新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

マイクロチップの装着
 先日、飼主さんが慌てて病院にお電話をいただきました。
内容は、札幌の実家で犬が居なくなったというものでした。
居なくなったとは親戚の方が散歩に行き逃亡したようです。
 飼主さんは、すこしパニックになっているようなので、お話をさせていただきました。
 保護センター、警察、区役所、保健所にワンちゃんが居なくなった旨を
お伝えし、近所にいることが多いので、近くを捜索してくださいとお伝えしました。
 2日後、近くの方が保護していただいて無事、帰宅できました。
このように、愛犬がいなくなった時、ほとんどの飼主さんが困ると思います。

 そういった事をふまえ、現在、犬、猫、うさぎなどにマイクロチップを入れようと
獣医師会をはじめ、自治体も活動を行っています。
これには、愛犬や愛猫が居なくなった時だけではなく、捨てられる動物を減らすことにも
つながると考えられています。

 本院でも2年前からマイクロチップを導入し、徐々にではありますが、
希望される飼主さんが増えてきています。
 装着はいたって簡単です。

 1.皮膚を消毒
 2.皮下に挿入
これで終了です。

 ライフチップ本体

 ライフチップ 装着法

 病院によっては、鎮静や麻酔が必要なところもありますが、
本院では今まで、ネコちゃんにも装着させていただいていますが、
痛がらず、出血もありません。
手続きは、病院がすべて行うので、飼主さんは、ワンちゃんの体調の良い時に
来院していただいて、飼主さんの前で挿入します。
 時間は1分くらいです。

 以前は、マイクロチップがMRI撮影時に干渉するといわれていましたが
現在、そのようなことも無く、本院でも問題はないです。
 
 今後の課題は、マイクロチップを入れても、
そのチップを認識するリーダーという機械をすべての動物病院が持っていないということです。
現在、マイクロチップを装着できる病院では、ほとんどリーダーがあると思いますが、
いまだ、動物病院の中には、マイクロチップを装着できない病院もあるのが事実です。

 千歳のように、自治体がリーダーを持っていると、飼主さんも安心されますが、
どこの病院でも、その子が誰の愛犬か愛猫か分かると良いですね。
また、これを期に、捨てられる犬、猫が減れば良いのですが・・・。
マイクロチップを入れる時に、このようなことを考えながら、入れています。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.