FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
猫の交通事故
 子猫が足をビッコを引くと来院されました。
足を見ると、確かに足を上げていて、変な方向に曲がっています。
 すぐにレントゲンを撮りました。

猫の骨折 術前

 骨折はこのように大腿骨の1箇所が斜めに折れています。
飼主さんは拾った猫なので、なるべくお金を掛けたくないとの事でした。
交通事故により、少し、後肢の麻痺もあるようでしたが、
飼主さんと相談し、なるべくお金のかからない方法を考えました。

1.外固定(ギブス)
2.何もしない(これはほとんどありません)
3.ピンでの内固定
4.プレートでの内固定(少し高いですね)
5.創外固定(これはお値段がかかります)

 以上から飼主さんと話し合って、3.のピンでの内固定になりました。
早速、手術を行いました。


 猫の骨折 術中1

 鳥の骨のように、尖って折れています。

 猫の骨折 術中 2

 写真では分かりくいですが、
ピンを骨の中に打ち込み、ねじれを抑えるために
医療用ワイヤーで固めます。
 
これがその写真です。


 猫の骨折 術後

 この方法で手術を行い、翌日に退院となりました。
骨のほうは約1~2ヶ月で治癒すると思います。
 
 この子は捨て猫だったので、血液検査を行い、エイズ、白血病は陰性でした。
お腹の中に回虫もいたので、回虫を駆虫し、回復を待ちます。
 
 良い飼主さんに拾われて良かったと
スタッフも含め、僕も喜んでいます。

 一人でも多くの子が幸せになると良いですね。

スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。