FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)の新しい分類:ACVIM
小型犬には心臓病を患っている子がいます。
7歳以上になると健康診断の際や、ワクチン接種時に
聴診で心臓に異音が聞こえる場合があります。

 聴診で心雑音が聞こえるということは
心臓に異常があることがほとんどです。
 小型犬:マルチーズ、ポメラニアン、シーズー、
最近では、チワワ、プードルには心臓病の多くが、
弁膜異常になることが知られています。

 心臓病の検査には
1、レントゲン
2、心電図
3、超音波検査
4、血液検査
を行います。

 詳しく調べることが必要でなければ、
1、レントゲン 2、超音波検査で十分に診断が可能です。

 今回、2019年度のアメリカ獣医内科学会(ACVIM)のコンセンサス・ガイドライン
が発表されました。

下記に2019 ACVIMの分類を記載します。
KeeneBW.et.al.
ACVIM consensus guidelines for the diagnosis and treatment of
myxomatosis mitral valve disease in dogs.
J Vet Intern Med 33(3) .2019.1127-1140. から抜粋

ステージA: 器質的異常なし(粘液腫様変性性僧帽弁疾患:MMVD発症のリスク大)
ステージB1:無兆候期、心モデリングなし
      無兆候期、心モデリングなし(EPIC基準満たさない)
ステージB2:無兆候期、心モデリング(EPIC基準満たす)
ステージC: 心不全兆候あり もしくは既往歴あり
ステージD: 難治性(末期)

EPIC:①心雑音>グレード3
   ②心臓椎骨サイズ(VHS) >10.5V
③標準化左室拡張末期径(LVIDDN) >1.7
④左房/大動脈径比(LA/Ao)>1.6
上記の4つを満たす

 当院では、
1、レントゲン:デジタルレントゲンを使い、心臓を評価
2、心電図:動物専用の機器を用い、筋電図を除外し評価
3、超音波検査:カラードップラー、パワードップラーを用い評価
4、血液検査:院内の心臓の酵素測定機器を用い評価
       検査センターの測定も参考

 心臓病の評価基準は、数年ごとに変更されています。
この評価により、内科治療の薬も異なるので、定期的な検査
評価を受けていただくようお願いしています。

スポンサーサイト




copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.