新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

フェレットの副腎疾患
 フェレットの飼主さんが「脱毛が多くなった、毛が抜ける」と来院されるより
「もしかして副腎疾患?」と来院される方が多くなりました。
 これは、フェレットの飼主さんが良く勉強されている方が多い証拠ですね。

 フェレットの副腎疾患は初期症状はやはり、背中、尻尾などの脱毛です。
当初は季節の変わり目の換毛期と思われることも多いです。

フェレットの副腎疾患とは副腎皮質に過形成が生じ、ホルモンバランスが狂い
脱毛、陰部の腫大、痒み、体重減少、行動の変化などが生じる病気です。
 下記に発生要因を書いておきます。
1.発症年齢・・・3.4±1.4歳(早い子は1歳で発症することもある)
2.性別・・・・・・・オス、メス 関係なし


フェレットの尻尾

 この子は尻尾の毛がなくなり
『ラットテール』といってネズミの尻尾のようになっています。
 このような子は、血液検査、超音波検査などをお勧めしています。
本院では、超音波検査で副腎の腫大が認められ、
かつ、血液検査で、性ホルモンの上昇が認められた場合は
『副腎疾患』と確定診断しています。

 副腎疾患の治療には内科療法と、外科療法の2種類があります。
今回は、内科療法に関して説明します。

 本院では内科療法を薦める規定があります。

 ○飼主さんが外科療法を望まない場合
 ○手術に耐えれない状況、状態の場合
 ○片側の副腎をすでに切除している場合
 ○5歳以上、心筋症、糖尿病を併発している場合

 内科療法に関しては、本院では7年前から治療を始めています。
過去には、飲み薬、注射、ビタミン剤などを使っていましたが
現在では、内科療法を希望される場合は、GnRHアナログ(アゴニスト)を使用しています。
 商品名はリュープリン(酢酸リュープロレリン)で、1ヶ月毎に皮下に注射しています。
発毛まではほとんどの子が4週間くらいで効果が出ます。
注射の効果は本院では持続し、1年後も再発せずにいる子もいますが、
 2~8ヵ月後に再発するという報告もあります。

 これは、上記のフェレットに2回 リュープリンを注射した後の写真です。
このように、尻尾の毛が立派に生えて、『ラットテール』も認められません。
注射後、2ヶ月でここまで毛が生えてきたので、飼主さんも大喜びされていました。

 フェレットの副腎疾患 リュープリン注射後


 以上のことから、再発の可能性、また、副腎が悪性の『腺癌』の場合、
『癌』を放置することになるため、飼主さんとの話し合いが重要になります。
 また、内科療法を選択されても、定期的な検査が必要なことも
飼主さんにお伝えしなければなりません。

 フェレットの副腎疾患は珍しい病気ではありませんが、
すべて、内科療法でコントロールできるという訳ではありません。
また、リュープリンが1番の治療でもありません。
 飼主さんと、よく話し合い、何が良いのか、
また、今までの経験をお話をした上で、治療法を決めています。

 フェレットは上記以外にも、若くしてリンパ腫、脾臓の腫瘍といった
犬猫では、起こりづらい病気も起こる動物です。
ワクチンなどの定期的な予防を受ける際に、ゆっくりとお話をされると良いですね。


 

スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.