新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の臍ヘルニア
 臍ヘルニア(デベソ)ともいいますが、生まれつき、臍帯(臍の緒)が
取れた後、そこの部分が少し隙間が開き、そこから脂肪などが出てくる病気です。

 犬では、小型犬に多く、チワワ、パピヨン、シーズーなどが
ワクチンの接種時に見つかることが多い、病気です。
しかし、猫では稀で、この子も健康診断の際、見つかりました。

 本院では、この臍ヘルニアの穴から、腸、脾臓などが飛びだした
犬を数回、診察し、緊急手術を行っているので、なるべく、手術をお勧めしています。
もちろん、手術しないからといって必ず、腸や脾臓が飛び出る訳ではありません。
また、臍ヘルニア=手術というわけでもありません。
 手術に関しては、飼主さんとよく相談し、決めています。

 この子は猫ということもあり、また、飼主さんのほうから
徐々に、ヘルニアの穴が大きくなり、その穴から何かが出てきているという事で
手術になりました。
 手術は、去勢手術も同時に行いました。


 猫の臍ヘルニア 

 このように、毛を刈ると直径2cmくらいのものが
ポコッと出ているのがわかります。
 この手術は飼主さん立会いの下、行われました。
手術は簡単で、皮膚を切開し、皮下脂肪を分けて、臍帯部に
くっついている腹腔内脂肪を剥離し、溶ける糸で腹膜を縫い、
穴を閉じて皮下脂肪を縫い合わせ、皮膚も縫い終了です。
 術中の写真です。


 猫の臍ヘルニアの術後

 このように、穴から脂肪が出てきているのがわかります。
現在は脂肪のみですが、この穴から腸、もしくは脾臓が飛び出してくると
食欲が無く、異常におなかを痛がり、丸まっていると飼主さんが連れて来られます。

 猫では珍しい病気ですが、犬では結構、この病気と知らず
飼っている方も少なく無いようです。
 
 もし、お腹にポコッとあるようでしたら、ご相談してください。
この子は、術後、少し元気がないようでしたが、今は元気になりました。
飼主さんも安心して、お腹をさすれるようになり、良かったですね。


スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.