新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬のアポクリン腺腫の外科手術
 犬は汗をかかないとよく聞きますが、本当でしょうか?
答えは、『外れではないですが、汗をかきます、微妙な答えですね』。
犬にも汗腺があり人より少ないので、汗をかかないといわれるようになったのでしょうね。
汗腺の代表が『アポクリン腺』です。

 この子は、顎の下に直径2cm大の『水ぶくれ』ができていると来院されました。
以前にも同じ場所に、水ぶくれができ、腫瘍の疑いがあることをお話していました。
 今回も、つぶれては大きくなりを繰り返すことから、心配されて来院されました。

 このように、下あごに腫瘤が認められました。

犬のアポクリン腺腫

 中身は水分が入っているように、プクプクしています。
前回のときは、飼い主さんとお話をし、針で中の水を抜いただけで終わりました。
また、腫れるので、よく見ててくださいと、その時にお話をしていたところ、
約2週間で腫れて来院されました。
 
 この子は、年齢が11歳の高齢なので、術前に胸部レントゲン、心電図、胸部超音波検査と
血液検査を行い、他に大きな病気を持っていないことを確認し、飼い主さんと再度、手術に関して
お話をしました。
 手術は、再発がないことを第一に考え、完全切除をすることになりました。
手術にさきがけ、血管を確保し、点滴を始め、手術になりました。
 飼い主さんは、本院で以前にも大きな手術を受けているので、安心されて一時帰宅されました。

 手術は、下あごの腫瘍を完全切除するもので、
血管、神経が多いので、その部位を避けながら慎重に切除しました。
これが、切除後の状態です。
 
アポクリン腺の切除後.jpg

 麻酔も安定しており、切除後はこのように結構、大きな穴があいてしまいました。
毎日、見る顔なので、縫合はなるべく、傷が残らないように皮内縫合を行い
かゆみも少なくなるよう特別な縫合を行い、手術を終了いたしました。

 アポクリン腺腫の縫合

 術後はすぐに起き上がり、4時間後に飼主さんが来院され
一緒に歩いて帰宅されました。
 翌日、診察させていただいた時には、食欲も元気も戻り、
高齢でありなが麻酔、手術の影響も見られず元気な姿を見せていただきました。

 高齢になればなるほど、腫瘍も多くなり、手術の機会も増えます。
この子のように、今までに本院で手術をされている場合は飼主さんも
安心されて麻酔を受けられますが、初めての場合はお歳が気なる方が多くいらっしゃいます。
 高齢と麻酔のリスクは比例しますが、お歳をめしたから、麻酔ができないということはないですね。
若くても麻酔をかけるリスクが高くなる子もいますし、20歳でも麻酔をかける場合もあります。
 そのあたりの心配事は担当獣医師とよく話し合い、
飼主さんの心配、疑問を取り除いてから麻酔、もしくは手術に臨まれるとよいでしょうね。

 この子は、術後、すごく元気で、手術と一緒にスケーリングも行い
お口もきれいになり帰宅されたので、飼主さんは喜ばれていました。
また、腫瘍も良性の腫瘍だったので安心されていました。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.