDVという疾患は大型犬に多いといわれていますが、
このワンちゃんは20kgと大型犬というには小さいワンちゃんでした。
 
 この病気になる要因としては、5つあります。
 1.オス犬
 2.軽量(痩せている)
 3.1日1食
 4.食事時間が短い
 5.怖がり、もしくは神経質

 このワンちゃんも上記の5つに当てはまりました。
もちろん、上記に当てはまる子ばかりではありませんが。

 この子はかかりつけの先生の判断がよく、
すぐに本院を紹介され、その日のうちに診断、緊急手術を受けられ
元気になり、帰宅されました。

 この病気は胃のガスを抜いただけでも改善するのですが、
ほとんどが再発するので、可能であれば手術をされたほうが良いかと思います。

 20kg以上のワンちゃんを飼われている方は
この病気を良く知り、おかしいと思ったらすぐに来院されることをお勧めします。


 


 

異物
 犬、猫が吐いた、食欲がない、下痢したと来院されると
僕たち獣医さんは変なものを食べているのでは?と想像します。

 本院でもほぼ毎週、食べてはいけないものを食べて来院されます。

 今回の症例は数日前から朝方に黄色液を吐くと来院されました。
以前もチョコレートを食べて、死ぬ思いをされていました。
 飼主さんが変なものを食べていることはないと思うということでしたが、
レントゲンを撮るとお腹の中に明らかな異物の陰が。。。
 そのときのレントゲン写真がこれです。白く浮かび上がっているので
飼主さんも一発で理解されました。
異物レントゲン2

異物レントゲン


 胃の中にあるので、すぐに催吐処置をしましたが、5回吐いても異物は出てきません。

 そこで、内視鏡の出番です。
麻酔をかけて、内視鏡を操り、胃の入り口に転がっていました。
 バスケットという、器具を使い無事に石を取り出して、
その日のうちに退院です。
石

 今までは、吐くまで催吐処置を繰り返すか、
お尻から出るのを待つかでした。
 
 でも、内視鏡があるので、ここ数年はお腹を開けることが激減しました。
今まで、内視鏡で出したものは、、、
  ・爪楊枝
  ・お金
  ・ピアス 
  ・釣り針
  ・入れ歯 などなど
何でも食べてしまうんですね。

 『異物大魔神』と僕がいう犬種はMダックス!!間違いなくNo.1です。

 飼主さんもうちの子は大丈夫と思わず、
動物の口の届く場所に危ないものは避けてください。

 注意していても、この子の様に石をどこかで食べるとなると
困ってしまいますね。

 今回の患者さんはすぐに異物が見つかり、
内視鏡まで行えたので、良い結果がでました。
 
 これに懲りて、変なものを食べないと良いですね。




乳腺腫瘍
 犬の乳腺腫瘍は本院では毎月、手術をしている良く見る腫瘍のひとつです。
ほとんどの飼主さんがお腹にしこりがあると来院されます。
中には超音波検査、皮膚炎などでお腹の周りの毛を刈ったときにしこりを見付けます。

 乳腺腫瘍とは何ぞや?というと。
乳腺に出来た腫瘍です。
そのままですが、犬には普通、片側に5個の乳頭があり、
その下に広がっているのが乳腺という組織です。
ここにしこりができるというものです。
 この乳腺腫瘍は統計では半分が悪性、半分が良性です。
乳腺腫瘍にならない予防法は若いときに不妊(避妊)手術を受けることです。
 下記に統計を書いておきます。

 初めての発情が来る前に不妊をすると・・・・発生率   0.05%
 2回目の発情までだと・・・・・・・・・・・・・・・・・発生率   8.0%
 2回目の発情以降だと・・・・・・・・・・・・・・・・・発生率  26.0%

 いかがでしょうか?
この統計を見ると2回目の発情まで(約1歳まで)にしておくと
将来、乳腺腫瘍にならないといっても過言ではないのですね。
 本院ではこの統計を提示し、不妊なども考えてもらっています。
不妊をお勧めしているのではありませんが、飼主さんにとって
必要な情報を提示しています。

 下記は、本院で乳腺腫瘍の手術をした症例です。
特に片側全て切除した症例です。
結構、痛々しいですが、術後はみんな元気にしています。

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍2


 この子達は術後は痛み止めを使用し、なるべく痛みをコントロールしました。
飼主さんからは思ったよりも痛くなく、元気だといわれます。
でも、本人は結構痛いんだと感じるので、なるべく痛みのコントロールをさせてもらっています。

 乳腺腫瘍の手術は上記のような片側を全部取る手術だけではなく、
部分切除といって、しこりとその周囲3cmだけ取る手術もおこなっています。
 どちらかというと、部分切除を望まれる飼主さんが多いようです。
どちらが良いのかは悪性、良性、浸潤度、なども考慮して、
飼主さんと話し合って、手術のタイプは決めております。

 お腹をさすってマッチ棒の頭くらいのしこりが無いか
確認してみては?いかがでしょうか。
悪性の乳腺腫瘍だけではなく、乳腺の過形成、乳腺炎などの病気もあるので、
落ち込まず、病院にいらしてください。
脾臓の腫瘍
 お腹の中の腫瘍の中で、最近、多いのが脾臓の腫瘍です。
脾臓の腫瘍はほとんどが健康診断、他の病気の検査時に見つかることが多いです。

 なかでも、お腹が腫れていると来院された子では悪性ものが多いです。
今回の症例は咳が止まらず、苦しそうなのでなんとかして欲しいと来院された
15歳の柴犬です。
 
 この子は1年前から咳に苦しんでいたそうです。
本院を紹介され胸のレントゲンを撮り、診断は気管変形でした。
この病気は小型犬に多く、手術をすれば良くなることもありますが、
この子は変形が重度で、また変形している場所も手術に向かない
場所なので、治せませんとお伝えしました。
 
 胸のレントゲンを良く見ると、リンパ節が腫れているのに気づき
もしやと思い、お腹のレントゲンも撮らせていただきました。

 その写真がこれです。
脾臓のレントゲン1

脾臓のレントゲン2


 万歳した状態で左側に脾臓があります。
この子はご飯を食べて来院されていたので、分かりにくいので
超音波検査も実施しました。
 超音波では悪性度の高そうな所見でしたので、
ご家族に手術をしては、とお伝えしました。
 でも、15歳の高齢だし、かなり痩せているしということで
数日、ご家族とお話あいをして、立会いの手術をなりました。
 本院では立会いの手術は少なくなく、この子のご家族も
立ち会いたいということで、メスを入れるところから、覚醒して
眼を覚ますときまで、この子のそばにいらっしゃいました。

 手術は貧血と開けてびっくり、お腹の中は血だらけになっていました。
術前検査では、少しの腹水はあったもののここまでひどいとは。。。
飼主さんは執刀医のそばで、じっと見つめていらっしゃいました。
 
 なんとか、脾臓を取り除き、他の臓器も確認し、お腹を閉じました。
その脾臓がこれです。
脾臓のリンパ腫

 
 全長、約40cm 約1kgの脾臓でした。
病理検査はリンパ腫(悪性腫瘍)でした。
 術後は2日間入院し、3日目には退院され、
10日後には抜糸をして今まで活発になり、
お散歩も楽しく行かれていると喜んでいらっしゃいました。

 今回の脾臓の腫瘍もたまたま見つかったのですが、
病院に定期的に健康診断、予防で来られていれば、
きっとお腹が腫れていることに気付いていたと思います。
 でも、毎日、ワンちゃんと暮らしているとお腹が腫れているのも
分かりにくいかも知れませんね。
なので、年に1度くらいは健康診断か予防で来院されることをお勧めしています。
狂犬病の予防接種などで来院されるが良いかもしれません。
本院では狂犬病予防接種だけで来院されても、
初診代、健康診断代などの費用もかかりません。

 たまには愛犬、愛猫のお腹を横から見たり、
触ったりして、愛情を深めると共に病気かな?と思い、
触ってみたり色々してみてください。


 

 

 
 








copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.