新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

M.ダックスの乳腺腫瘍(ドレーン)
現在も、人気の高いMダックスですが、流行の兆しから
早、10年近く経っています。
 そうすると、だんだんお年を召したダックスが多くなり
腫瘍(良性・悪性問わず)を患ったワンちゃんが増えています。

 この子も「お腹にプリッとしたものがある」と飼い主さんが連れてこられました。
この子は昨年、後足が動かなくなり、『ヘルニア』の手術を受けて間もない子です。
ヘルニアは手術で改善し、今では走れるようになっていますが、
不妊(避妊)をされていなかったので、診察の結果、『乳腺腫瘍』と診断しました。


 良性乳腺腫瘍 オペ前
 写真ではなんとなく乳首の横に『しこり?』様のものが見えます。
マッチ棒の頭くらいの大きさで、硬いしこりが触れます。
 この飼主さんは、毎日のようにお腹をさすっていただので気付かれたようです。

 手術は術前に病理検査で『悪性の可能性もあり』と診断が付いていたので
飼主さんと相談し、マージンは2cmを確保し付属リンパ節も切除をする方向で行いました。
飼主さんは気付かれていませんでしたが、反対側の乳腺にも
しこりがあり、同時に切除を行いました。

 良性乳腺腫 オペ後

 手術後に、この手術の痕を見ると大きく切るな~と思われる方も多いですが、
悪性のこともを考え、乳頭2つ、ソケイリンパ節も切除しました。

 これくらいの手術であればドレーンチューブは入れませんが、
もう少し大きい手術になると本院ではドレーンチューブを入れます。
ドレーンチューブとは組織を取り除いた場合、
『死腔』といって、空間が出来ます。そこに液体などが溜まり
破裂したり、炎症をまねいたり、最悪、傷が開いて再手術ということもあります。
 本院では、これらのことを予防するために、数日の間、
このチューブを入れておくことがあります。
乳腺腫瘍 ドレーン
 
 入れた当初は、そこから排液していますが、
ほとんどの子が2~3日で液が出なくなり、チューブを抜きます。
抜く際は麻酔などは必要なく、『スポッ』と抜けるので、
飼主さんはびっくりされます。
 
 乳腺腫瘍以外にもほとんどの腫瘍で利用しますが、
入れていた子のほうが、入れなった子に比べ、傷の治りが早いですね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.