新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

フレンチブルドッグのヘルニア
 フレンチブルドッグが「何か元気がないので・・・」と来院されました。
確かにいつも元気な子が元気ありません。
 念のため、触診、視診、聴診を行いましたが、特に異常はありません。
飼主さんも心配され、検査を希望されたので、血液検査、レントゲンを行いました。
血液検査は特に異常はありませんでしたが、腰のレントゲンでは胸椎と腰椎の間が狭いかな。。。
 よ~く、見ると胸椎が変形しています。
これは、フレンチブルドッグに多い脊椎部分欠損症が認めれました。
でも、これは以前からの病気で今回の元気の無い症状とは一致しません。
 飼主さんに『椎間板ヘルニア』の疑いが強いことを話しましたが、
元気が無い=ヘルニア とはほとんどの飼主さんが思えないようで、
     ヘルニア=麻痺・痛みがすごい となるようです。
でも、初期のヘルニア、脊椎疾患は動かない・元気ないと来院されます。
たまに、吐き気で来院されることもあります。
 この子はヘルニアの治療として痛み止めで様子を見ていましたが
数日後、後足が軽い麻痺を起こし再診されました。
 翌日、CTを撮っていただきました。


CT 脊椎 2

 脊椎の半分が白い椎間板で押されています。
正常像と比較すると分かるので、下記が正常像です。


CT 脊椎 1

 このように正常の脊髄はまん丸ですが、
ヘルニアの子は白いものが、脊髄神経を圧迫しているのが
良く分かります。
 この子は、すぐに手術を行い、手術後、3日目でバタバタしてはいるけど
歩けるようになりました。
 また、飼主さんも手術に立会いされ、ヘルニア物質が出てくるのをご覧になっていました。
その際のヘルニア物質です


椎間板物質

 現在は、早足で歩けるまで回復しています。
本院ではヘルニアのオペになる子はダントツでMダックスが多いですが、
キャバリア、チワワ、ミックス犬、ペキニーズ、ビーグルなど、
色々な犬種がヘルニアを起こし、手術を受けています。
 ただ、ヘルニアを疑い、手術まで行く子は多くありません。
手術になる子は麻痺が強い、画像診断で大きく椎間板物質が出ているなど、
症状が明らか、もしくは内科療法に反応しないなどがある場合のみです。

 なので、麻痺=手術 とならないことも多いので、
まずは、先生と相談の上、今後の方針を決めてはいかがでしょうか?

 このフレンチの子は現在、驚異的なスピードで回復中です。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.