新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬糸状虫症の治療
 春先になると、狂犬病とフィラリアの予防のシーズンですが、
フィラリア予防は知っていても、もし、フィラリア症になった場合、
治療はどうするのでしょう?

 本院では、フィラリア予防の投薬前に、必ず、抗原検査を行います。
抗原検査とは?読んで字のごとく、フィラリアの成虫(親虫)の抗原(エキスみたいなもの)を
簡易検査キットで見つける検査です。
 もし、心臓にフィラリアが寄生していると、血液中に抗原を親虫が出し続けるので、
夏でも、冬でも、時間に関係なく、出し続けています。
なので、もし、心臓に成虫が居れば、検査にひっかかるということです。

 この子は、前年に予防薬を飲ませておらず、
今年は予防をしたいので、フィラリア予防薬が欲しいと来院されました。
 飼主さんに、抗原検査をさせていただく旨をお伝えし、同時に、健康診断の
血液検査を行いました。
血液検査では特に異常は認めず、また、この結果からフィラリアを予想するような
異常値も認められませんでした。

 採血から、すぐに検査キットを用い、5分後にはこのように、Cの横には青いラインが、
その下のTの横にはピンクのラインが入りました。

 犬糸状虫 検査

 C:コントロール
 T:テスト

 この検査の見方は、Cに青いラインが入るのは、検査が上手くいった証で、
Tにピンクのラインがはいるのは、フィラリアの成虫の抗原が血液中にあることを示しています。
ほとんどの、ワンちゃんの結果は、陰性(フィラリア抗原は無く)、青いラインのみです。

 検査後、飼主さんにこの結果をお見せし、フィラリアの成虫が心臓に居ることを
お伝えし、治療法をお話しました。

 治療法は、大きく分けて2つになります。
1.内科的治療・・・フィラリア治療薬(犬用)を使用し、成虫を殺す方法
           子虫のみ殺し、親虫の寿命を待つ方法
2.外科的治療・・・頚静脈からフィラリアの親虫を引き出す(つり出す)方法。
            
 1.は感染数(心臓の成虫)が少ない場合に行います。
 2.は感染数が有意に多い場合に行います。
 では、感染数はどのように判断するのでしょうか?
それは、超音波検査を用い、感染数をおおよそで換算します。
同時に、肺高血圧症、弁膜症、心筋症などの有無も調べます。
飼主さん立会いの下、超音波検査を行い、感染数を確認しました。
感染数は肺動脈の起支部に数匹確認できました。
また、肺高血圧や血液の逆流などがないことも確認しました。
 感染数が少ないこと、他の心臓疾患がないことから、
飼主さん相談し治療に対する、リスクなどを考慮し
1.の内科的治療を選択しました。

 内科的治療法は、動物用に発売されている、イミトサイドという、
フィラリアの成虫を殺すお薬を使用します。
この薬は発売後、10数年経過し、現在、安全に使用するために、
大学の先生が研究を行い、変法という形にはなっていますが、
より、安全に、確実に、痛くなく使用できるようになりました。
 本院でも、この方法で、年に数度、フィラリア治療を行っていますが、
現在まで、1例の死亡例も出さず、駆虫できています。
 しかし、全ての飼主さんに、もしもということがあること、
また、副作用もあることなどをお伝えし、疑問などがあれば、治療する前に
すべてクリアにしてから、行いましょうと言っています。

 飼主さんにとっては、一生に一度あるかないかのことなので、
可能であれば、お一人でお話を聞くのではなく、ご家族などもいらっしゃれば
一緒に説明を聞いてくださいと言っています。

 治療は2日間の入院で無事、終了し、治療後、2ヵ月後の超音波検査では
フィラリアの成虫は心臓から居なくなり、一緒に超音波の画面を見ていた飼主さんも
喜ばれたのと同時に安心されていました。

 この子は、フィラリアの成虫(親虫)は駆虫できましたが、子虫が居るので、
子虫の駆虫を行うために1ヶ月に一度、予防薬を飲んでいただいています。

 フィラリアの駆虫は良い薬が出来たとはいえ、ワンちゃん本人にとっては
副作用がおきるかも知れない大変な治療法なので、予防のほうが断然、
安全で、確実な方法なので、フィラリア予防をお勧めしています。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.