FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の口腔内扁平上皮癌の治療
 猫の口が臭う、よだれが多い、口をペロペロすると来院された時、
多くが歯周病ですが、癌で来院されることもあります。
 
 猫の口の中にできる腫瘍は
国内の大学の報告では、扁平上皮癌が67%
それ以外の歯原性腫瘍や良性の肉芽腫が33%と報告されています。
病理検査センターでは、89%が悪性の扁平上皮癌という報告もあります。
このように、猫の口の中にできる腫瘍の2/3〜4/5が扁平上皮癌です。
転移率は7/52と犬に比べ低いと報告されています。
平均生存期間:203.3日でした。

 診断:CT、MRI
     病理検査

 治療法:外科手術
      放射線療法
      化学療法
      光線力学療法
      免疫療法
      分子標的療法
      上記のコンビネーション治療

 猫の口の中にできた腫瘍は悪性の場合が高いため、
肉眼的に異常があれば、早々に精密検査、病理検査を勧めています。
 診断が出れば、猫の状態、飼い主さまの意向、手術の方法などを
総合的に判断し、治療に進みます。

 この子は、口をペロペロして食欲が減ってきたと来院されました。
お口を開けると、歯肉に直径1.5cm大の腫瘤を認めました。

P9250708_convert_20181001162505.jpg

飼い主様には、腫瘍を疑うので、病理検査をお勧めし、
後日、検査を行いました。
 病理結果は、扁平上皮癌、同時に撮影したレントゲンでは
下顎の骨の吸収像も認めました。
 念のため、CTで進行を確認しましたが、すでに
下顎に腫瘍が浸潤していました。
リンパ節への転移は認めませんでした。
 手術を行い、下顎の切除を行うか、
放射線療法を行うか、いろいろ飼い主様と協議をしました。
飼い主様は、手術後の生活に不安を感じ、猫も高齢であることから
分子標的療法を行うこととなりました。

 治療は、根治を目指すなら、外科的に切除しかありません。
放射線、化学療法のみでは根治は難しいのが現状です。
扁平上皮癌の治療法は選択肢が多いですが、
どの治療法を選択しても長所と短所があるので
担当獣医師と納得するまで、ご相談することをお勧めします。 
     
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.