FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ラブラドールの後肢に発症した軟部組織肉腫(脂肪肉腫)の外科手術
 ラブラドールやゴールデンが高齢になると
皮膚や皮下に腫瘍が発症します。
高齢になる程、悪性の腫瘍が発症します。
この子は、皮膚にイボがあり、針生検にて良性腫瘍、炎症と診断
されていました。
急に大きくなったので、再検査とCTを行ったところ、
軟部組織肉腫と診断されました。
組織肉腫には、様々な種類があり、悪性度、発生部ににより
予後が大きく変わると言われています。
 今回の病理検査では、粘液肉腫、低悪性度でした。
CTにて付属リンパ節が腫大していましたが
転移によるものか、反応性かは不明でした。

治療法は、多くの場合、拡大切除を行います。
手や足にできた腫瘍の場合、断脚が多く行われます。
この子は、飼い主様の度重なる強い要望で
断脚だけはしたくないと。

手術法は、可能な限り、マージンを含み切除を行うこととなりました。

P8261349_convert_20191007081739.jpg

P8261350_convert_20191007081819.jpg

手術は、内側からアプローチを行い、
伏在神経、坐骨神経を避け、動静脈も避け切除を行いました。
腫瘍は、筋間から発生した脂肪腫のようでした。

P8261352_convert_20191007081856.jpg

可能な限り、マージンを取って切除しました。
手術時間は、3時間にも及ぶものでしたが、
術後、20分で覚醒し、翌日には歩行も可能でした。
術後はクローズドレーンを設置し、2日の入院後、
歩いて退院となりました。
術後は、ドレーンから液体が出ていましたが
5日で漿液は出なくなり、抜去しました。

 病理検査は脂肪肉腫という悪性の腫瘍でした。
脂肪肉腫は、脂肪腫と異なり、悪性の腫瘍です。
完全に切除ができていれば、予後は良い腫瘍です。

 今回、針生検にて良性の脂肪腫と診断されましたが
組織検査では悪性と診断されました。
当初の検査で良性と出ても、大きくなるようであれば
再検査、もしくは、外科的に切除すべきだと考えさせられました。

 柔ないかい腫瘍は良性とか、
筋肉に癒着していないと悪性ではないと
よく聞きますが、そういったことは
ありませんので、可能な限り検査をお勧めします。


 
スポンサーサイト




copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.