新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の乳腺腫瘍(外科切除)
 お年になってきた猫ちゃんがお腹にしこりがあると来院される場合、
『乳腺腫瘍』の場合が多く、この子も乳腺腫瘍でした。

 犬の乳腺腫瘍に比べ、猫の乳腺腫瘍は多くありませんが、
乳腺腫瘍が見つかった場合、ほとんどが悪性腫瘍の『腺癌』です。

 この子も、昨年からお腹にしこりがあり、気になるので来院されました。
診察をすると、一番下の乳頭の横に2cm大のしこりがありました。
飼主さんに乳腺腫瘍の疑いがあるので、検査を薦めました。
検査は、胸のレントゲン、血液検査、細胞針です。
胸のレントゲンは乳腺腫瘍の場合、転移場所として肺に転移が多いためです。
血液検査は、麻酔をかけれるか、また、DICという重い病気になっていないかを確認するためです。
細胞針とはその腫瘍が、何なのか、また悪性か良性かを見極めるためです。
 上記の検査の結果、肺に転移像思われる病変が認められ、
血液検査では異常は認めず、細胞針では、悪性の乳腺腫瘍をと仮診断しました。
 この結果をもとに、飼主さんと話し合いを行いましたが、飼主さんもかなりショックを受けていたようで
すぐに、今後の方針を決めるのではなく、ご家族と相談の上、決めは?とお話をさせていただき、
翌日に、考えた結果、手術をすることになりました。
 手術の方も色々、あるので、全てお話をさせていただき、
片側乳腺摘出術を行うことになりました、これは、再発をさせないためです。
この子は、避妊をされていたので、避妊手術は行いませんでした。

手術は無事、1時間半で終了し翌日に、退院となりました。
手術後、3日でドレーンを抜き取り、1週間後に抜糸となりました。
 手術後、1週間後に病理検査が返ってきました。
結果は、『腺管癌』いわゆる、乳がんでした。
さらに、脈管侵襲といって転移もしていました。

 検査の際に、危惧していた肺の転移像は疑いではなく
転移の可能性が高くなりました。
 現在、猫の乳腺腫瘍の肺転移に関して、特効薬は見つかっておらず
この子の飼主さんともお話をし、今後の方針を決めていく予定です。

 猫の乳腺腫瘍は現在のところ、やはり早期発見早期治療しかないですが、
ワンちゃんに比べ、予防などで来院する機会が少ないのが、猫ちゃんです。
うちの猫も、犬に比べ、皮膚病なども少なく、病院に行くことも無いようです。
 猫ちゃんの飼主さんは、可能な限り、少しの変化でも気づいていただき
病院に行くことが面倒なら、お電話でも頂けると、早々に病気を見つけることも
可能になるかもしれませので、あれ?と感じたらご相談ください。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.