FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

皮下出血により貧血になったゴールデンレトリバーの血管肉腫
 7歳のゴールデンレトリバーが数ヶ月前から皮膚にイボがあり
徐々に大きくなり、3日前からさらに大きくなったと来院されました。
 待合室で急にぐったりして、びっくりした飼い主様が声をかけていただき
すぐに診察となりました。
 肩の部分には、大きなしこりがあり、液体が溜まっていました。
口腔粘膜色は白く、貧血を疑う所見でした。
すぐに採血、エコー、レントゲンを行いました。
結果は、皮下出血、貧血を認めました。

 診断は、腫瘍が破綻し、出血を起こしたことにより
貧血になったもので、腫瘍は悪性を疑いました。

 輸血とともに、腫瘍切除を行いました。
輸血は、同居犬のラブラドール、
お友達のゴールデンから献血をしたいただきました。
 輸血後、手術を行い、出血点を止め、
さらに、腫瘍を切除しました。
手術後は、漿液が出るものの、出血は止まり
貧血も改善してきました。
 残念ながら、CTにて肺転移、脾臓転移を認めていましたが
貧血が重篤であることから脾臓摘出は行いませんでした。
 術後、3日で陰圧ドレーンを装着し帰宅となりました。

P5181165_convert_20190521114602.jpg

P5181164_convert_20190521114542.jpg


 病理検査で、腫瘍は血管肉腫と診断されました。
血管肉腫は、大型犬に多く、脾臓に発生した場合、
脾臓破裂で貧血性ショックで来院されます。
この子は、筋肉にできた肉腫が破裂した珍しい症例でした。
 
 ゴールデン、バーニーズなどの大型犬は
6歳を過ぎた頃から定期検査、脾臓のエコーなどを
優先的に行う方が良いのかもしれません。

 現在、自宅で経過を見ていますが
転移を認めているので、分子標的療法、
メトロノミック療法、抗がん剤などの併用も考えています。

 大型犬の輸血は、事前に大型犬のお友達を作っておくこと、
輸血の知識を持っておくことを認識した子でした。

 今は、元気に自宅で経過を見ているので
ご家族も一安心のようなです。


スポンサーサイト




copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.