新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

A.コッカーの緑内障
 アメリカンコッカースパニエルはとても愛されている犬種です。
しかし、獣医学から見ると眼の病気の多い犬種でもあります。

 この子は、昨年の春に眼がおかしいと来院されました。
診察をすると、右目だけが異常に赤く、涙も出ていました。
すぐに、眼圧を測定すると8mmHg(正常は12~20mmHg)と低く
炎症などからぶどう膜炎と診断しました。
コッカーは眼の病気が多いので、精密検査を行い、
弱令性白内障が見つかりました。
 この病気は先天性の白内障で、若い犬が白内障を起こし、
眼が見えなくなる病気です。
 この子も、コッカーという犬種から遺伝性に発症したと思われました。
本院では、専門の機械が無いことから、白内障の乳化術は
大学にお願いいたしました。

 大学で、すぐに手術を行い、眼は見えるようになりましたが、
術後、半年で、ぶどう膜炎を再発し、緑内障にもなりました。
大学と連携し、なんとか、治療していましたが、
先週、急に眼圧が上がり、来院された際には、眼圧が上昇しすぎて
急遽、大学での精査を行い、緑内障により、視覚がなくなり、
緑内障の手術が必要と診断されました。
 大学と飼主さんと、本院と3者で相談し、本人での外科的治療となりました。

 術前です。
緑内障 コッカー
 緑内障により、瞳孔が散大し、目やにも出ています。

緑内障 コッカー2

 このように、強膜は血管が怒張し、いわゆる『牛眼』となっています。
手術は緑内障の場合、大きく分けて2つに分類されます。

1.視覚が残り(見えている場合)・・・眼房水の産生を抑制、流出を促進する方法
2.視覚がなく、改善できない場合(見えていない、もしくは手術しても改善が見込めない場合)
   
 今回は大学でERG(網膜電位)の検査で視覚はなくなっていること、
また、視覚の開腹は見込めないことから、2、の手術になりました。
 
 2、には  ○シリコン義眼挿入術
        ○毛様体破壊術
        ○ゲンタマイシンの硝子体内注入術
        ○眼球摘出術
 などがあります。

 上記の中で、どれがベストかは全て飼主さんとお話をしますが、
今回の場合、白内障手術により、人工レンズが入っていること、
見た目も重視、また経済的なこと、再発しないことなどを考え、
義眼と薬液注入のどちらかでしょうねと飼主さんと相談しました。

 飼主さんは色々、悩まれ薬液注入を選択されました。
手術は、本院でも良く行う手術で、難しい分類には入りませんが、
かなり眼圧の上昇していた子なので、術後、眼を一時的に塞ぐ
手術も行い、手術は無事終了し、術後、3時間後には帰宅されました。

緑内障 コッカー3

 術後は、眼をこすらないように、エリザベスカラーを付けていただき、
痛み止め(抗炎症剤)を飲ませていただき、1週間後に抜糸となりました。

 このように、緑内障は犬の場合、ほとんどの子が
点眼薬でコントロールできなくなります。
この子は、飼主さんも熱心で大学まで行かれ、超音波乳化術と
人工レンズを入れていただいていますが、術後、ぶどう膜炎を起こし
緑内障になり、手術となりました。

 コッカーの若令性白内障は遺伝的な要素が強く
この子も遺伝的な疾患と思われます。
 緑内障は早期に見つけると、点眼薬でのコントロール
もしくはレーザーにての眼圧のコントロールも可能になりました。

 怖い病気ですが、早期に見つければよい結果につがることも多いので
コッカー、ダックス、シーズー、プードルの飼主さんは目と目を合わせてにらみっこしてください。
 何かおかしいと思う点があるかもしれません。

 この子は、術後、片方の目が健在なので点眼薬とともに
元気に過ごしています。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.