新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

異物による連続性の嘔吐
 毎日のようにワンちゃんが嘔吐すると来院されます。
この子も、不定期に嘔吐すると来院されました。
 腹部レントゲンを撮らせていただきましたが、
特に異常所見はなく、不定期に嘔吐するという原因は分かりませんでした。
食欲、元気もあるので、飼主さんと相談し、飲み薬で様子を診ました。
 1週間後、飲み薬を飲んでいると吐かないが、止めると吐くと来院されました。
飼主さんと、再度、お話をしたところ、以前、梅干を食べたかも・・・。
梅干ですか?ウンチに出ました?間違いなく食べました?と質問すると、
飼主さんは、食べたと思うけど、自信は無く、またウンチには出ていないと。
 超音波で胃の中、腸の中を確認しましたが、腸には詰まっておらず、
胃の中は、超音波検査を行いましたが、胃の中はガスが溜まっているので、
超音波では診断はつきませんでした。
 もともと、超音波は空気、ガスに弱いので、胃の中の異物を見つけることは難しいですね。
飼主さんと相談し、異物の疑いがあることをお話をし、催吐剤を使用し、吐かせるか、
内視鏡を使用し、胃の中を確認するか決めていただきました。
 1.催吐剤の使用・・・必ず、嘔吐するが、異物が出るとは限らない。
              何回、吐くか個人差があるので、犬にとってはつらい。
              麻酔が要らず、安い。
 2.内視鏡で確認・・・犬はつらくない。
              異物の確認が可能、物によってはつまみ出せる。
              麻酔が必要、高い。

 上記の点を話し合い、必ず、胃の中に異物があるとは限らないこと、何も無いかも知れないのに
何度も吐かすことはつらい、何回も吐いて出てこなくても異物が無いと診断出来ないなどから
内視鏡での検査、治療になりました。
 早速、飼主さん立合いの下、内視鏡を入れてみました。
胃の中は泡だらけで、良く見合えない状況でしたが、内視鏡を入れて、10分くらいで
黒い物体を胃底部で発見しました。
 何かは良く分かりませんが、胃の中にあってはいけない物なので、バルーンをという
器具を内視鏡の横から挿入し、摘んで胃から出してきました。
 出てきたのは、なんと、梅干の種???

梅干の種

 黒くて何だか分かりませんが、飼主さん曰く、『うちの梅干の種』ということです。
すぐに胃の中のガスを抜き、他に異物が無いことを確認し、麻酔を切りました。
10分後には覚醒し、その日の夕方に飼主さんと一緒に帰宅されました。
 その日の夜ご飯は少なめですが、翌日からいつものように生活が出来ますよと飼主さんに
お伝えすると、とても嬉しそうに、愛犬を抱きしめながら帰宅されました。

 このように、ワンちゃんは何を食べるか、また、飲んでいるか分かりません。
また、自宅で、何度も吐いているのに、異物が出てこない事も多くあります。
 この子は、催吐処置をしても、梅干の種は吐かなかったでしょうね。
内視鏡が無ければ、お腹を開けることもある疾患なので、良かったですね。

 一度、異物を飲んだ子は、また、異物を飲んで来ることが多いので、
これからは今以上の注意が必要でしょうね。
きっと、本人は覚えていないでしょうから。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.